ドローインのやり方とポイント【回数や呼吸法】ダイエットにも効果!

ドローインのやり方とポイント【回数や呼吸法】ダイエットにも効果!



ドローインダイエットの効果的なやり方と口コミ!

ダイエットはしたいけど、食事制限や時間の拘束が長いジム通いは難しい・・。

そのような方にお勧めなのが、どこでも気軽に行うことができるドローインです。

名前は聞いたことはあるけど、具体的にどうやって行えばよいのかよくわからない、という方のために、今回は動画などを用いてドローインのやり方をご紹介したいと思います。

また、ダイエット効果を高めてくれる回数呼吸法、気になる口コミなども合わせて集めてみました。


Sponsored Link


ドローインダイエットとは?


ドローインダイエットとは、ドローインを行うダイエット方法になります。

ドローインはエクササイズの一つになるのですが、日本語に訳すると「息を吸う」「引っ込める」と言った意味になります。

その意味通り、ドローインでお腹いっぱいに息を吸った後、それをゆっくりと吐き出し、息を吐き切ったところでお腹を限界まで引っ込めます。

とても単純な動作のように思えますが、この動きによってインナーマッスルが鍛えられ、主にお腹周りやウエストの引き締め効果が期待できます。

ドローインダイエットの効果

いわゆる腹筋をしても、ウエストがくびれないと悩んでいる人は多いですよね。

それは、くびれを作るのは腹筋で鍛えられる腹直筋ではなく、お腹の横にある腹横筋を鍛える必要があるからです。

ドローインはお腹全体を凹ませるため、腹横筋も鍛えられ、ウエストのくびれを作りやすいと言われています。

また、腹横筋は体の深部にある筋肉(インナーマッスル)のため、体幹を鍛えることにも役立ち、結果として腰を支える力がアップして腰痛の予防や改善にも効果があると言われています。

体幹が鍛えられると、正しい姿勢を保つのがつらくなくなるので、美しい立ち姿勢や座り姿勢をキープでき、見た目が引き締まった印象を与える効果も期待できます。

ドローインダイエットのやり方(基本)ポイントは呼吸法と回数!


ドローインは、空気を吸ってお腹を膨らませた後、その空気を吐き切りながらお腹を限界まで凹ませ、その状態をキープして行うエクササイズになります。

動作としてはそれほど難しい面はありませんが、正しい方法で行わないとせっかくのダイエット効果を存分に得ることができません。

ドローインを行う時は、上記の方法で息を吐き切り、お腹を凹ませた後、呼吸を止めてはいけません。

お腹は凹ませた状態を保ちながら、呼吸は継続しましょう。

同様に、息を吸う前や息を吐き切る前などは、無意識に呼吸を止めてしまいがちですが、この時も呼吸を意識して行います。

また、ドローインを行う回数の目安は、一回につき30秒を10セットですが、慣れるまでは30秒にこだわらなくても問題ありません。

ただし、回数は10セットを行うようにするとダイエット効果がよりアップすると言われています。

更にドローインダイエットの効果を高めるやり方

ドローインは基本のやり方の他にも、様々な方法があります。

そこでここでは、時や場所を選ばずに行えるドローインのやり方をご紹介したいと思います。

状況に合わせて適切なドローインを選ぶことで、自宅以外でもダイエットが可能になります。

座りながらドローインダイエット

①椅子などに座り、足を組みます。

②ドローインをしながら、上にある方の足のお尻を浮かせます。

③15秒ほど行ったら、足を組み替えます。

④反対側も同じようにドローインしながら、上になった足の方のお尻を浮かせます。

仰向けでドローインダイエット

①床に仰向けになって寝転びます。


Sponsored Link


②膝を立ててリラックスし、お腹を膨らませるようにして息を吸います。

③吸った空気を吐き出しながら、お腹をぺしゃんこにするように凹ませます。

④息を吐き切った状態で、お腹をキープします。

息を吐くときに腰が反ってしまう場合は、両手を腰と床の間に入れるとよいでしょう。

⑤そのまま10秒自然に呼吸を行います。

電車の中でドローインダイエット


通学や通勤、買い物などで電車やバスを利用する場合、つり革などに捕まって立ちながら、もしくは椅子に座った状態でドローインを行うことができます。

自宅ではドローインをする時間がとれない人や、時間を有効に使ってダイエットを進めたい人にとてもお勧めです。

ウォーキング中のドローインダイエット


ドローインに慣れてくると、立っている、座っていると言った止まった動作以外でも、ドローインを行えるようになります。

ダイエットや健康増進のためにウォーキングを行う方も多いと思いますが、ウォーキング中もドローインが可能です。

有酸素運動と組み合わせて、ぜひダイエット効果を高めてみましょう。

ドローインダイエットの注意点


ドローインをして腰や首などに痛みが出た時は、無理をして続けないで下さい。

特に、元々腰や首などに痛みがある人は、体調など様子を見ながら始めるようにしましょう。

また、ドローインをしているからと言って、食事の量を増やしてしまってはダイエットの意味がなくなってしまいます。

過度な食制限をする必要はありませんが、くれぐれもダイエット中だということを頭に置き、食事は栄養バランスを考えた上、腹7~8分目程度に抑えるようにしましょう。

なお、ドローインは基本的には、いつでも気が向いた時に行って構いませんが、食後だけは避けるようにして下さい。

食事の後にドローインをしてしまうと、胃や腸の消化活動が停滞し消化不良などの原因になったり、食べ物が胃にある状態でお腹に強い力を入れてしまって苦しい思いをしてしまう可能性があります。

ドローインダイエットの口コミや体験談


・お腹にくびれがないのが悩みだったので、部分痩せができるドローインを試してみました。最初はやり方がよくわからず、携帯で方法を確認しながらだったりしましたが、やり方を覚えてしまうとどこでも「やろう!」と思った時にできるのがよかったです。すぐに体重が落ちるわけではないですが、少しずつウエストにくびれが現れたので、このまま続けてみようと思います。後は便秘が解消されて、姿勢がよくなりました!

・元々ダイエットのためにウォーキングをしていましたが、思うほど効果が出ていなかったので、ドローインも合わせて行ってみることにしました。ウォーキングをしながらのドローインは最初は難しかったですが、慣れると30秒お腹を凹ませて歩いて、その後は力を抜いて普通に歩くのを繰り返して行うことができます。結果としてウエストが4㎝も減り、正しい姿勢を継続できるようになりました。

・歯磨きをしている時や家事の最中など、気が向いたらドローインをするといったゆるゆるなやり方で実践しましたが、お腹全体が前よりも引き締まってきたのがわかります。とにかく体重を落としたいという人には向かないかも知れませんが、見た目を変えたい人にはお勧めです。

ドローインのやり方とポイント【回数や呼吸法】ダイエットにも効果!のまとめ

ドローインは、一連の動きさえ覚えてしまえば、自宅に限らず通学・通勤途中の電車やバスの中でも、職場や学校でも、気が向いた時にすぐに行うことができるエクササイズです。

ただし、正しい動きとともに呼吸法を覚えることも大切です。

また、お腹を凹ませている時間はそれほど気にしなくてよいものの、回数10回行った方が引き締め効果の現れ方が変わりますので、その点はしっかりと意識をして行うようにしましょう。


Sponsored Link