アミノ酸ダイエット!摂るタイミングや食事法!副作用はない?

アミノ酸ダイエット!摂るタイミングや食事法!副作用はない?



アミノ酸ダイエットはサプリを寝る前に?効果と正しいやり方!

アミノ酸ダイエットはサプリを使った物が効果的とか、寝る前やトレーニング前に摂取するのがタイミングとしては理想的という声もあります。

サプリに頼るのではなく食事によるアミノ酸ダイエットも存在すると言われていますが、はたしてこのダイエットには副作用は存在しないのでしょうか。

今回はよくわからないという声も多いアミノ酸ダイエットについて詳しく解説いたします。




アミノ酸ダイエットとは?


アミノ酸はいわゆる特殊な成分ではなく、タンパク質の素材であり、そこまで珍しい物質ではないのです。

アミノ酸ダイエットはタンパク質を摂取するのではなくあくまでもアミノ酸の状態で摂取することで痩せるというものになります。

アミノ酸はタンパク質の抗生物質ですが、人体を構成するアミノ酸は合計で20種類あり、体内である程度合成されるアミノ酸を「非必須アミノ酸」、体内豪勢が不可能で外部からの摂取が必要なアミノ酸を「必須アミノ酸」という扱いをしています。

必須アミノ酸は以下の9種類です。

バリン・ロイシン・イソロイシン・スレオニン・メチオニン・フェニルアラニン・トリプトファン・リジン・ヒスチジン(ヒスチジンは乳幼児だけ作り出すことができない特殊な必須アミノ酸)

非必須アミノ酸は以下の11種類です。

アルギニン・グリシン・アラニン・セリン・システイン・チロシン・プロリン・アスパラギン酸・グルタミン酸・アスパラギン・グルタミン

現代人はタンパク質不足になっている人が多いので、非必須アミノ酸でも実は足りていないというケースもありますが、タンパク質不足の方は決定的に必須アミノ酸も不足しているのでそちらの摂取がメインになることが往々にしてあります。

このようにいろんなアミノ酸がありますが、アミノ酸の効果は種類によっても異なっているので、一言にアミノ酸ダイエットといっても摂取するアミノ酸次第で効果が変わることも多くなっています。

アミノ酸ダイエットの効果


摂取するアミノ酸によって効果は変わってきますので、すべてに当てはまるわけではありませんが、世間一般的に売られているアミノ酸系のサプリメントを摂取した場合に出やすい効果を列挙していきます。

一つ目が脂肪分解酵素であるリパーゼが活性化するので、脂肪分解速度がアップするという点でしょう。

脂肪燃焼効率が上がるので、運動系のダイエットとの組み合わせが有効です。

二つ目がアミノ酸を摂取すると筋肉疲労によって分解されてしまったタンパク質の補給も簡単にできるようになり、筋肉疲労からも簡単に抜け出せるようになります。

三つ目は筋肉組織の修復速度も向上するのでそれだけ効率よく筋力が向上しますので、質の良い筋肉が早期に手に入るようになり脂肪燃焼効率がさらに高まるという効果もあります。

このように運動とセットにすることで効果が倍増するようなものがズラッと並んでいますので、運動とセットにするのが実は基本であるということがわかります。

アミノ酸は神経伝達物質にも作用するので睡眠を促す物質のメラトニンを作りやすい環境をもたらしてくれます。

こうなると睡眠の質も向上するので、ダイエットのストレスによるイライラからも解放されやすいというメリットがあります。

このように、アミノ酸による効果は色々とありますが、ダイエットの部分だけを抜粋してみても便秘が解消されるとかむくみが解消されるといった効果ではなく、間接的な効果(他のダイエットをすると有利に働く効果)が主体となっているので活用するにはこのアミノ酸ダイエットだけでは駄目ということがわかってきます。

アミノ酸ダイエットのやり方【摂るタイミングは寝る前?】


はっきりと記載してしまいますがアミノ酸のみを摂取しても減量することはほとんどありません。




もちろん、アミノ酸は体にとって必要な物質なので不足することはもってのほかですし、不足すると体を構成する物質が不足するようになるので、内臓器官もまともに動かなくなりますし、肌のターンオーバー乱れや髪質の低下だって発生してしまいます。

なので、「アミノ酸で痩せる」と考えるのではなく「運動を主体としたダイエットに追加でアミノ酸を摂取して筋肉がつきやすく痩せやすい身体にする」という発想を持つことが正解でしょう。

摂取タイミングは筋トレにとって役立つ「バリン」「ロイシン」「イソロシン」で構成されているBCAAを例にすると、起床直後と筋トレの前と筋トレをしているときと筋トレが終わった後の4回のタイミングが推奨されています。

一回の摂取量は5~10gで、1日の摂取量目安は15~30gです。

また、寝る前も睡眠の質を向上させる作用があるのでタイミングとしては優れているという意見があります。

アミノ酸ダイエットではサプリメントがおすすめ?


これは非常に難しい問題です。

アミノ酸系のサプリメントは体を動かしている方々にとって役立つというのは多くの方々が理解しているので、そちらの界隈でも必需品として扱われていたのですが、ダイエッターにも目をつけられたことで需要が高まり一気に種類が増えました。

今では、数え切れないほどのアミノ酸系のサプリメントが存在しているのです。

ポイントとしては脂肪燃焼効率が上がるといわれているアミノ酸の「リジン」「メチオニン」「アラニン」「アルギニン」が入っているサプリメントがオススメとなります。

疲労回復効果狙いの方は「ヒスチジン」「リジン」「イソロイシン」「スレオニン」が入っているサプリメントでも良いでしょう。

結果的に推奨したいサプリメントは味の素から発売されている「アミノバイタルGold」や小林製薬の「マルチビタミン ミネラル 必須アミノ酸」や明治の「ヴァームウォーターパウダー」などが該当します。

アミノ酸ダイエットでの食事の摂り方


アミノ酸には様々な種類があり、食べ物でもアミノ酸の摂取できる種類が大きく変わってくるので、食事によるアミノ酸補給を考えるといろんな物を用意しなければいけません。

一例として野菜のみという生活だと動物性の食べ物から摂取しやすいアミノ酸がどうしても不足しやすくなってしまいます。

つまり、動物の肉類・魚介類・卵類・乳製品・大豆製品などをバランス良く摂取する必要があると言うことになります。

具体的には鶏肉・羊肉・アジ・いわし・かつお・牛乳・卵・ヨーグルト・豆腐・豆乳・アーモンド・胡麻・玄米などが推奨されています。

これらのアミノ酸スコアが高い食べ物を意識して摂取しましょう。

アミノ酸摂取による副作用は大丈夫?


アミノ酸の過剰摂取による副作用はないと言う人もいますが、摂取しすぎは確実に内臓器官に悪影響を与えていると考えた方が良いでしょう。

必要以上のアミノ酸を摂取していた場合は強引に分解してアンモニアにする必要があります。

この大量のアンモニアの出現は体内に有害な物質の大量出現ということになりますので、肝臓や腎臓に対しての悪影響が出る恐れがあります。

ちょっとした摂取量オーバーならばそこまで気にする必要はありませんが、過剰摂取は悪影響が出る可能性がありますので、やめてください。

アミノ酸ダイエット!摂るタイミングや食事法!副作用はない?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はアミノ酸ダイエットについて記載しました。

アミノ酸は運動系のダイエットとセットにすると非常に効果のある成分なので、うまく活用したら高確率で痩せます。

ただし、アミノ酸だけを摂取しても肌質の改善や疲労が回復しやすい体質になるだけで、なかなか痩せないので、「アミノ酸を飲むと痩せます!」という過剰広告には注意してください。