生姜ダイエットの効果とやり方【レンチン生姜】がおすすめ!

生姜ダイエットの効果とやり方【レンチン生姜】がおすすめ!



生姜ダイエットの口コミやレシピも!

冷え症の方の中では、生姜には体を温める効果があると言うのはよく知られたこと。

すりおろしたものを白湯や紅茶に入れて飲んだり、生姜を使った料理を作ったりと、毎日の生活に生姜を取り入れる工夫をしている人も多いと思います。

また、生姜にはダイエット効果もあると言われています。

女性にとって冷えとダイエットは言わば永遠のテーマと言えることですが、この2つを同時に解決することができるのなら、それはとてもありがたいことですよね。

そこで今回は、生姜ダイエットについて調べてみました。

生姜ダイエットやり方や、口コミ、お勧めのレシピなどをご紹介する他、巷で話題の「レンチン」生姜のことを掘り下げてみたいと思います。


Sponsored Link


生姜ダイエットとは?


生姜ダイエットとは、生姜を摂取するダイエットになります。

生姜は日本人にとって、とても親しみのある薬味と言えますが、実は昔から生薬の一つとして知られており、漢方薬にも配合されている成分。

そのため、効果や効能にもしっかりとした根拠があると言われています。

生姜ダイエットは、生姜だけを食べる置き換えダイエットではありません。

あくまでも食生活に生姜を取り入れるだけなので、誰でも気軽に行うことができます。

食事制限のように摂取カロリーを減らしたり、運動をして消費カロリーを増やすダイエット方法ではなく、根本の体質を変えることで痩せやすい体を作ることが目的となります。

 

生姜ダイエットの効果やメリット


生姜ダイエットのメリットは、生姜を食べるだけでOKという手軽さにあります。

ダイエットはしたいという気持ちがあっても、カロリー計算をして食事制限をするのが面倒だったり、運動が苦手だったりすると、重い腰が上がらないもの。

しかし、生姜ダイエットなら食事に生姜を加えるだけなので、誰でも簡単に行うことができます。

また、生姜ダイエットには次のような効果があると言われています。

①代謝を促進する

生姜は冷えの解消に摂取する人も多いですが、その理由には生姜に含まれるショウガオールという成分に血行を促進する働きがあるからです。

血液の流れがよくなると老廃物の排出が促されるので、代謝がアップして痩せやすい体を作ることができます。

②冷え症を改善する

血行が促進されることで、温かい血液が体の隅々に行き届くようになると、末端の冷えを解消することができます。

また、血液によって酸素や栄養が運ばれると、細胞が活性化し体温を上げて冷えを解消する効果も期待できます。

生姜ダイエットのやり方


生姜ダイエットのやり方はとても簡単で、生姜を摂るだけでOKです。

生姜だけを食べるわけではなく、料理などに生姜を加えて行います。

また、食事として生姜を摂る以外に、飲み物に入れて摂っても構いません。

なお、生姜ダイエットで一日に摂る生姜の量は10gまでが適量とされています。

ダイエット効果を高めたいと思って、一度にたくさんの量を摂ってしまうと胃腸を痛める原因となるので注意しましょう。

さらに、生姜による代謝や血行の促進は、加熱した生姜の方がより高くなります。

これは、生姜に含まれるシンゲロールという成分が、加熱することでショウガオールという成分に変化することで得られるためです。

様々な研究では、生のまま(シンゲロール)の状態で生姜を食べると、体の表面温度は上がるものの深部はむしろ下がってしまうため、ダイエットに不向きだということも言われています。

そのため、生姜ダイエットを行う時は必ず生姜を温めることが大切になります。

ダイエットにおすすめの「レンチン生姜」の作り方


生姜は生のままより加熱した方がダイエット効果が高まることから、料理に加えて加熱調理するのがよいのですが、もう少し手間なくショウガオールを摂りたいという方もいらっしゃいますよね。


Sponsored Link


そのような場合にお勧めなのが、レンチン生姜です。

レンチンとはその名の通りレンジでチンしたものを指すため、ここではレンジで加熱した生姜になります。

生姜はまるごとを加熱して、その後に使いやすいようにカットしても構いませんが、あらかじめスライスしたものやすりおろしたものを使うとよいでしょう。

深めの耐熱容器などに生姜(細かく刻んでも、スライスでも、すりおろしでもOKです)を入れ、浸る程度に水を入れて500wで4分、もしくは750wで3分加熱します。

水を加えないでレンジで加熱すると、焦げたり発火する可能性があるので気を付けましょう。

ちなみに、生姜チューブを使ってもよいので、生の生姜が手に入らない時は手軽にチューブのものを利用してみましょう。

生姜ダイエットのポイント


生姜に含まれるショウガオールの働きは、摂取から3時間程度と言われています。

そのため、一度の食事でたくさん生姜を摂るよりも、こまめに生姜を摂った方が体を温める効果が持続し、ダイエットにより有効と言えるでしょう。

このことを踏まえた上で、生姜ダイエットの効果を高めるためには、3時間おきに生姜を摂る方法がベストと言えます。

生姜ダイエットで痩せた口コミや体験談


・手軽に生姜ダイエットをやりたいという理由で、生姜紅茶を毎日飲んでいます。正直なところ、生姜を入れた紅茶を飲んでいるだけなので、そこまで効果は期待していなかったのですが、1ヶ月で2㎏痩せました。生姜紅茶を飲む以外にも夕食は炭水化物を控えたりと多少他のことも意識しています。

・生姜を摂るようになってから体温が上がり、あまり汗をかかない体質だったのが汗をかくようになりました。そのおかげなのか2週間で2㎏痩せました。

・母が生姜紅茶を飲んで10㎏痩せたのを間近で見ていたので、自分も激太りをしてしまった時に真っ先に生姜紅茶を試しました。最終的には1年半で13㎏ほど痩せることができ、見事激太りを克服し、その後リバウンドもありません。

・すりおろした生姜を飲み物に加えて食べていただけで、一ヵ月で3㎏痩せました。それ以外は何もしていなかったので生姜のおかげだと確信しています。

・生姜を意識して摂るようになってからトイレの回数が増え、むくみや冷えが改善されました。

生姜ダイエットにおすすめのレシピ!

レンチンした生姜を使って簡単にできる、美味しくてしかもダイエットにお勧めのメニューをご紹介したいと思います。

生姜ココアにもおススメ温生姜の作り方


皮ごとすりおろした生姜をシリコンスチーマーに入れ、蓋をして500wで4分加熱します。

冷ましたら容器に入れ、冷蔵保存します。

カップに小さじ一杯の純ココアと山盛り一杯のすりおろし生姜を入れ、お湯を注ぐと生姜ココアの出来上がりです。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/4197720

電子レンジで生姜入りコンソメスープ


スライスした玉ねぎをカップに入れ、オリーブオイルを入れてかき混ぜます。

ラップをして1分ほど加熱したら、そこに生姜と人参を入れてさらに1分加熱し、水、コンソメの素を入れて1分半加熱した後、塩で味を調節して完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/1111598

電子レンジで生姜みるくぷりん


すりおろした生姜と牛乳をカップに入れて、電子レンジで加熱します。

温めた後は混ぜずにそのまま放置しておきます。

すると、自然に固まりプリンのような食感になるので、それで完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/719273

生姜ダイエットの効果とやり方【レンチン生姜】がおすすめ!のまとめ

生姜ダイエットのポイントは、生姜を温めて使うことと3時間おきに摂取すること。

この2つを守ることで、生姜に含まれるショウガオールをしっかりと摂取でき、ダイエット効果を高めることができます。


Sponsored Link