トマトジュースダイエットはオリーブオイル入りが効果的?

トマトジュースダイエットはオリーブオイル入りが効果的?



トマトジュースダイエットの効果と痩せた口コミ!食前に飲む?

トマトジュースはダイエットに効果的という意見が一昔前から存在します。

オリーブオイルなどを混ぜるとか食前に摂取することで痩せたという口コミもいくつかありますがはたしてそれは本当なのでしょうか。

実際にトマトはダイエットに有効と言うことでダイエットサプリでもトマトの成分であるリコピンを強調しているものもちらほらあります。

今回はこのダイエットに使えると言われているトマトジュースの真実に迫りましょう。




トマトジュースダイエットとは?


トマトジュースダイエットとはその名前の通り1日1本程度のトマトジュースを摂取し続けるダイエットです。

トマトジュースにはクエン酸アミノ酸リコピンカリウムペクチンなどの役立つ成分が大量に含まれていますので、ダイエットに役立つとかなり前から指摘されていました。

いわゆるダイエット成分が多いトマトジュースを摂取することで痩せやすい身体を作るというタイプのダイエットですが、それだけではなかなか効果が出ない人も多いので、運動や食事制限とセットにすると良いでしょう。

トマトジュースダイエットの効果


このトマトジュースダイエットの効果は色々とありますので成分ごとに考えて行きましょう。

まずは大量に摂取できるリコピンですが、これはカロテノイドの一種でありトマト以外にはスイカにも含まれています。

このリコピンは強力な抗酸化作用があるので、活性酸素を除去して体の老化を防止して血液中のコレステロールの酸化を抑えることで血の流れがよくなります。

こうなると栄養素がしっかりと全身に行き渡るので基礎代謝が向上しやすいのです。

また、強い抗酸化作用には体の中も外側も老化防止をもたらしてくれるので肌の美しさも手に入るでしょう。

また、カリウムには余分な水分や塩分を除外する作用がありますので、塩分が溜まり気味な現代日本人にとっての強い味方となります。

水溶性食物繊維のペクチンには便秘解消効果もありますので、二つの効果でデトックス効果が強いこともわかるでしょう。

他にも、クエン酸やアミノ酸によって血中の疲労物質の増加を抑制して疲労回復速度が上がる成分も含まれていますので、運動系のダイエットとセットにすることで効率が上がるのです。

トマトジュースダイエットの方法【食前に飲む?】


トマトジュースダイエットの方法は毎日毎晩飲み続けることです。

カゴメの公式ホームページでは朝飲むことを推奨していますが、ダイエット目的で使う方々は夕食前や朝起きて直ぐに摂取すると良いでしょう。

夜飲むことでも睡眠中の成長ホルモンに合わせての摂取となるのでダイエット効率が上がるというお話もあるのです。

方法についてはいくつかの意見がありますが、基本的には朝起きて直ぐか寝る前か夕食前に摂取するに意識しましょう。

ただし、後述するように摂取量にもきっちりと制限がありますので、摂り過ぎはNGとなります。

また、こちらも詳しくは後述しますが、オリーブオイルを追加したり多少温めて摂取することで吸収効率が上昇するのでダイエットがしやすいトマトジュースになってくれます。

トマトジュースの飲む量は?


ダイエットに効果があるからいくらでも飲んで良いと言いたいところですが、リコピンの摂取量目安というのが実は存在しているので、大量摂取はNGです。

具体的に1日のリコピンの摂取量目安は「約15mg」なのでこれを超えないように意識しましょう。

通常のトマトだとだいたい3個分なのでなかなかオーバーしませんが、トマトジュースになると100mlで10mgも含まれているのでギリギリでも1日200mlでしょう。

他にはカリウムも過剰摂取によって危険な状態になるという報告もあるので飲みすぎは自重しましょう。

トマトを食べ過ぎると副作用が出ると言われていますが、あれはリコピンやカリウムの摂取量制限を超えた証と言われています。




具体的には、アレルギーや過敏症の悪化・下痢・吐き気・お腹の張り・嘔吐症・皮膚の変色・低血圧などの症状が出るようになってしまいますので、これらの症状が出始めたら摂取しすぎと考えて自重してください。

ダイエットにおすすめのトマトジュースは?


トマトジュースにも色々と味がありますし、成分にも差がありますので自分に合ったものを見つける必要があります。

トマトが大っ嫌いという人はそもそもトマトジュースが飲めない確率が高いので、飲める物を探さないといけないのです。

色々と指摘する人もいますが、まずは成分よりも飲めるかどうかで判断しましょう。

そこで自分がいろんなトマトジュースを飲める人間だと確認したら、塩分が控えめで香料無添加なトマトジュースに搾っていってください。

無添加で塩分控えめのトマトジュースになればなるほどトマトの味がきつくなるので、トマトが苦手な人はのみにくくなります。

また、トマトジュースはトマト果汁100%のものがトマトジュースという名前で、トマト果汁50〜100%未満のものはトマト果汁飲料に該当し、トマトジュースに他の野菜をミックスしたものはトマトミックスジュースという扱いになります。

個人的にお勧めできるのは有機JAS認定の「オーガニックトマトジュース」やカゴメの「トマトジュース食塩無添加」です。

トマトジュースにオリーブオイルを加えるとより効果的?更にホットで?


先に軽く説明しましたが、トマトジュースの摂取効率を上げる方法として温めるとかオリーブオイルをくわえるといったやり方があります。

実際に冷たい物を飲み過ぎると内臓器官が冷えてしまうので基礎代謝が低下してダイエット効率が低下します。

しかも、温めるとトマトの細胞膜が壊れやすくなるのでリコピンの吸収効率が上昇するというお話もあるのです。

なので、レンジで温めるか常温で摂取する癖をつけましょう。

ただし、温めたトマトジュースはトマトの味がより強調されるので、トマトが苦手な人は飲めなくなる可能性も上がります。

もう一つの方法であるオリーブオイルですが、トマトジュースとオリーブオイルを10:1の割合で同時に摂取するとリコピンの吸収率が約4倍にもアップするという報告もありますので、有効活用しましょう。

ここでは、200mlを推奨しているので混ぜるオリーブオイルの量は20gとなります。

トマトジュースダイエットで痩せた口コミは?


トマトジュースダイエットで痩せたという口コミもありますが、失敗したという口コミも非常に多いです。

というのも、運動を主体にしたダイエットではありませんし、食事制限を主体にしたダイエットではないので効果は出ない人には出ないのでしょう。

しかし、こちらのブログ(http://www.kou-hi000.com/entry/2018/03/03/133352)のように1ヶ月間の飲み続けてダイエットに成功したという報告もありますので、3日や1週間という短い期間ではなく1ヶ月や3ヶ月という期間試してみる覚悟が必要と考えてください。

トマトジュースの効能は?


トマトジュースの効能は簡易的に記載すると、疲労回復効果アップ・便秘解消・美肌効果・老化防止・基礎代謝向上・むくみ解消・中性脂肪排出などが該当します。

これらはダイエット効果と直結する部分も大きいので、効果効能としてはかなり有名なのです。

特に、トマトに含まれている水溶性食物繊維のペクチンは食前に摂取することで脂肪分が腸で吸収されにくくしてくれますし、太りにくくなるのです。

この太りにくくなる作用と基礎代謝が上昇する作用があわさってダイエットに効果的という声が増えました。

トマトジュースダイエットはオリーブオイル入りが効果的?のまとめ

トマトジュースはダイエットに効果的ではありますが、それだけで消費カロリーを一気に増やすわけではありませんし、脂肪を溶かすわけではありません。

あくまでも痩せやすい状況を整えてくれる飲み物なので、消費カロリーを増やして摂取カロリーを減らす努力は別途必要でしょう。

普段から消費カロリーと摂取カロリーがちょうどという人はトマトの摂取だけでも痩せられる可能性は高まりますが、摂取カロリーが上回っている人の場合はトマトジュースだけでは足りない可能性が大きいので、別のダイエットと併用してください。