12時間ダイエットで痩せない原因!成功する方法や水分摂取法は?

12時間ダイエットで痩せない原因!成功する方法や水分摂取法は?



12時間ダイエットでの飲み物や効果と痩せた口コミ!

8時間ダイエットに似ているダイエットの中には12時間ダイエットという食事摂取の時間帯を広げたダイエットがあります。

しかし、成功したとか痩せたという声よりも方法が悪いのかなかなか痩せないという声が目立っているのも実状です。

水分を摂取するための飲み物が悪いとかやり方や方法が間違っているなどいろんな意見はありますが、真相はどうなっているのでしょうか。




12時間ダイエットとは?


12時間ダイエットとは8時間ダイエットを非常に簡単にしたダイエットです。

そのルールを簡単に記載すると「1日の食事を12時間以内にすべて納めるダイエット」になります。

たとえば、7時に朝食を取った場合はそこから12時間以内が食事のタイミングとなるのです。

つまり、7時から19時までの間に3食を済ませることになります。

8時間ダイエットは1回目の食事から最後の食事までが8時間以内となっているので、あちらに比べると4時間も猶予があり難易度が格段に下がったダイエットとなっているのです。

単純に考えても、朝食を7時、昼食を12時、夕食を18時となれば綺麗に3食が済ませられるのでやりやすさは上がっていると言えるでしょう。

残業などで夕食がどうしても20時以降になるという方は朝食のタイミングをずらすか夕食を諦めるかといった選択肢も取り入れる必要があります。

12時間ダイエットの効果


12時間ダイエットの最も重要な効果は遅い時間に食事を絶対にしなくなることです。

というのも、人間の体の中には特殊なタンパク質であるBMAL1というのが存在しており、このBMAL1が増える深夜のタイミングでの食べ物の摂取は太る原因になると言われているからです。

このBMAL1が多い状態での食べ物の摂取は摂った栄養が脂肪に変わりやすくなっているので、高確率で太ります。

12時間ダイエットは朝食のタイミングに合わせるように意識するとBMAL1が増えるタイミングでの食事は摂取できなくなるので、太りにくくなるのです。

また、食事のタイミングをなんとかして調節する必要があるので生活のリズムも整いやすくなって痩せやすくなるという声もあります。

これと似たダイエットで8時間ダイエットというのがありますが、あちらは結構ルールがキツイのでストレスが溜まって失敗するという声もあります。

こっちはそこそこ緩いのでストレスが溜まりにくくやりやすいという声もあるのです。

12時間ダイエットで成功する方法


12時間ダイエットは8時間ダイエットに比べるとルールが緩く難易度も低いので、はっきり言って体重の減少確率はかなり低くなっています。

ルールとして12時間以内ならば何を食べてもいいといった物がありますが、なんでもありになってしまって摂取カロリーや糖質摂取量が非常に多くなってしまった100%痩せません。

なので、何を食べてもいいというルールは捨ててください。

できる限り意識して摂取カロリーや糖質摂取量を制限した方が良いでしょう。

あとは、遅くても夕食は20時までに終わらせること、空腹は歩いて凌ぐかカロリーと糖質がない水やお茶を飲んで凌ぐこと、食事の感覚は4~6時間は空けること、間食はできる限りさけることがポイントなります。

「12時間以内というルールを守れば何を食べても痩せる」というのははっきり言ってありえないですし、考えられないのである程度基本的なダイエットのルールで搾った方が良いです。

あとは、12時間ダイエットでは脂肪が燃焼されることはほとんど無いので、すでについている脂肪を落とすためには有酸素運動や無酸素運動を取り入れた方が良いでしょう。

12時間ダイエットでの水分摂取【おすすめの飲み物は?】


小腹が空いたときは水分補給でごまかす必要がありますが、その水分に糖質やカロリーがたっぷりな物を選ぶと太ります。なので、基本的にはノンカロリーのミネラルウォーターや水やお茶を使った方が良いでしょう。




ひたすら水分補給をする必要が出てきますので、それらのノンカロリーで糖質ゼロの飲み物をいくつか用意しておく必要があります。

ブラックコーヒーにはダイエット効果があるという声もありますが、カフェインによる興奮作用もありますので夜遅くには摂取しないように意識してください。

睡眠の質の低下はダイエット効率を下げてしまいますので、細かな部分でも気配りが必要になるのです。

12時間ダイエットで痩せた口コミは?


はっきり言って非常に少ないです。

8時間ダイエットよりも簡単ですが、その分成功したという口コミも減ります。

それでも少数意見ですが「睡眠不足の解消や運動も取り入れたら3kg痩せた」とか「体調が良くなった」というものはあります。

それでもやっぱり8時間ダイエットと比べると痩せたという意見が圧倒的に少ないので、あまり参考にならないダイエットなのかもしれません。

痩せたい人はこれに追加して、運動を主体としたダイエットを取り入れましょう。

食事制限系のダイエットはどうしてもタンパク質不足により筋力低下で体重だけ減少するというパターンが多すぎるので、タンパク質摂取量を意識して無酸素運動と有酸素運動を実行してください。

8時間ダイエットよりやりやすい?


8時間ダイエットよりも格段に難易度は低いです。

あちらは「8時間以内にすべての食事を終わらせる」というルールなので、朝食か夕食は必然的になくなります。

こちらの「12時間以内にすべての食事を終わらせる」となると多少時間調整は必要になりますが、なんだかんだで3食を摂取できる確率は高まるのです。

たかが4時間という考える人もいますが、この4時間からくる一つの食事を抜く作業がかなりのストレスに感じてしまってイライラが加速して失敗するパターンも多いので侮れません。

ダイエットの失敗原因として非常に多いのがダイエットからくるストレスに耐えきれなくなっての崩壊というパターンなので、そのパターンが8時間ダイエットにはどうしても存在してしまいます。

12時間ダイエットの方はルールが緩いのでストレスが溜まりにくくストレスからの暴飲暴食に繋がるケースがほとんど無いのです。

12時間ダイエットで痩せない場合の原因は?


12時間ダイエットで痩せない理由は単純で、摂取カロリーや糖質摂取量が必要量を上回っているからです。

ポイントはそれらの摂取量を消費量が上回るようにすることにあります。

つまり、間食をできる限り減らしてウォーキングといった有酸素運動も行うことがポイントとなります。

それ以外にも食事の間隔は4~6時間をキープするとか睡眠時間をしっかり取るとか、20時以降の食事はしないとか、空腹が辛いときは間食ではなく水やお茶といったカロリーや糖質がない飲み物で凌ぐとかいろんなやり方が推奨されていますが、基本的には糖質やカロリーの摂取量よりもエネルギー消費量が上回れる環境を維持することにありますので、それだけは忘れないようにしましょう。

12時間ダイエットで痩せない原因!成功する方法や水分摂取法は?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は12時間ダイエットについて記載いたしました。

難易度が低いダイエットだけあって成功報告も低いダイエットとなっています。

やりやすいのは確かなのですが、それだけ効果も薄くなっているのは仕方が無いのでしょう。

基本的にダイエットは難易度と体重の減りやすさが比例しており、難しいダイエットほど成功しにくいのですがやり遂げると体重が減りやすく、簡単なダイエットほどやりやすいのですがやり遂げたとしても体重がなかなか練らない物です。

今回の12時間ダイエットはおもいっきり後者なので、痩せなかったらきっぱりと諦めてしまいましょう。