野菜スープダイエットのやり方やルールと効果!痩せた口コミは?


Sponsored Link


野菜スープダイエットの効果的なやり方やおすすめのレシピ!

ダイエットに必要なのは摂取カロリーを抑えること。

しかし、毎食カロリーを考えてメニューを作るのは、仕事や家事、育児に追われている女性にとっては面倒ですよね。

そんな時にお勧めなのが野菜スープです。

野菜スープなら、カロリーを細かく計算しなくても低カロリーの食事を行うことができます。

そんな野菜スープを使った、野菜スープダイエットというダイエット方法もあるくらいです。

そこで今回は、手軽にカロリーを抑えることができる、野菜スープダイエットについて調べてみました。

野菜スープダイエットやり方効果ルール、気になる口コミやお勧めのレシピをご紹介したいと思います。


Sponsored Link


野菜スープダイエットとは?


野菜スープダイエットとは、野菜スープを飲むダイエット方法になります。

似たようなダイエット方法に、脂肪燃焼スープダイエットがありますが、こちらはダイエット期間中に食べることができる献立があらかじめ決まっており、摂取カロリーを極端に抑えることで一週間で8㎏減も夢ではないと言われているダイエット方法になります。

短期間で激変したい、どうしても体重を大幅に落としたいという方にはよいですが、効果が高い反面、決まった物しか食べられないストレスが強く、挫折してしまう人も多いと言われています。

一方の野菜スープダイエットは、そのようなダイエット方法ではありません。

やり方は個人に合わせて幅広く選ぶことができます。

 

野菜スープダイエットの効果やメリット

①脂肪燃焼を促す

野菜スープダイエットに使用される野菜には、ビタミンやミネラルなど脂肪燃焼を促進する働きのあるものが含まれていることから、摂取することで代謝のよい体を作ることができます。

②便秘の解消

野菜には食物繊維が多く含まれており、腸内環境を整えてお通じの改善効果が期待できます。

③体を温める

女性に多い冷え症は、体の末端まで血液が流れにくくなるため代謝が落ちたり、老廃物の排出が滞ってむくみが生じやすくなるなど、ダイエットによくない状態を引き起こしやすくなります。

野菜スープは温かい食べ物なので、摂ることで体を温め、冷えやむくみの改善に繋がると言われています。

この他に、野菜スープの材料である野菜は低カロリーであるため、お腹がいっぱいになるまで食べても摂取カロリーを抑えることができたり、一度にたくさんの量を作ることができるので、食事のたびに用意をする手間が省けるなど、手軽にダイエットが行えることがメリットと言えるでしょう。

ダイエットに効果的な野菜スープの作り方


野菜と一口に言ってもその種類は多岐に渡るため、その中からよりダイエットに適した物を選ぶのがよいでしょう。

ダイエットに効果的な野菜スープを作る時には、

・トマト

・セロリ

・キャベツ

・にんじん

・ピーマン

・たまねぎ

を使うのがお勧めです。

これらの野菜はカロリーが低い上に脂肪燃焼作用が高いと言われています。

これとは逆に、じゃがいもやかぼちゃ、とうもろこしなどの野菜は糖質を多く含み、カロリーも高めになっています。

ダイエットには不向きと言えるため、できるだけ避けるようにした方がよいでしょう。

後は、水とお好みのダシ(ブイヨンやコンソメスープの素など)で野菜を煮込むだけでOKです。

野菜スープダイエットのやり方!


野菜スープダイエットのやり方には、主に次の3つがあります。

①一日一食を野菜スープに置き換える

朝食、昼食、夕食のうちのどれか一食を野菜スープのみにします。

置き換えのタイミングについては時に決まっていませんが、お勧めは夕食です。

夕食後はカロリーの消費が乏しいため、低カロリーの野菜スープに置き換えることでダイエット効果がアップします。

②食事の最初に野菜スープを食べる

野菜スープ→お肉やお魚などのたんぱく質→ご飯やパンなどの炭水化物の順で食事をすると、血糖値が上がりにくくなり食べた物が脂肪として蓄積しにくくなると言われています。


Sponsored Link


また、野菜スープは水分が多いので最初に食べることでお腹がある程度膨れ、その後の食事を無理なくセーブすることができます。

③間食に野菜スープを食べる

どうしてもおやつを食べたいと思った時、間食の代わりとしてカロリーの低い野菜スープを飲む方法です。

脂肪燃焼スープダイエットの5つのルール


比較的やり方が緩い野菜スープダイエットではなく、もう少し無理をしてでも早く結果を出すために脂肪燃焼スープダイエットに挑戦してみたいという方のために、ここでは脂肪燃焼スープダイエットのルールについてご紹介したいと思います。

脂肪燃焼スープの作り方については、上記の野菜スープの作り方を参考にして下さい。

また、一週間の献立については別記事を参考して下さい。

①ダイエット開始の前日は24時間前からアルコールを禁止して下さい。

アルコールを飲んでしまった時は、24時間以上経過してからダイエットを始めます。

②小麦製品、砂糖、甘味料の摂取はNGです。

③飲み物は水、お茶、ブラックコーヒー、100%ジュースのみです。

④夕食を食べる時は、最初に1皿以上スープを摂るようにしましょう。

⑤スープの量は減らさず、お腹いっぱいになるため食べて下さい。

野菜スープダイエットの口コミや体験談


・最初は脂肪燃焼スープダイエットを始めたのですが、空腹感が強かったので止め、夕食のみ野菜スープに置き換える方法で行いました。昼食は好きなものを食べ、おやつも15時まではよしとして気軽に続けましたが、3ヶ月で15㎏の減量に成功しました。

・朝食、昼食はこれまで通りのメニューを食べ、夕食のみ野菜スープに置き換えています。脂肪燃焼スープダイエットよりもかなり緩い感じですが、5㎏痩せました。私の場合は野菜だけではどうしても物足りないので、鶏肉や豆類をプラスすることもあるのですが、それでもしっかりと結果が出て満足です。

野菜スープダイエットにおすすめのレシピ3選

いくら野菜スープが低カロリーだとしても、毎食同じスープではどうしても味に飽きてしまいますよね。

そこでここでは、野菜スープダイエットにお勧めのレシピをご紹介したいと思います。

ヘルシーきのこの生姜スープ


しめじ、えのきだけの石づきをカットし、食べやすい大きさに割いておきます。

鍋にごま油を入れ、千切りにした生姜を炒め、さらにきのこ類を炒め、水、鶏ガラスープの素を入れて煮込み、きのこに火が通ったらオイスターソース、塩、こしょうで味を調え、お好みでお酢を入れて完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/1935570

ふわポカ♪簡単キムチと豆腐のスープ


水、鶏ガラスープの素、醤油を鍋に入れに立たせておきます。

そこに、キムチ、賽の目にカットした豆腐、石づきを取って割いたしめじを入れ、火を通します。

具材に火が通ったら一旦火を止め、水溶き片栗粉を入れて混ぜ、再度火を付けて溶き卵を入れ卵が浮いてきたら完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/3720729

れんこんのカレースープ


鍋に油を入れ、小さめのいちょう切りにカットしたれんこんとにんじん、1㎝角の玉ねぎ、カレー粉を入れて炒め、水とコンソメ、輪切りにしたウィンナーを入れてアクをとり、最後に小分けにして固ゆでしておいたブロッコリーを入れて軽く煮て完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/4515529

野菜スープダイエットのやり方やルールと効果!痩せた口コミは?のまとめ

野菜スープダイエットは、脂肪燃焼スープダイエットよりもルールの設定が細かくなく、一日一食のみの置き換え、もしくは食事の最初に野菜スープを食べるだけでOKなので、空腹によるストレスも少ないので気軽に続けることができるダイエットです。

味付けを工夫することで食べ飽きも防ぐことができるので、自分好みのスープでダイエットに励んでみましょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)