バランスボールダイエットでキレイに「くびれ」を作る方法!


Sponsored Link


【お腹痩せ・下半身痩せ・脚痩せ】に効果のあるバランスボールダイエットのやり方と口コミ!

ホームセンターなどで手軽に購入することができるバランスボールは、値段も手ごろのため「今度こそちゃんとダイエットしなきゃ」と思っている人にとって、購入しやすいダイエットグッズと言えますよね。

しかし、買ったばかりは毎日行っていたものの、そのうち面倒になってやらなくなってしまう人が多いのではないでしょうか。

今、この記事を読んで下さっている人の中も、自宅の物置にバランスボールが眠っているという人がいるかも知れませんね。

今日は、そんな手つかずのバランスボールを思わず物置から引っ張り出して来たくなるような、バランスボールダイエットについて調べてみました。

バランスボールは、くびれを作るお腹痩せ以外にも、脚痩せや下半身痩せも可能な、実はすごいダイエット器具なのです。

ここでは、バランスボールダイエットのやり方や、気になる口コミなどをご紹介します。


Sponsored Link


バランスボールダイエットって何?キレイな「くびれ」を作れるの?


バランスボールダイエットとは、バランスボールを使ったダイエット方法になります。

バランスボールは、その名の通りボール状のダイエット器具。

元々は怪我のリハビリに用いられていたトレーニンググッズで、上に乗って両足を床から離すことで体幹を鍛えることができるものです。

バランスボールはボールなので、当然ながら床との接地面が不安定になり、継続して乗り続ける(まして両足を離して)のは困難と言えるでしょう。

そのため、体が落ちないように前後左右に腰を中心に動かしてバランスを保とうとします。

そして、この動きこそが、脇腹を刺激してくびれを作ってくれるのです。

 

バランスボールダイエットの効果とメリット!


バランスボールに乗り続けるためには、筋肉がとても重要です。

前後左右に不安定な動きをするボールの上で、同じ体勢をとり続けるには筋肉で体を支える必要があるからです。

この時、よりよく使われるのがお腹の筋肉なのですが、お腹の筋肉と一口に言っても正面についている腹直筋を始め、横にある腹横筋や腹斜筋などがあり、一般的に言われている腹筋のトレーニングでは腹直筋を鍛えることになります。

しかし、ウエストにくびれを作るのは腹斜筋など脇腹についた筋肉を鍛える必要があるため、通常の腹筋のトレーニングでは思うようにくびれを作ることができません。

それがバランスボールならお腹周りの筋肉を一度に鍛えることができるため、ぽっこりお腹の解消はもちろんのこと、くびれも作ることができるのです。

また、バランスボールは筋トレだけではなく有酸素運動の側面も持っていることから、脂肪燃焼効果も期待できると言われています。

バランスボールダイエットの基本的なやり方


バランスボールを使ったトレーニング方法は数多くありますが、基本となるのは床に置いたボールに椅子のように座るものになります。

一見簡単そうに見えますが、ボールに座るため体が安定せず、前後左右に振られて落ちてしまうこともあります。

バランスボールに座ったことがないという人は、片面を壁などに押し付け、ある程度安定した状態から始めるのがよいかも知れません。

また、座ったらそれで終わりではなく、そこから両足を離す必要があります。

足を離す際も壁に手をつくなどして、ひっくり返ったりしないように注意して下さい。

部位別バランスボールダイエットのやり方

バランスボールに乗るだけで、体幹を鍛えることができ、ダイエット効果が期待できますが、ここではより具体的に鍛えたい部位別のバランスボールダイエットのやり方をご紹介したいと思います。


Sponsored Link


お腹の引き締め

①両足を肩幅より少し広めに開き、バランスボールの上であおむけになります。

②両手を伸ばし、膝の真下にかかとが来るようにします。

③息を吸いながら両手を床の方に伸ばしながら下ろします。

④次に息を吐きながらお腹を丸め、上体を起こします。

⑤同様の動きを15回ほど行いますしょう。

下半身痩せ

①バランスボールに座った状態から足を前に出し、背中でボールを抑えます。

②両足は90度にして少し開きます。

③お尻の力を緩めた状態から、上に持ち上げるようにしてお尻や太ももに力を入れましょう。

脚痩せ

①体と壁の間にバランスボールを挟み、片足を90度に曲げましょう。

②曲げた足を前に伸ばし、そのまま3秒キープします。

③10回行い、反対側も同様に行い、3回繰り返しましょう。

腹筋も鍛えられるバランスボールダイエットのやり方

①床に仰向けになって寝そべり、ふくらはぎと床の間にバランスボールを挟みます。この時、膝は曲げた状態にします。

②両手を太ももに置いて、息を吸って吐きながら、両手に置いた手を膝の方へ滑らせながら上体を起こします。

③次に、息を吸いながら上体を元に戻します。この時、背中が床につかないようにして浮かせてください。

④②~③の動きを繰り返します。

バランスボールダイエットの注意点やポイント!選び方は?


バランスボールは一種類ではなく、大きさによって分かれています。

そのため、自分の体に合わせたものを選ぶのがよいと言われています。

バランスボールの大きさは3種類があり、それぞれ直径55㎝、65㎝、75㎝となっています。

直径55㎝のバランスボールであれば、身長が150~165㎝の人、直径65㎝のバランスボールなら身長は165~185㎝、直径75㎝のバランスボールは身長が185㎝以上の人となっています。

また、バランスボールを使用している時に破裂したらどうしよう、と心配になる方もいますよね。

そのような場合は、アンチバースト、ノーバーストと記載されているものを選ぶとよいでしょう。

これらは耐久性に優れ、破裂しづらい素材で作られているものとなっていますので安心です。

バランスボールダイエットの口コミや体験談


・バランスボールをパソコンを使用する時の椅子代わりにして使っていたところ、一週間で1㎏痩せました。今までいろいろなダイエットをしても痩せなかったのに、こんなに簡単に成果として現れたことにびっくりしています。

・バランスボールに座りながら、子ども抱っこしたりあやしたりしています。体重が落ちたわけじゃないですが、腰回りのぜい肉は確実に落ちていると思います。

・気が向いた時にやっているだけですが、体のラインが変わってきた気がします。

・体重が減ると言うよりは、体を美しくするためのトレーニング方法だと思います。バランスボールを始めてからあちこち気になっていた部分が引き締まりました。また、腸をねじったりして刺激になるのか、お通じがよくなったのも嬉しいです。

・在宅で仕事をしているので、仕事中は常にバランスボールに座っていました。緊張しながら座っているせいか、思っていた以上にカロリーが消費されたようで、半年で5㎏のダイエットに成功しました。

バランスボールダイエットでキレイに「くびれ」を作る方法!のまとめ

バランスボールダイエットは、上に乗るだけでも効果がありますが、使い方次第では様々な部位の筋肉を鍛えることができるエクササイズ器具です。

まずは座って足を離すところから始め、慣れてきたら色々なトレーニング方法を試してみましょう。

体重の変化の有無に関わらず、きちんとトレーニングした方の多くは体が引き締まっていくのを感じているようです。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)