1週間ダイエットで5キロ痩せるにはこの運動と食事!

1週間ダイエットで5キロ痩せるにはこの運動と食事!



筋トレや有酸素運動やスープのレシピなど1週間でダイエットする方法!

生きていると、ある日突然「1週間で5kg痩せなきゃいけなくなること」があるかも知れません。

そんな時に、1週間で5kg痩せられる方法を知っていると安心ですよね。

また、ダイエットに関心の高い人が増えている昨今、こんな話を耳にしたことはないでしょうか。

「短期間で体重を落とす過激なダイエットはリバウンドしやすく、体への負担も大きい。そのため、ダイエットをするなら長期間をかけて少しずつ体重を減らしていくのが理想」と。

1週間で5kg痩せるダイエット方法は、この理想とまさに反対のような気がしますが、1kg痩せるのだって大変なのに、5kg、しかも1週間という短期間で痩せることなど、本当に可能なのでしょうか。

そこで今回は、1週間ダイエットについて調べてみました。

1週間で痩せるための運動や食事をご紹介したいと思います。

これは痩せる!と人気の脂肪燃焼スープダイエットのやり方も掲載していますので、「1週間で痩せたい!」という切羽詰まった状況の方はぜひ一度お読みになってみて下さい。


Sponsored Link


目次

何が何でも1週間でダイエット為にはどうすればいいの?


1週間で痩せるなんて、無謀な話に思えますよね。

実際、体に負担なく痩せられるのは1ヶ月で1kg程度(元々の体重によって個人差はあり)と言われていますから、1週間で5kg痩せるというのはやはり相当の努力が必要と言えるでしょう。

とは言え、それが実現不可かと言われたらそうではありません。

ダイエットの基本は、摂取カロリー<消費カロリー。

つまり、体に入ってくるカロリーが基礎代謝を含めた運動で消費されるカロリーを下回れば下回るほど、足りないエネルギーを補うために体脂肪が分解、燃焼されて、結果として体重が落ちます。

そのため、1週間でダイエットをすることは理論上可能となっています。

では、1週間で目標まで痩せるにはどうしたらよいのでしょうか。

それにはやはり、最初に食事制限が挙げられます。

カロリーの少ないものを意識して摂ることで、摂取カロリーを抑えることができるからです。

次に、消費カロリーを増やすための運動も欠かせません。

さらに、基礎代謝を上げるために筋トレを行うのも有効でしょう。

これら、複数の方法を併用して行うことで、1週間で痩せることは決して夢の話ではなくなります。

1週間で5キロダイエットすることは可能なの?食事制限は必須?


1kgの脂肪を燃やすのに必要なエネルギーはおよそ7,000㎉と言われています。

そのため、単純に計算しても、5kg落とすには35,000㎉の消費が必要ということになります。

これを1週間で割ると、一日5,000㎉の消費となりますが、数字的に見るとどうも現実的ではありませんよね。

もちろん、毎日5,000㎉を新しく消費しようとすれば無理がありますが、例えば食事制限によって摂取カロリーを減らすと、体内ではエネルギーを産み出すために体脂肪を分解、燃焼させるため、さらなるカロリーの消費が見込めます。

また、筋トレで筋肉量が増えると基礎代謝が上がるため、寝ているだけでも消費カロリーが増えるので、その積み重ねによって目標を達成することは不可能というわけではありません。

なお、食事制限を全く行わず、好きな物を好きなだけ食べるという食生活を送っていれば、それは他にいくら筋トレや有酸素運動などを頑張っても痩せることは現実的には難しいと言えるでしょう。

なぜなら、カロリーを消費することは安易じゃなくても、カロリーを増やすことは非常に安易だからです。

例えば、茶碗に半分以下(60g)よそったご飯のカロリーはおおよそ100㎉と言われていますが、これを運動で消費しようとしたらジョギングを16分行う必要があります。

お茶碗一杯のご飯を食べたら、その倍の40分程度を走らないと消費できないのです。

このように考えると、1週間で痩せるためには食事制限を行うことも必要不可欠と言えるでしょう。

1週間でダイエット効果を出すための食事の仕方とポイント!


一週間で体重を落とすためには、カロリーの少ない食事を心掛ける必要があります。

また、これと同時に低GI食品を意識することも大切でしょう。

低GIとは、食後の血糖値が緩やかな食品を言い、この値が低いほど血糖値の上昇が緩やかなため、インスリンの過剰分泌を防ぐことができ、食べたものを脂肪として溜めこみにくくなると言われています。

そのため、一週間でダイエット効果を出すためには、①低カロリー②低GIの食品を摂取するのがよいでしょう。

1週間ダイエットには脂肪燃焼スープがおすすめ!そのやり方とレシピ!


1週間で確実に痩せると人気なのが、脂肪燃焼スープダイエットです。

脂肪燃焼スープとは、その名の通り脂肪燃焼効果の高いスープを食事のメインとして摂取することで、ダイエット効果を得るものになります。

そこでここでは、脂肪燃焼スープダイエットのやり方と、そのレシピを詳しくご紹介したいと思います。

<脂肪燃焼スープダイエットのやり方>

脂肪燃焼スープダイエットでは、1週間の食事が全て決まっており、その通りに摂取する必要があります。

では、一日目から順に摂取するメニューを掲載します。

●1日目:スープとフルーツのみの日

脂肪燃焼スープと、バナナ以外のフルーツを食べる日です。

また水分は、水か100%のフレッシュジュースのみとなっています。

市販のジュースの中には100%と表記されていても、糖分が含まれている場合もあるので、成分表を確認するようにして下さい。

●2日目:スープと野菜のみの日

野菜は、豆類とスイートコーン以外であれば何を食べても問題ありません。

調理の方法も特に規定はなく、油を使わなければ好きなように食べてもよいでしょう。

●3日目:スープと野菜とフルーツの日

スープと野菜とフルーツであれば、好きなだけ食べてもよいです。

脂肪燃焼スープダイエットでは、摂取するスープの量は制限されていないため、お腹が空いたらお腹がいっぱいになるまで摂取しても構わないことになっています。

なお、2日目はOKだったベイクドポテトは、3日目はNGとなっています。

●4日目:スープとバナナ、スキムミルクの日

スープの他に、バナナを3本とスキムミルクを500ml飲みます。

この量はあらかじめ決まっているものなので、守るようにしましょう。

また、4日目は水分を多めに摂ることを心掛けるとよいでしょう。

●5日目:スープと肉とトマトの日

350~700gの牛肉の赤身、もしくは同量の鶏肉か煮魚を食べて下さい。

トマトは6個までなら食べてもOKですが、トマトでお腹をいっぱいにせず、必ずスープを一杯以上飲むようにして下さい。

●6日目:スープと牛肉と野菜の日

牛肉は好きなだけ食べても買いませんが、スープは必ず一杯飲むようにして下さい。

また、野菜はベイクドポテト以外であれば何を食べてもOKです。

●7日目:玄米と野菜とフルーツジュースの日

玄米と野菜とフルーツジュースを摂取して下さい。

なお、スープは必ず一杯は飲むようにしましょう。

<脂肪燃焼スープの作り方>

① 材料を用意する

トマト3個、たまねぎ3個、セロリ1本、キャベツ半玉、にんじン1本、ピーマン1個、コンソメスープの素、水を用意します。

② 材料を適当な大きさにカットします

生のトマトがない時は、400gのトマト缶で代用しても構いません。

③ 煮る

適当な大きさにカットした野菜を鍋に入れ、そこにひたひたになるくらい水を入れましょう。

さらにコンソメスープの素を入れ、水を足しながら野菜がやわらかくなるまで煮て完成です。

1週間で痩せる為におすすめの筋トレ!

1週間で痩せるには、筋肉量を増やして代謝をアップさせる必要があります。

ここでは、1週間ダイエットにおすすめの筋トレをご紹介したいと思います。

ダンベルフライングドッグ

① 四つん這いになり、右手でダンベルを持ちます。

② ダンベルを持った右手と左足を床に平行になるように伸ばします。

③ 次に、右肘と左膝をゆっくりと近付けます。

④ 同じ動作を15回繰り返します。

⑤ 反対側も同様に行いましょう。

スクワット

① 足を腰幅に開き、かかとに重心を意識するようにして立ち、そのまま腰を下ろします。この時、胸はなるべく前に見せて、お尻を突きだすようなイメージで行いましょう。

② スクワットは、お腹周り、ふともも、ふくらはぎ、お尻と大きな筋肉を効率よく鍛えることができるトレーニングになりますが、ふとももは外側ではなく内側(内転筋)を使うように意識するとよいでしょう。

③ 頭の位置を前にずらしたりせず、そのまま腰を下ろし、そのまま立ち上がります。

レッグツイスト

① 床に仰向けになって寝そべり、両手は肩の位置でまっすぐに伸ばします。

② 両足を天井に向かって上げ、クロスさせたら、そのままお腹を支点にして捩じります。

③ 膝が曲がらないよう注意しながら、両足を床に付かない程度まで下げて下さい。

④ そのまま停止したら、一旦元に戻します。


Sponsored Link


⑤ 反対側も同様に行いましょう。

1週間で5キロ痩せるための運動メニュー3選!

1週間で結果が見えるほど痩せるためには、脂肪燃焼効果の高い運動を行うことが必要になります。

ここでは、ダイエットにお勧めの運動をご紹介したいと思います。

水泳


水泳はゆっくり泳ぐと有酸素運動、速く泳ぐと無酸素運動になり、ダイエットにとても向いている運動の一つと言われています。

1週間で5kg痩せを目指すなら、ゆったり泳ぐのと速く泳ぐのを交互に行って、脂肪燃焼効果+筋トレ効果を得るのがよいでしょう。

縄跳び


縄跳びは有酸素運動の中でも、カロリー消費の高い運動になります。

1時間続けると500㎉の消費になるため、ジョギングなどよりも手軽に行えるのではないでしょうか。

また、飛んで脂肪が揺れることも脂肪燃焼効果をアップしてくれる理由と言われています。

踏み台昇降


踏み台昇降は、専用のステッパーなどを使ってもよいですし、階段の一段目を利用したり、古雑誌をまとめて結んで台を作って行うこともできるため、いつでも気軽に行えるのが魅力的です。

しかも、動作が簡単なだけではなく比較的体への負担も少ないので、運動不足の方なども始めやすいと言えるでしょう。

それにも関わらず脂肪燃焼効果が高いので、ぜひ毎日の日課として取り入れてみて下さい。

1週間で足を細くするにはマッサージが有効!そのやり方は?

① 足にクリームを塗ります。

② 足の指を1本ずつ前後に動かします。

③ 両手ですねと内側のリンパに沿ってさすりあげ、親指で裏側の筋に沿ってさすりあげます。

④ 足首から膝裏まで、雑巾を絞るようにしてさすりあげたら、膝頭を親指でくるくるとさすります。

⑤ 最後に膝裏のリンパを優しく押してリンパを流します。

1週間で足を細くするエクササイズ3選

細く引き締まった足は女性なら誰でも憧れるものですよね。

ここでは、1週間で足を細くするマッサージとともに、ぜひ行ってほしいエクササイズをご紹介したいと思います。

女子脚痩せ3分間エクササイズ&ストレッチ

① 床に座り、足を伸ばします。

② 足首を可動域いっぱいまで動かすように曲げ伸ばします。3回行いましょう。

③ 次に、片足ずつ上げていきます。3回行います。

④ 次に、つま先を外側に向けた状態で片足ずつ上げていきます。3回行いましょう。

⑤ 次に、つま先を内側に向けた状態で片足ずつ上げていきます。3回行いましょう。

⑥ 横向きに寝そべり、お尻の位置で足首を掴みます。反対側も同様に行います。この時、膝を高く上げて足を後ろにするように意識しましょう。

⑦ うつ伏せに寝て、つま先を持ち、足を外側に開きます。反対側も同様に行います。

寝ながら足痩せストレッチでダイエット♡

① 床に仰向けになって寝そべります。

② 両足を天井に向かって持ち上げたら、足首を曲げます。この時、ふくらはぎを伸ばすように意識しましょう。

③ 曲げた足首を伸ばしたら、最初の状態(①)に戻します。

④ ここまでの流れをゆっくりと20回繰り返します。

⑤ ①の体勢に戻ったら、両手を横に伸ばして両足を上げます。

⑥ そのまま開脚をして5秒キープします。

⑦ 最後に両足のかかとをくっつけて5秒キープします。

⑧ 10回繰り返しましょう。

あの海外モデルも痩せた♡簡単脚痩せダイエット

① 床に正座をします。

② 正座の状態から両足を横にずらしましょう。

③ 正座を崩して、ずらした方とは反対の足を後ろに伸ばします。

④ そのままゆっくりと上半身を前に倒して下さい。

③ 反対側も同様に行い、10回繰り返します。

1週間でお腹を引き締めるにはどうすればいいの?

お腹は、体の中でも比較的鍛えやすく、ダイエット効果の現れやすい部位のため、1週間で引き締めるのは可能と言えるでしょう。

一般的な方法に腹筋がありますが、腹筋は体の表面にあるアウターマッスル(表層筋)を鍛えるトレーニングのため、即効性があるものの、トレーニングを止めるとすぐに元通りになってしまいやすいと言われています。

それよりも、体の奥にあるインナーマッスル(深層筋)とアウターマッスルの両方を鍛えることができるドローインがお勧めです。

ドローインは、お腹を意識的に凹ませるだけの簡単な方法で行うことができます。

また、深い呼吸を繰り返すことで有酸素運動としての側面もあり、脂肪燃焼効果も期待できると言われています。

1週間で顔痩せする方法


最近、顔が丸くなってきたな・・。

ダイエットをして体は細くなっても、顔はなかなか引き締まらない・・。

このような悩みを抱えている方は多いと思いますが、顔は体の他の部分と比べて脂肪の量が少ないため、通常のダイエット(食事制限や有酸素運動)では思うように痩せることはできないと言われています。

では、顔痩せするにはどうしたらいいのか?と思いますよね。

顔痩せに効果があるのは、表情筋と呼ばれる皮膚の下にある筋肉を鍛えるのがよいと言われています。

そこでここでは、顔痩せ効果のある「あいうえお発声法」という表情筋のトレーニング方法をご紹介したいと思います。

① 口をできるだけ大きく開きながら、「あー」と発声します。

② 次に、口角を横に引っ張るようにイメージしながら「いー」と発声します。

③ 次に、口をすぼめて顔の筋肉をぎゅっと縮めるイメージで「うー」と発声します。

④ 次に、口と目を大きく見開きながら、「えー」と発声します。

⑤ 最後に、口を立てに開いて「おー」と発声します。

1週間で5キロ痩せるためのレシピ5選

1週間で痩せるためには、カロリーの低い食事を摂ることが欠かせません。

そこでここでは、ダイエットに役立つ低カロリーのレシピをご紹介したいと思います。

おかゆ


おかゆは風邪を引いた時や胃腸の調子が悪い時に食べるもの、というイメージがありますが、実は“おかゆダイエット”というダイエット方法があるくらい、ダイエットに向いたメニューになります。

作り方はとても簡単で、お米の5倍量の水を鍋に入れ強火で煮た後、弱火にして30~40分煮るだけ。

ご飯に比べて摂取カロリーが約半分になるのに腹持ちがよく、ストレスを感じずに食事制限を行うことができます。

スープ


上記でご紹介した脂肪燃焼スープの他にも、野菜スープやしょうがスープ、玉ねぎスープなども、摂取カロリーを減らすだけではなく、体を温め代謝をアップするのに役立ちます。

サラダ


サラダは、使う野菜によって味や食感を変えることができるので食べ飽きしづらく、さらに食物繊維やビタミン、ミネラルといったダイエットに有効な成分が多く含まれているため、ダイエット中には欠かせないメニューと言えるでしょう。

ただし、ドレッシングには糖質や脂質が多く含まれていることから、かけ過ぎには注意しましょう。


鍋は一度に摂れる野菜の種類や量が多いだけではなく、体が温まることで代謝を上げる効果も期待できます。

なお、ダイエットによい鍋にはトマト鍋やキムチ鍋があります。

それぞれに脂肪燃焼を促進する成分(トマト鍋はトマト、キムチ鍋はとうがらし)が入っているのでお勧めです。

ヨーグルト


ヨーグルトには健康によい食品のイメージがありますが、無糖のヨーグルトを選ぶことでさらにダイエット効果も期待できます。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内にいる善玉菌のエサになり、腸内環境を整えてお通じを改善し、新陳代謝を活発にすると言われています。

また、冷たいまま食べてもいいですが、レンジで30秒ほど加熱したホットヨーグルトは、体を冷やさないためダイエット中は特にお勧めです。

1週間ダイエットで5キロ痩せるにはこの運動と食事!のまとめ

1週間で5kg痩せるのは、相当努力が必要と言えますが、決して不可能ということでありません。

もし、あなたの人生の中で、1週間で5kg痩せなきゃいけない事態が降りかかってきたといたら、今回ご紹介した方法を行ってみるのがよいでしょう。

ただし、どんな状況であっても心身を壊してまで行うべきダイエットはありません。

体調がおかしいと思ったらすぐに中止して、健康を第一に考えるようにして下さい。


Sponsored Link