寝る前ストレッチダイエットはお腹に効果的か!方法やアプリは?

寝る前ストレッチダイエットはお腹に効果的か!方法やアプリは?



熟睡できるのも寝る前ストレッチのダイエット効果?やり方について

寝る前にストレッチを実行すると熟睡できるといった声は非常に多いのですが、実はお腹周りに効果があるといったダイエット方法の一種という意見もあるのです。

ストレッチ系のアプリも今の時代は大量にありますが、その中には寝る前に実行するために作られた物も存在しているのでしょうか。

今回はちょっとした話題になっている寝る前のストレッチダイエットについて解説していきます。




寝る前ストレッチダイエットとは?


寝る前ストレッチダイエットとは寝る前に1~10分ほどストレッチを行うことで体のコリを少なくし、睡眠の質を上げて痩せるダイエット法の一つです。

ダイエット目的ではないという方でも睡眠の質の向上目的で実行している方は非常に多く、日常化している人も多いでしょう。

また、寝る前ストレッチダイエットと銘をうっていますが、お風呂上がりで体が柔らかくなっているときに実行している人もいます。

こちらも十分に効果的なタイミングなので、実行タイミングはお風呂上がりから寝る前と考えるといいでしょう。

ただし、ストレッチをしてから寝るまでの間が空きすぎると効果が薄くなるので注意してください。

寝る前ストレッチダイエットの効果


寝る前のストレッチは体をほぐすことで交感神経優意な状態から副交感神経が優位な状態にシフトする手助けとなります。

この手助けによって睡眠の質が一気に向上するので、寝ている時の分泌される成長ホルモンが効果的に体を癒やしてくれるようになるでしょう。

筋肉の修復から肌の修復、はては体重の増加を制御するために役立つレプチンの分泌量増加にも繋がるので、ダイエット効果は強いのです。

逆に睡眠の質が低い人はダイエットに役立つホルモンのレプチンが減って、食欲を刺激するグレリンが大量発生しやすくなるので、要注意なのです。

質の良い睡眠をしている人はそれだけ胃腸の動きも活発になりやすいので、便秘にもなりにくいでしょう。

血行不良も発生しにくくなることでむくみや冷え性からも解放されやすくなるので、本当に質の良い睡眠はダイエットの味方になっているのです。

ダイエットにおすすめの寝る前の簡単なストレッチ方法6選

ダイエットにオススメするストレッチを具体的に6つほど紹介します。

動きが激しすぎるのはNGなので、基本的簡単なものとなるでしょう。

足こぎエクササイズ

これはストレッチに該当するレベルのかなり軽いエクササイズなので紹介しております。

脚にも効果がありますしお腹周りにも効果がある簡単な足こぎなので、寝る前に意識して実行してみましょう。

30秒で終わるエクササイズなので負荷はほとんどありません。

ゴキブリ体操

名前がよろしくないですが、むくみ解消に非常に効果があるストレッチなので紹介いたします。

やり方は簡単で、仰向けになって天井に足と手を持ち上げて30秒ほど振るわせるだけです。

30秒ほど続ければ手足の末端にもちょっとしたしびれを感じるでしょう。

それは血液が巡っているサインなので意識して続けてください。

チャイルドポーズ

いわゆるストレッチヨガの一種ですが、呼吸を整えてリラックスする作用もありますので、睡眠の質向上にはうってつけです。

正座をして両腕を前方に伸ばすシンプルな動作ですが、30秒ほどキープするとちょっとキツイと感じるでしょう。

股関節ストレッチ

いわゆる骨盤矯正ヨガなのですが、このストレッチによってリンパの流れも正すことができますし、体が確実に柔らかくなるので強くオススメしたいです。

ポイントは息を吐きながらお尻と背骨を持ち上げる部分でしょう。

お尻と方が一直線になるように意識しつつ、その体勢を10秒ほどキープしてください。

腹斜筋のばし

お腹周りをスッキリしたいという方にとっては重要なストレッチの一つです。

しっかりと脇腹が伸びている状況を感じながら10秒間キープしましょう。

寝ている状態でも簡単にできるストレッチなのでベッドの上で実行するのも良いでしょう。

足の冷えとむくみを解消するストレッチ体操

ベッドや布団の上で仰向けになって足首をぱたぱたと動かす簡単なストレッチです。




ゴキブリ体操に近い物がありますが、こちらは主に足を使うストレッチなので、効果効能は若干違います。

寝る前にストレッチをすると熟睡できダイエット効果に?


寝る前にストレッチをすると睡眠の質が格段に向上するので、ダイエット効果も出やすくなるのです。

まず、睡眠の質を向上させると筋肉を増やして体を成長させてくれる成長ホルモンが一杯出るようになるので、体力も回復しますし、筋トレの効果も出やすくなるのです。

また、基礎代謝を低下させるコルチゾールを抑える効果もありますし、食欲を抑えるレプチンを増加させる効果もあるのです。

コルチゾールは別名ストレスホルモンと言われており、このコルチゾールが減れば減るほどダイエット効率が良くなって、増えれば増えるほどダイエット効率が悪くなるのです。

レプチンが多い人ほど満腹感が得やすくなりますが、それは脳の満腹中枢を刺激する作用があるからで、睡眠不足の人はこのレプチンが不足するので暴飲暴食に繋がる確率も上がります。

また、規則正しい睡眠リズムを手に入れることで明るい光を浴びることで分泌されるセロトニンも増えやすくなりますし、夜になると分泌されるメラトニンも効率よく分泌されるようになります。

寝る前の筋トレはダイエットにいい?


基本的に眠るタイミングでは睡眠に向けて副交感神経を優位な状態にする必要があるので、激しい運動は絶対にNGです。

寝る前に体を激しく鍛えると副交感神経を優位にしようとしていた体が、交感神経優位な状態に戻してしまうので、眠りにくい状態にしてしまいます。

なので、寝る前の筋トレは絶対に控えてください。

逆に、軽いストレッチのような体をほぐす動作は副交感神経を優位にするために役立つ動作なので推奨できるのですが、激しい運動までいってしまうとNGとなってしまうのです。

なので、有酸素運動でも無酸素運動でも体を激しく動かす運動は寝る前には実行してはいけません。

寝る前のおすすめストレッチアプリ3選

寝る前に使えるストレッチアプリもいくつかありますので、その中から代表して3つほど紹介して参ります。

家で5分間エクササイズ


ストレッチ以外の動作も可能で、ヨガやピラティスなどの動きにもチャレンジできる使い勝手の良いアプリです。

自由に組み合わせてメニューを組めるので、このアプリ一つでダイエットはお任せと言えるでしょう。

ただし、無料では一部のエクササイズは確認できないので注意しましょう。

参考URL:
https://itunes.apple.com/jp/app/%E5%AE%B6%E3%81%A7%EF%BC%95%E5%88%86%E9%96%93%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA-%E7%94%B7%E6%80%A7%E3%81%A8%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE/id540375970?mt=8Sworkit

パーソナルトレーナー


こちらは全身のストレッチから特定部位のストレッチまでいろんな動作が実行できるので、とりあえずいろんな動作を覚えたいという方にはうってつけのアプリです。
5分間隔でワークアウトの時間設定もできますし、ワークアウトに入る前に音声と動画で確認できるのも高評価のポイントです。

参考URL:https://itunes.apple.com/jp/app/sworkit-%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC/id527219710?mt=8

3分フィットネス


ストレッチやピラティスを元にしたエクササイズが実行できるアプリです。

難易度が4段階に分けられているので、寝る前のタイミングならば最も簡単なものを選んで実行するのが正解でしょう。

動きはイラストで紹介されていますが、実にわかりやすいので戸惑う部分はありません。

参考URL:https://itunes.apple.com/jp/app/3%E5%88%86%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%8D%E3%82%B9-%E7%84%A1%E6%96%99%E3%81%A7%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA/id778142266?mt=8

寝る前ストレッチダイエットはお腹に効果的か!方法やアプリは?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は寝る前ストレッチダイエットについて記載しました。

これは一気に効果が出る物ではありませんが、確実に体にとってプラスになる行動なので、ダイエットを抜きにしても推奨したい案件です。

なかなか痩せないと感じても睡眠の質が向上することはプラスの部分が圧倒的に多いので、諦めずに根気よく続けましょう。