失敗続きのダイエットに終止符を!成功に導く7つの方法

失敗続きのダイエットに終止符を!成功に導く7つの方法



ダイエットを成功に導く方法!失敗続きを終わらせるコツ

ダイエットはどんなものであっても難易度が高いです。

体重をキープできなかったら全部失敗となります。

そんな失敗続きのダイエットをどうにかして成功にする方法を身に着ける必要があります。

意志力が低くて何をやっても失敗するという人こそ見てもらいたい記事に仕上げますので、自分自身の弱さに絶望する前にご確認ください。

今回は失敗続きのダイエットをどうにかする方法をまとめます。




ダイエットの進み具合を第3者にチェックしてもらう


ダイエットの進み具合を第3者にチェックしてもらうことがシンプルですが強烈なカンフル剤になります。

自分自身で目標を立てて実行するのももちろん有効ですが、その目標というのは自分だけが知っていると失敗しているかどうかの判断もできませんので、多少条件を甘くしていってしまい最終的にはうやむやにしてしまうというパターンもあるのです。

しかし、ダイエットをしているということを周りの人たちに報告しているという方はどれだけの目標を立てて実行しているのかも知っているので、ごまかせません。

ごまかしてしまうと「この人は意志力がない人だ」というイメージを持たれてしまうのでプレッシャーによって継続しやすくなります。

いわゆる、夏休みの宿題は最初に終わらせることが出来ずにある程度夏休みの終わりが近づかないとやる気が出ないという人向けの方法となるでしょう。

追い込まれないと行動できないという人は追い込まれるような状況を作ってください。

もちろん、プレッシャーを感じることでむしろ失敗する人もいるので、自分がどんな人かを見極めることが重要です。

目標体重を設定し毎日体重を量り日々食事量の調整を行う


ダイエットにおいて成果が出ているのかどうかを判断する方法は体重計に乗ることです。

体重計に乗ればダイエットが成功しているかどうかが絶対にわかってしまいます。

毎日体重を計測すればあとでグラフにして成果が出ているのかどうかをじっくりと検証することが出来るので、必ず役立ちます。

最も釜各記録したいという方は、毎食どのような食事をしているのか、摂取カロリーがどうなっているのか、運動はどれくらい行っているのかを記録すればいいでしょう。

このように記録するダイエットもありますので、ひたすら記録として残し続けることは重要なのです。

逆に一切記録しないでダイエットをしていると成果が出ているのかどうかがわからないので、ダラダラと続けて気が付いたら失敗しているというパターンもあります。

ひたすら記録し続けることは成功しているかどうかの確認のためにも役立ちますし、ある意味プレッシャーとなりますので、追い込みにも使えるでしょう。

本当にお腹がすいてから食べる


お腹がすいていると時に食べるというのは基本ですが、本当にお腹がすいているときだけ食事をするように意識すれば結果的に摂取カロリーが削れるようになります。

食事というのはある意味義務感によって行われていることが多いので、義務感からあえて解き放たれることで空腹感を理解することも重要なのです。

慢性的にお菓子やガムを噛んでいるという方はなかなか空腹を感じないで食事を続けることになってしまいますので、一度自分がお腹がすいているとどのように感じるのかを理解する必要があるのです。

それを理解することがダイエットにおいてプラスに働きます。

とび職のように体が資本の仕事に就いているという方はエネルギー不足になるのがかなり危険なので、そのような仕事に就いている方は体を張った確認は辞めましょう。

休日にチャレンジして空腹感とはどのようなものなのかを理解してください。

そこから、空腹を感じたら食べるという生活とはどのようなものなのか、トライしてみましょう。

一口食べるごとに箸を置く


食事が早ければ早いほど、消化が悪くなりますし顎を使う回数が少なくなりますので満腹感が出にくくなります。




この満腹感が出にくいというのが厄介で、食事の摂取量が増えてしまいがちなのです。

そのため、本格的にダイエットをしたいという方は意識して顎を使う必要があります。

シンプルなやり方が回数を数えるというものですが、これが結構面倒なので、もっともっと簡単にあごを使いたいという方はあえて箸をおいてください。

箸を休ませる時間を増やせば、それだけ顎を使う回数が必然的に増えますので、ダイエットしやすくなるのです。

回数を数えるのがかなりつらいという方は、このように箸の使い方で食事に時間をかけて噛む回数を増やすといった工夫をしましょう。

食事は自分の全身を鏡に映し出して食べる


自分の食事をする姿を客観的に見ることで、食事をするスピードが適切であるかどうかがわかるので、自粛することが出来るようになり痩せるという理論があります。

それが鏡を見ながら食事をするという考え方です。

鏡を見ながら食事をすると目の錯覚で満足感が得られやすいという情報もありますので、鏡を活用することは間違いないのでしょう。

食事の量がシンプルに2倍になっているように見えるので、食事の量から満足感が出やすくなると考えられているのです。

自分の食べている姿を見た時にどのような感想が出るのかはその人次第なので何とも言えませんが、その姿を黙々と見ながらの食事は淡々としたものだったとしてもなんとなくプレッシャーがありそうで食事の量が減る気がします。

1日の中でリラックスタイムを作りダイエットに取り組んでいる自分を褒める


ダイエットの成功確率を上げるためには、モチベーションの維持が必須です。

どんなにきつい目標でもやる気があればいつまでも努力が続けられます。

逆に言えば、どんなに難易度が低くてもやる気がなければ絶対に失敗するのです。

このやる気を維持するためにも、リラックスタイムを作ってダイエットに取り組んでいる自分自身を褒めましょう。

最もわかりやすいリラックスタイムは半身浴で体をゆったりと休めてリラックスさせることです。

リラックスさせながらお風呂につかればそれだけ血行が促進されてデトックス効果も発揮されるのでダイエットがより効果的になります。

自律神経も副交感神経が優位に働きやすいので、リラックスして安眠しやすい体にしてくれます。

質の良い睡眠というのはストレスを解消してくれますし、痩せやすい体にするためには必須なのでリラックスタイムを有効活用しましょう。

たまには自分に褒美を与える


ダイエットは自分自身の見た目を改善するためのものであり、自分自身の努力の結晶でもあるのですが、これを人から褒められることはありません。

たとえ力説しても「太っていたことが悪い」と切り捨てられることすらあります。なので、自分自身で自分の努力をほめましょう

これがなかなか難しく、自分に自信がなくて褒めることも褒められることも全く慣れていない人にとっては思い通りいきません。

ほめて伸ばすためには、前向きになってポジティブになる必要があるので、まずは前向きになるために褒め癖をつけましょう。

ダイエット中はとにかくネガティブになりがちなので、褒められるところを探しましょう。

「自分に褒めるところはない」とか「ナルシストではないからそんなことは出来ない」といった考え方がつい浮かんでしまう人は、褒められる部分を見つけて褒める努力からスタートしてください。

いい気分で過ごせることがダイエットの成功につながるので、褒め癖は重要なのです。

失敗続きのダイエットに終止符を!成功に導く7つの方法のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は失敗続きのダイエットを成功させるためのコツを記載してまいりました。

簡単に実行できるものから、突然言われてもなかなか実行できないものまでいろいろとあったでしょう。

特に、自分をほめたことがないという方はどうしても追い込んでしまい、ストレスをためがちなのでまずは褒める癖をつけてください。

慢心してしまうのも問題ですが、厳しすぎるのも失敗要因になりがちなので、褒める癖をつけましょう。

特に日本人はいじめて育てるとか、追い込んで育てる傾向にありますので、褒められることに慣れていない人と褒めることに慣れていない人が多すぎます。
要練習です。