ホットヨーグルトダイエットのやり方と効果!食べる時間はいつがベスト?


Sponsored Link


ホットヨーグルトの作り方とダイエットで痩せた口コミは?

ヨーグルトには健康や美容効果が期待できることは、一般的によく知られたことですよね。

ヨーグルトはダイエット効果もあるため、一食置き換えやお通じの改善に食べている方も多いと思いますが、そのような中で最近注目されているのがホットヨーグルトダイエットです。

ホットヨーグルトダイエットは、通常の冷えたヨーグルトを食べても便秘などが改善しなかった方にも、ぜひ試してもらいたい方法。

なぜなら、ヨーグルトは冷たいままよりも温めた方がダイエット効果が上がるから、なんです!

そこで今回は、ホットヨーグルトダイエットのやり方や作り方、食べる時間、気になる口コミなどを調べてみました。


Sponsored Link


ホットヨーグルトダイエットとは?


ホットヨーグルトダイエットとは、温めたヨーグルトを摂取するダイエット方法になります。

「ヨーグルトを温めておいしいの?」と思うかも知れませんが、味に関しては正直に言うと好みの差があると思います。

しかし、本来なら冷やして食べるのがおいしいものを敢えて温めて食べることに、このダイエットならではの効果があると言えます。

ヨーグルトに限らず、冷えたものを体内に入れると体が冷えて代謝が低下してしまいますが、ヨーグルトの場合冷たいままだと腸が冷えて乳酸菌の活動の妨げになることが考えられます。

便秘解消にヨーグルトがよいと聞いて一生懸命ヨーグルトを食べても、いまいち効果を感じられなかったという人は、腸が冷えていた可能性があるのです。

一方、ホットヨーグルトダイエットなら、温かいヨーグルトを食べるので腸が冷えることなく、乳酸菌の働きを邪魔しません。

また、内臓が冷えないためヨーグルトに含まれる有効成分をしっかりと吸収することができると言われています。

 

ホットヨーグルトダイエットの効果やメリット

①便秘解消

ホットヨーグルトダイエットで最も期待できるのが、便秘解消効果でしょう。

前述した通り、ホットヨーグルトなら腸を冷やすことがないので、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の働きが活発になり、腸内の善玉菌を増やして環境を整えることで、お通じが改善しやすくなります。

②代謝の促進

冷たいものを食べて胃腸が冷えると、それに伴い周辺の内臓も冷えるため、内臓を通る血液が冷やされてしまい、やがて全身の冷えへとなってしまいます。

血液の巡りが悪くなると、細胞に必要な酸素や栄養の量が足りなくなるため、代謝が下がってしまいます。

しかし、ホットヨーグルトは胃腸を温めるため、内臓も温まり、血液も温まるので、代謝をアップする効果も期待できます。

ホットヨーグルトの作り方


ホットヨーグルトを作る時には、電子レンジを利用します。

耐熱皿に100g程度のヨーグルトを入れ、さらに大さじ一杯の水とはちみつを加えます。

そして、電子レンジに入れ500wで40秒~1分ほど加熱するだけでOKです。

電子レンジによっては温まり過ぎることもあるため、最初は30秒温めて様子を見てみるのがよいでしょう。

ちなみに水を入れるのはヨーグルトの分離を防ぐためですが、はちみつはお好みで入れなくても構いません。

ただし、はちみつの糖分が気になって避けているという場合は、ヨーグルトの酸味が食べづらく感じてしまうと、ダイエットを続けることが難しくなるので、その点では躊躇なく使う方がよいでしょう。

はちみつは甘味が強いですが糖分は抑えめですし、はちみつに含まれるオリゴ糖には乳酸菌の働きを活発にする効果もあるため、無理せず続けるためにははちみつの利用は問題ありません。


Sponsored Link


ホットヨーグルトダイエットのやり方


ホットヨーグルトダイエットの方法はとても簡単で、一日一食の置き換えで行います。

ただし、食事をホットヨーグルトのみにしてしまうと、空腹の状態でヨーグルトを食べることになり、ヨーグルトに含まれる成分が胃酸によって腸まで届かない可能性が考えられます。

そのため、ホットヨーグルトを食べる前に食事をして胃を動かし、胃酸を出しておくことが大切になります。

でも、そうすると食事+ヨーグルトで余計にカロリーを摂るのでは?と思ってしまいますよね。

ホットヨーグルトダイエットは、基本的には摂取カロリーを抑えるための置き換えではなく、あくまでもヨーグルトに含まれる成分を吸収することが目的となります。

とは言え、ヨーグルトは低カロリーなのでできれば食事をそれだけにして摂取カロリーを抑えたいという気持ちがありますよね。

そのような時は、野菜や果物など食物繊維の多い食事を中心に行うと、カロリーの摂り過ぎにならずにホットヨーグルトダイエットを行うことができます。

ホットヨーグルトダイエットのポイント!食べる時間はいつが良いの?


ホットヨーグルトは一日一食の置き換えで行いますが、ダイエット目的で摂取するならお勧めは朝食もしくは夕食です。

先ほど、ホットヨーグルトダイエットは摂取カロリーを抑えることが目的ではないと言いましたが、ヨーグルトは低カロリーのため、先に食べる食事を工夫すれば朝食全体の摂取カロリーを抑えることができます。

また、朝食に食べた物は日中にエネルギーとして消費されやすいため、朝食にホットヨーグルトを食べることでダイエット効果を得ることができます。

一方の夕食置き換えは、睡眠時に腸が温まることで働きが活発になり、翌朝のお通じが改善しやすくなると言われています。

そのため、便秘で悩んでいると言う人は、夕食に置き換えた方が効果が実感しやすいでしょう。

ホットヨーグルトダイエットの注意点


ホットヨーグルトダイエットを行う時は、ヨーグルトの温めすぎに注意しましょう。

ホットヨーグルトとして食べる目安の温度は65度と言われており、これ以上温めてしまうとヨーグルトに含まれる乳酸菌が死んでしまい、思うような効果を得ることができなくなってしまいます。

なお、電子レンジはメーカーや使用年数などによって癖が異なり、表記通りに温めても温めが足りなかったり、逆に温めすぎてしまうこともあるので、最初は小刻みに温めてみて、食べやすい温度になる設定時間を調べておくのがよいでしょう。

ちなみに40~42度ほどに温められたホットヨーグルトが、一番食べやすいと感じるそうです。

ホットヨーグルトダイエットで痩せた口コミは?


・普段は便秘体質と言うわけではないのですが、それでも生理前になると便秘気味になります。ホットヨーグルトダイエットを始めて、私は朝食に軽く食べてからホットヨーグルトを食べるようにしましたが、生理前にも関わらず毎日しっかりとお通じがありました。

・ホットヨーグルトを食べるようになってから、体が冷えづらくなり、よく汗をかくようになった気がします。代謝が良くなっているのかもしれません。運動も合わせて行ってみようと思います。

・ホットヨーグルトダイエットで2週間で5㎏痩せました。こんなに即効性があると思っていなかったけど、体質的に私には合っていたということですよね。

ホットヨーグルトダイエットのやり方と効果!食べる時間はいつがベスト?のまとめ

ホットヨーグルトダイエットは、朝食ないし夕食時に軽めに食事をした後にホットヨーグルトを摂ることで、体を冷やさずに代謝を高めたり、便秘解消効果が期待できます。

ただし、ヨーグルトを温めすぎてしまうと効果がなくなってしまうので、適温になるよう、最初は電子レンジで温め秒数などを調整してみるのがよいでしょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)