ケトン体ダイエットの効果とやり方!危険性はないの?

ケトン体ダイエットの効果とやり方!危険性はないの?



ケトン体ダイエットにおすすめのメニューやレシピも!

糖質制限ダイエット夜や低炭水化物ダイエットをしていると、同じようなダイエットとしてケトン体ダイエットの名前を聞くことがあると思います。

しかし、糖質制限のように読んですぐに意味がわかるものではないので、気にはなっているけどなかなか始めることができないという方も多いのではないかと思います。

そこで今回は、ケトン体ダイエットについて調べてみました。

ケトン体ダイエットのやり方効果だけではなく、ダイエットを行う場合の危険性お勧めのメニューやレシピなど、幅広い情報をお届けしたいと思います。


Sponsored Link


ケトン体とは?


ケトン体ダイエットを知るには、そもそものケトン体が何なのかを知る必要がありますよね。

通常、体内ではエネルギーとして利用される優先順位はブドウ糖が一番です。

食物に含まれている糖質は血液中で、膵臓から分泌されるインスリンによってブドウ糖に分解され、細胞に運ばれてエネルギーとして活用されます。

しかし、糖質制限ダイエットなどによって体内に十分な糖質がなくなると、次に脂肪に蓄えられている脂肪酸をエネルギーに変えてエネルギー不足を解消しようとします。

そして、この時に発生する代謝副産物がケトン体です。

ケトン体が体内で発生すると尿と一緒に排出されますが、一般的な食生活を送っている場合はケトン体が検出されることはまずありません。

ただし、糖質制限ダイエットを行っている時や、妊娠などで吐き気がひどく脱水や栄養失調状態になると、ケトン体が検出されることがあります。

ケトン体ダイエットとは?なぜ痩せられるの?


ケトン体ダイエットとは、体内でケトン体が増加した状態(これを‘ケトーシス’と言います)を作りだすダイエット方法になります。

ケトン体が増えるということは、体内では食物に含まれる糖質によってエネルギーを得ているのではなく、脂肪を分解してエネルギーを産生していることになります。

ダイエットを行うにあたり、何より減らしたいのは脂肪だと思いますが、体内でエネルギーに変わる順番が糖質よりも後のため、なかなか思うように減らすことができません。

しかし、ケトン体ダイエットなら糖質不足を起こすことで、優先的に脂肪を燃やすことができるようになります。

このようなダイエット方法に似たものとして、糖質制限ダイエットや低炭水化物ダイエットがあります。

どちらも糖質(炭水化物)の摂取を制限することで脂肪が燃えやすい状態を作っていますが、この2つとケトン体ダイエットには大きな違いがあります。

糖質制限ダイエットには様々なやり方があり、糖質を減らす量もやり方によってまちまちですが、ケトン体ダイエットではかなり厳しい制限を行います。

ケトン体ダイエットでは、ケトーシス状態を故意的に体内で作ることで、脂肪を燃やしやすくします。

ケトン体ダイエットの効果やメリット


ケトン体ダイエットは、糖質の制限をとても厳しく行います。

糖質制限ダイエットの中には、ご飯やパン、麺類、お菓子など糖質を多く含む食物をできるだけ減らすと言った緩いものもありますが、ケトン体ダイエットでは調味料に含まれる糖質もすべて含んで計算するため、糖質制限の効果をより早く高い状態で得ることができます。

また、これを逆手に取り、ダイエットでは脂質の多い肉類の摂取制限を行うことが多いですが、ケトン体ダイエットはあくまでも糖質を制限するだけなので、その他については厳しい制限を行う必要がありません。

つまり、これまでダイエットではタブーとされてきたお肉を食べても問題ない、というわけです。

お肉だけではなく、糖質を摂らなければ食事はお腹いっぱいになるまで食べても構いません。

ダイエットには過酷な食事制限がつきもの、と思っていた方にとっては「食べたいのに食べられない」ストレスを抱えることなくダイエットに励むことができます。

ケトン体ダイエットのやり方!


ケトン体ダイエットのやり方は、次の通りになります。

①最初の2週間は、一日の総摂取カロリーの5%に糖質の摂取を抑えます。

毎日2,000㎉を摂っていた人なら100㎉以内です。

それ以外は、特に気にすることはありません。

お肉や野菜など、糖質を含まないものはお腹いっぱい食べてもOKです。


Sponsored Link


②2週間が経過したら(もしくはその前に目標の体重に到達したら)、そこから毎日1%ずつ糖質の摂取量を増やしていきましょう。

ただし、糖質の摂取は20%を超えないようにします。

先出の2000㎉の場合なら、400㎉を超えないように注意します。

ケトン体ダイエットの注意点やポイント!効果が出る期間は?


ケトン体ダイエットの場合、糖質をほとんど摂らない極端な摂取制限は2週間を限界にして行って下さい。

もちろん、2週間が過ぎる前に体調不良などが現れた時は、ただちにダイエットを中断するようにしましょう。

糖質制限が体や脳に及ぼす影響は、まだまだ不明な点も多いため、「糖質を摂らなくても身体に影響はない」とする見解は必ずしも確定しているものではありません。

ケトン体ダイエットはそもそも、糖尿病患者のための治療食として考えられたもののため、健康な人がダイエットとして行うことに医療的な根拠はない状態です。

なお、ケトン体ダイエット中は軽い程度でよいので、運動を併用するとより脂肪が燃やすくなると言われています。

ストレッチをしたり、ウォーキングをしたりと、気分転換を上手に図ることで、ダイエット中のストレスを緩和させることもできるでしょう。

ケトン体ダイエットは危険性はないの?


ケトン体ダイエットでは、脳の唯一のエネルギーと言われる糖質の摂取を大幅に制限するため、集中力が続かない、イライラする、頭痛がするなどの症状が現れることがあります。

また、脂肪がエネルギーとして代謝される時、ケトン体の他に酢酸という物質も生成されますが、酢酸には甘酸っぱい腐ったような匂いがあるため、これが呼気と一緒に漏れると口臭になり、周囲とトラブルになることもあります。

酢酸の匂いは口以外からも漏れるため、体臭も臭くなりやすくなります。

これらはダイエット臭と呼ばれ、糖質制限を伴うダイエットに多いと言われています。

なお、ケトン体ダイエットでケトン体が増えた状態をケトーシスと言いますが、糖尿病患者の体内でケトン体が増えることをケトアシドーシスと言い、厳密に言うとこの2つは同じではありません。

健康な人がケトン体ダイエットを行ってケトン体を増やしても、ケトアシドーシスになることはないと言われていますが、ダイエットを長期的に行ったり、体調の優れない状態で行ってしまうとケトアシドーシスに近い状態になってしまうことは十分考えられます。

ケトーシスでは死に至ることはありませんが、ケトアシドーシスになると意識障害や昏睡など重篤な症状から死に至ることもあるため、ケトン体ダイエットを行う時は常に自身の体調に気を配るようにして下さい。

ケトン体ダイエットにおすすめのメニューやレシピ3選!

糖質を摂らないだけでOKのケトン体ダイエットですが、以外と食事のメニューに困る方も多いようです。

そこでここでは、ケトン体ダイエットにお勧めのメニューやレシピをご紹介したいと思います。

自家製☆ツナ

マグロの切り身に塩を振り、30分ほど置いておきます。

マグロの水気を拭きとり、オリーブオイル、にんにく、ローリエと一緒に鍋に入れ、弱火でじっくりと火を入れます。

中まで火が通ったらそのまま冷まし、ガラスやホーローの容器にオイルごと移して完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/4194182

ケトジェニック☆大豆粉唐揚げプレート


塩、こしょう、醤油、にんにくで味を付けた鶏肉に大豆粉をまぶして揚げます。

レタスやカットしたアボカドを皿に盛ってマヨネーズをかけ、唐揚げ、チーズを乗せて完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/4654837

イカとキュウリの中華炒め


イカを食べやすい大きさに切り、きゅうりは縦長の乱切りにします。

イカを強火で炒め、きゅうり、塩コショウ、ごま油を入れて馴染ませたら完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/5141714

ケトン体ダイエットの効果とやり方!危険性はないの?のまとめ

ケトン体ダイエットは、短期間で効果が出やすいダイエット方法ですが、正しい方法で行わないと体調不良などが起こりやすいと言えます。

行う場合は決して無理はせず、2週間を限度にそれ以上長く続けることのないようにしましょう。


Sponsored Link