冬のダイエットにおすすめの食事と運動!筋トレは効果的?

冬のダイエットにおすすめの食事と運動!筋トレは効果的?



冬のダイエットの食事とレシピや運動!スープはおすすめ?

冬は太るからダイエットには向いていないという昔からの知識がある人も多いのですが、その考え方も今では少しずつですが覆されておりむしろおすすめと声だかに叫ぶ人もいます。

食事の内容や筋トレといった運動の効果も冬場は何か関係しているのでしょうか。太ると叫ぶ人もいればむしろ効率がいいと叫ぶ人もいるので訳がわからないと感じている人もたくさんいます。

そこで、今回は場に行うダイエットは本当に効率がいいのか、なぜ冬場は痩せるどころか太ってしまう人が多いのかを調べて参ります。




冬は太りやすい?痩せやすい?


冬は夏場と比べると圧倒的に痩せやすい体にあります。

しかし、痩せやすいのは身体だけであって状況的には圧倒的に痩せにくい人もいるでしょう。

まず身体について解説すると、冬場というのは外気温が圧倒的に低いので体温を上昇させるためにどうしても体温を上昇させるという機能が働くようになるので、それだけ基礎代謝が向上した状態にあります。

逆に夏場は基礎代謝を向上させる必要が無く冬場よりもカロリー消費が低いのです。

また、夏場はちょっとした運動でも水分を大量に消費してしまい直射日光でも地味に体力が削られていくので運動強度が嫌でも上がってしまい効率が落ちます。

これがダイエットにおいて、特に有酸素運動においては非常に邪魔であり、欠点なのです。

しかし、冬場は寒さによって身体が凍えてしまうとそれだけ動かしにくくなり怪我のリスクが高まりますが、運動強度的なキツさは低減するので実は効率が上がるのです。

このような理由があるので肉体的には冬場の方が痩せやすくなります。

しかし、豪雪地帯のようなそもそも外に行くことが不可能という人はそれだけ身体を動かす機会が失われてしまうので、ダイエットどころか1日の消費カロリーが一気に低下してしまい太りやすくなってしまう人もいるのです。

環境によって大きな差が出てしまうけれど、冬は一応痩せやすいとだけ考えてください。

冬に太ってしまう原因


それではなぜ冬場は太ってしまうという意見が根強く残っているのかを考えて行きましょう。

最大の理由はそもそも寒すぎるとこたつの中でじっとしていたいという気持ちが強くなってしまい、春や秋と比べると圧倒的に運動量が減ってしまうからです。

また、秋を過ぎて冬のシーズンになると色々と旬な季節になってしまいおいしいものが揃ってしまうことで食欲が進んで食べ過ぎて太るというパターンもあります。

身体を動かすことが減って食べる量が増えたのでは無条件で太ってしまうのも当然です。

また、冬場は必ず厚着をする必要がありますので、体重や見た目が本当は変わっていなくても外見を見ると太ってみられるというパターンもあります。

こればかりはどうしようもありません。

冬のダイエットにおすすめの食事は?


冬場に推奨される食べ物は身体が温まる食べ物でしょう。

たとえば物理的に温めてくれるスープや鍋が一般的です。

これがダイエットに効果的なものとして考えると、しょうが・にんにく・ねぎ・唐辛子・レンコン・ごぼうなどが推奨されるようになります。

基礎代謝を向上してくれる作用がある食べ物も色々とありますが、その中でもローカロリーで糖質低めのものを選んでください。

たとえば、おでんなどもカロリー控えめのはんぺんや糸コンを頼むといった配慮が必要になります。

ホットミルクやホットヨーグルトといった普段は冷たい状態で摂取するものを温めるという考え方もいいでしょう。

特に、ホットミルクは睡眠の質を向上させてくれる作用があり、体力回復効果も上げてくれるのでかなりおすすめです。

スープは冬のダイエットにおすすめ?


野菜を大量に摂取することが栄養補給には役に立ちますが、いろんな種類を生で食べるのもキツイものがありますので、それこそ鍋やスープにしてしまうのが正解となります。

体を温める根菜類を大量に使ったスープはクックパッドにも紹介されていますので、それらを参考にするといいでしょう。




たとえば「根菜汁(https://cookpad.com/recipe/5273425)」もこのダイエットには使いやすい汁物となっております。

少しでもダイエット効率を上げたいという方は、汁物→野菜→肉や魚→炭水化物といった食べる順番ダイエットを実行するのも効果的です。

先に糖質が少なめで食物繊維が多いものから食べると太りにくくなりますので痩せやすい体になってくれます。

冬の筋トレは効果的?


冬の筋トレは効果的というよりは室内で実行できるのでやりやすい状況にあると言えます。

九州地方のような雪による影響が殆ど無いような地域ならば外での活動もそこまで阻害されないでしょうが、東北地方や北海道の方々は大量の雪が降ると外での活動がしにくくなって実行できるスポーツの種類も減ります。

この悪影響を減らすためにはやっぱり天候に関係ない室内の筋トレが一番なのです。

これならば毎日実行できます。

運動強度を落とすこともなく室内でしっかりと身体を鍛えることが間違いなくダイエット成功確率を高めてくれますので、ダンベルインナーマッスルを鍛えるためのゴムベルトなど安いものでもいいので購入して自宅で鍛えていきましょう。

冬におすすめの運動は?


あまりにも寒い空間でのトレーニングは血管の収縮によって臓器や身体全体に負担も増大するのでまずはストレッチを実施してください。

その後は室内でヨガやエアロバイクといった有酸素運動をするのも効果的です。エクササイズ系のDVDを見るのもありでしょう。

ホッカイロを使って外をランニングするのも有効になりますが、あまりにも寒い状況にあるという方は踏み台昇降運動といった室内で出来る有酸素運動を実行するようにしましょう。

ウインタースポーツが好きという方はアイススケートやスノーボードで楽しむのも有効です。

冬のダイエットにおすすめのレシピ3選

それでは最後にダイエットに役立つ冬向けのレシピを3つほど紹介いたします。

ここで登場するのは基本的に暖かい食べ物になります。

①麻婆納豆豆腐〜冬のダイエットに〜


(https://cookpad.com/recipe/3500265)

豆板醤のような辛いものは身体を温める効果がありますし、ダイエットの味方である生姜や豆腐を摂取できるのも非常に魅力的なレシピとなっております。

豆腐料理はダイエットの鉄板なので有効活用してください。

②のダイエットに、鶏ささみの焼きねぎ清汁


(https://cookpad.com/recipe/3474285)

冬場のダイエット料理として紹介されているものの一つで、良質なタンパク質を補給できるレシピとなっております。

筋トレをする人はタンパク質が必須となっておりますし、有酸素運動で筋肉が失われるのを防ぐのにも必要になるのでこれらの料理をうまく使ってください。

③超簡単ダイエット オニオンスープ粥


(https://cookpad.com/recipe/4276534)

これも身体が温まる部類の食べ物です。

玉ねぎとライスミルクとコンソメとフライドオニオンという非常に少ない食材から出来ているので、特に苦戦することなく作ることが出来ます。

冬のダイエットにおすすめの食事と運動!筋トレは効果的?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は冬のダイエットについて紹介いたしました。

冬場のダイエットも夏場のダイエットもどれだけ消費カロリーを稼げるのかで変わってきますが、夏場は運動強度が落ちやすいという欠点があり、冬場は血管の収縮によって身体全体に負担も増えてしまうという欠点もあるのでとりあえず実行できるだけの意志力が必要になります。

体質的には冬の方が痩せやすくなっているので、寒い環境下でも室内で身体を動かして痩せられるようになりましょう。