はちみつダイエットの効果とやり方!いつやるのが良いの?

はちみつダイエットの効果とやり方!いつやるのが良いの?



はちみつダイエットにおすすめのレシピや口コミも!

はちみつは甘いので、食べると太ってしまうからとダイエット中は控えている人も多いと思います。

しかし、はちみつは砂糖よりもカロリーが低い上に、栄養が豊富に含まれているので、上手に活用することでダイエットに役立つと言われており、最近はダイエット方法としても注目をされています。

もし、はちみつを使ってダイエットができるなら、ダイエット中の「甘い物が食べたい!」と言うストレスが軽くなる気がしませんか?

そこで今回は、はちみつダイエットについて調べてみました。

はちみつダイエットやり方や、いつやるのがよいのかその具体的なタイミング、気になるダイエットの効果や経験者の口コミ、お勧めのレシピなどをご紹介したいと思います。




はちみつダイエットとは?


はちみつダイエットとは、はちみつを摂取するダイエット方法になります。

はちみつは、健康によいイメージも定着していますが、そこはやはり甘味なのでお菓子やジュースのように、太りやすいものと思っている人も多いと思います。

そのため、「ダイエットのために摂ると言われても・・」と困惑してしまう人もいらっしゃるでしょう。

「砂糖よりも甘い分、カロリーも高いはず・・」と思っている人もいますよね。

しかし、はちみつのカロリーは100gあたり294㎉ほど

一方の砂糖は同量で387㎉となっており、同じ重さで100㎉の違いがあります。

さらに、はちみつは砂糖の1.5倍ほど甘味を感じやすいと言われているため、少量でも満足感が高いと言われています。

 

はちみつダイエットの効果やメリット


はちみつは、砂糖よりも甘味を強く感じるのにカロリーが低いため、調理の際に砂糖をはちみつに変えるだけで摂取カロリーを抑えることができます。

また、はちみつは体内でのエネルギーへの変換が早く、脂肪になりにくいと言われています。

このようなことから、同じ糖分を摂るなら砂糖よりもはちみつの方が断然ダイエットによいことがわかります。

さらに、はちみつに含まれるグルコン酸には、腸内の乳酸菌やビフィズス菌を増やす作用があると言われており、腸内環境を整えることで便秘の解消に効果が期待できると言われています。

はちみつダイエットのやり方


はちみつダイエットは、食事の代わりにはちみつを食べるとか、食事の前にはちみつを摂ると言ったやり方で行うわけではありません。

より具体的な方法については、後述していますのでそちらを参考になさって下さい。

はちみつダイエットの基本的な考え方としては、砂糖の代わりにはちみつを使うことで、甘さはしっかりと感じられるのにカロリーが抑えることができること、はちみつは砂糖に比べてGI値が低く、血糖値の上昇を抑えることができることが挙げられます。

つまり、料理などで砂糖を使う場合、それをはちみつに変えるだけでもダイエット効果が期待できるというわけです。

はちみつダイエットはいつやるのが良いの?寝る前?


砂糖の代わりにはちみつを使うというやり方の他に、はちみつダイエットが一躍注目される理由となったものに「寝る前はちみつダイエット」があります。

寝る前はちみつダイエットはその名の通り、寝る前にはちみつを摂るというダイエット方法になります。

寝る一時間前に大さじ一杯程度のはちみつを摂ることで、睡眠中の成長ホルモンの分泌を促し、脂肪燃焼作用を高める効果が期待できるというもの。

はちみつはそのまま摂取してもOKですが、お湯に溶かしてゆっくりと飲む方がよいと言われています。

本来、寝る前は食べ物を摂らない方がよいと言われていますが、はちみつには眠りの質を向上させる働きがあると言われており、これによって成長ホルモンの分泌が活発になると言われています。

なお、寝る前はちみつダイエットを行う時は、寝る3~4時間前に夕食を終わらせておき、その際炭水化物など糖質を摂り過ぎないように注意をする必要があります。




ダイエットにはどんな種類のハチミツが良いの?


はちみつダイエットを始めてみようと、スーパーではちみつを探してみたら、思っていた以上に種類があって驚かれるかも知れません。

「一体どれを選んだらよいのか・・」と困ってしまう方もいるでしょう。

はちみつと一口に言っても、花の蜜の違いや、製造過程の違いなどで、含まれる栄養などは異なっています。

また、はちみつには大きく分けて、天然はちみつと加工はちみつがあります。

天然はちみつは採取したはちみつから不純物をろ過して取り除いたもの、一方の加工はちみつは糖度を増すためにはちみつ以外の糖分を加えたり、濃度を高めるために加熱したり、色や香りを抑えるために栄養成分を排除されており、天然のはちみつと比べて余計なものが多かったり、必要な栄養成分が不足している可能性があります。

このようなことから、はちみつダイエットを行う時は、天然のはちみつを利用するのがよいでしょう。

なお、ある調査では、クローバーから採取したはちみつよりも、アカシア(国産)から採取したはちみつの方がGI値が低いことがわかっており、ダイエットとしてはちみつを摂るなら国産のアカシアのものがよいとも言われています。

はちみつダイエットの口コミ


・寝る前にはちみつなんて食べて大丈夫?と始める前は半信半疑でしたが、実際には痩せることができたので効果あると思います。ただし、はちみつを食べる分夕食は軽めにしたり、遅くに食べないように注意する必要はあります。いつもと同じような食生活ではなかなか痩せられないと思います。

・寝る前にはちみつを舐めるとぐっすり眠れて痩せられると聞いて、一ヵ月ほどやってみました。結果、特に痩せてはいないのですがはちみつ食べて寝ていたのに太りもしていません。これで運動やら食事制限をやったら、もう少し結果が見えてくるのかなと思っています。

・はちみつダイエットで2ヵ月で4㎏落としました。元々間食が多く、お菓子を食べていたのをはちみつに変えたところ、しっかりとした甘みがあるので満足できて、苦なく続けることができました。

はちみつダイエットにおすすめのレシピ!

はちみつダイエットは、はちみつをそのまま摂るのが最も簡単ですが、味や香りがちょっと苦手・・という方も多いですよね。

そのような方のために、はちみつダイエットにお勧めのレシピをご紹介したいと思います。

ダイエット!レモン白湯(ハニーウコン)


小鍋に水を入れて沸騰したら、そこにウコンとはちみつを加えて溶かし、最後にスライスしたレモンを加えて完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/4019216

冷凍ヨーグルト*ダイエットにも


ヨーグルトを適量器に移し、ラップをかけて冷凍庫で3時間ほど冷やします。

完全に凍ったことを確認したら冷凍庫から取り出し、すぐにはちみつをかけておきましょう。

周りが少し溶け始めてきたらスプーンでこつこつとします。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/4008783

お豆腐とはちみつで*ヘルシーアイス*


ボールに豆腐を入れ、泡だて器でしっかりと混ぜます。

そこにはちみつを加えてさらに混ぜ合わせたら、ジップロックに入れて冷凍庫で1時間冷やし、取り出して袋の上からしっかりと揉んで再び冷凍庫に入れて冷やす、という工程を3~4回ほど行います。

食べる時は黒蜜やきな粉をかけると、さらに美味しくなります。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/3748283

はちみつダイエットの効果とやり方!いつやるのが良いの?のまとめ

はちみつダイエットは、寝る一時間前にはちみつを摂る方法が効果的だと言われています。

しかし、それ以外にも、料理で砂糖を使う時に少量のはちみつに変えてみたり、ヨーグルトやお豆腐を使ってヘルシーな手作りお菓子を作ってみるのもよいでしょう。

工夫次第で様々なやり方が可能なので、はちみつを使って自分に合った方法を見つけてみて下さい。