豆乳ダイエットのやり方【飲む時期やタイミングと量】と効果!

豆乳ダイエットのやり方【飲む時期やタイミングと量】と効果!



豆乳ダイエットの効果と口コミや評判も!

ダイエット中、食べ物のことは気にしても、以外と飲み物のことは気にしないという方が多くいますが、せっかく食事制限でカロリーを抑えても、高カロリーの飲み物を摂っていたら意味がありません。

また、食事制限によるダイエットは、「何よりも食べることが大好き」な人にとって、食べたい物を食べられないため大きなストレスになりがちです。

そのような方にお勧めしたいのが、豆乳ダイエットです。

豆乳は健康や美容によい飲み物として女性の間ではすでに人気となっていますが、実はダイエットにも有効と言われています。

そこで今回は、豆乳ダイエットについて調べてみました。

豆乳ダイエットやり方効果はもちろんのこと、ダイエットによい飲む時期やタイミング、気になる口コミなどをご紹介したいと思います。


Sponsored Link


豆乳ダイエットとは?


豆乳ダイエットとは、豆乳を摂取するダイエット方法になります。

豆乳だけを摂るいわゆる置き換えダイエット方法ではなく、食事の前に豆乳を摂るだけでOKなので、食事制限が苦手な方でも行いやすい方法と言えるでしょう。

豆乳は近年、女性に嬉しい成分が多く含まれているということで、とても注目されている飲み物。

美容や健康維持のために豆乳を飲んでいる、という方も少なくありません。

それが、食前に飲むだけでダイエットにも役立つと言われたら、一石三鳥とも言える優れた飲み物と言えますよね。

 

豆乳ダイエットの効果やメリット


豆乳ダイエットは、食事の前に豆乳を飲むことで水分が溜まり、食事の量を自然と減らせる効果が期待できますが、効果やメリットはそれだけではありません。

その理由には、豆乳に含まれる成分が関係しています。

①便秘解消効果

豆乳には食物繊維の他、腸内の善玉菌のエサとなるオリゴ糖が含まれているため、腸の調子を整えてお通じの改善に期待ができると言われています。

②むくみ解消

豆乳には、体内の余分な水分を排出する作用に優れたカリウムが多く含まれています。

③コレステロールを減らす

豆乳に含まれる大豆サポニンには、血中の悪玉コレステロールを減らし、血行を促進する効果があると言われています。

また、満腹中枢を刺激して、食欲を抑える働きもあると言われています。

ダイエットに効果的な豆乳を選ぶポイント


豆乳と一口に言っても、スーパーなどに行くといくつか種類があるため、どれを選んでいいのか迷ってしまう場合もあると思います。

ダイエットとして豆乳を摂るなら、一番のお勧めは「無調整豆乳」になります。

無調整豆乳はその名の通り、何も調整していない豆乳です。

砂糖や塩を入れて味を調えていないのでカロリーが低いのですが、大豆の風味がダイレクトに味わえるものとなっています。

この他に豆乳には「調整豆乳」と「豆乳飲料」がありますが、無調整豆乳に比べて飲みやすい分、砂糖や塩を使っているためカロリーが高くなってしまいます。

そのため、ダイエットで豆乳を飲む場合には、無調整豆乳を選ぶのがよいでしょう。

豆乳ダイエットのやり方


どうせダイエットを行うなら、少しでも効率よく、心身に負担の少ない状態で行いたいものですよね。

そこでここでは、豆乳ダイエットのやり方や飲む時期、タイミングなどをご紹介したいと思います。

豆乳ダイエットの基本的なやり方

豆乳ダイエットは、豆乳を飲んで行います。

また、食事の前に適量を飲むことが基本的なやり方となります。

豆乳を飲む時期は?

生理開始7日前から生理日までの期間に豆乳を飲むと、ダイエット効果が出やすくなります。


Sponsored Link


この時期、体内ではプロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が増えるため、水分や脂肪を溜め込みやすくなっていますが、豆乳に含まれる大豆イソフラボンに、もう一つの女性訪問であるエストロゲンに似た働きがあるため、プロゲステロンの作用を抑制し、むくみを解消したり食べた物を脂肪として溜め込みにくくする効果が期待できるからです。

豆乳を飲むタイミングは?

食事の30分前に豆乳を飲むと、食事時にお腹が膨れて食べる量を自然と抑えることができます。

また、それ以外であれば間食を豆乳に置き換えてもOKです。

飲む量はどれぐらいがベスト?

一日に200mlが目安です。

豆乳もカロリーがあるので、摂り過ぎはカロリーの摂り過ぎに繋がってしまいます。

更に効果を高める豆乳ダイエットのやり方


豆乳が苦手な方は、他の食材と組み合わせることで飲みやすさがアップします。

また、選ぶ食材によってはダイエット効果についても相乗作用が期待できるものもあるため、ここでは一部をご紹介したいと思います。

きな粉豆乳ダイエットのやり方

きな粉も豆乳も大豆が原料の食材のため、一緒に摂ることでさらにダイエット効果を高めることができると言われています。

きな粉は溶けにくいため、しっかりとよくかき混ぜて飲むようにしましょう。

バナナ豆乳ダイエットのやり方

バナナは食物繊維を含み、お通じの改善効果が期待できます。

また、適度に甘味もあるので、豆乳の味が苦手で飲みづらく感じている人には特にお勧めでしょう。

バナナと豆乳をミキサーに入れ、よく攪拌すると飲みやすくなります。

ココア豆乳ダイエットのやり方

ココアの原料であるカカオ豆には、抗酸化作用に優れたポリフェノールが多く含まれています。

抗酸化作用とは、体の老化の原因の一つと言われている活性酸素を除去する働きをするもので、細胞を活性化し血行や代謝を促進すると言われています。

また、ココアに含まれるカフェインやクロロゲン酸には、脂肪燃焼作用があると言われています。

豆乳ダイエットの注意点


豆乳ダイエットを行う際、注意して頂きたいのが摂取量です。

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、適量を飲む分には上記のような効果が期待できると言われていますが、多く摂り過ぎてしまうとホルモンバランスを崩してします可能性があると言われています。

豆乳ダイエットを始めて、生理の量が増えた、減ったなどの変化があった場合や体調不良になった時は、すみやかに豆乳ダイエットを中止するようにして下さい。

なお、豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、豆乳以外の大豆製品にも含まれていますので、それらの製品も合わせて摂り過ぎには注意をするようにして下さい。

豆乳ダイエットの口コミや評判は?


・豆乳の味がどうしても苦手なので、バナナ+調整豆乳で行っていますが、それでも効果が出ています。また、生理開始7日前から生理日までという期間限定なので頑張れます。

・豆乳ダイエットを始めたら、すぐにむくみが取れ、太ももや腰回りがスッキリしました。

・他のダイエットをしていたところ停滞期になり、さらに生理前なので太りやすくなっているのかなと思い、豆乳ダイエットを行ってみたところ、体重がスルスルと落ちてびっくりしました。

・社会人になり、付き合いで飲むことが増えたためか、一年でかなり体重が増えてしまいました。何とか解消しようとダイエット方法を探していたところに豆乳ダイエットを知り、豆乳なら好きだから続けられそうと思って始めました。一年で10㎏痩せました!

豆乳ダイエットのやり方【飲む時期やタイミングと量】と効果!のまとめ

豆乳ダイエットのコツは、生理開始7日前から生理日までに行うこと、そして食事の前に豆乳を飲むことです。

また、豆乳を選ぶ時はカロリーが少ない無調整豆乳を選ぶことも大切です。

豆乳の味が苦手な場合は、バナナなど味を変えられる食材を利用して、できるだけ苦手意識の少ない状態で行うのがよいでしょう。


Sponsored Link