コーヒーダイエットの効果のあるやり方と飲むタイミングや口コミ!


Sponsored Link


缶コーヒーやインスタントコーヒーでもダイエットできるの?

ほっと一息つきたい時や、友達とカフェでのんびりと話をしている時など、ついコーヒーを飲んでしまうという方は多いと思います。

最近はコンビニでも手軽に本格的なコーヒーが飲めるようになり、今後ますますコーヒー市場は活性化していくものと思われますが、嗜好品としてのコーヒーとはまた別にその追い風となるのでは?と言われているのが、コーヒーによるダイエット効果です。

コーヒーを飲んでダイエットができるなんて、コーヒー好きからすると何とも喜ばしいことですが、どうしてコーヒーを飲んでダイエットが可能なのでしょうか。

そこで今回は、コーヒーダイエットについて調べてみました。

コーヒーダイエットやり方効果はもちろんのこと、ダイエット効果を高めるコーヒーを飲むタイミングや、実際にコーヒーダイエットを行った方の経験談などをご紹介したいと思います。


Sponsored Link


コーヒーダイエットとは?


コーヒーダイエットとは、コーヒーを飲むだけのダイエット方法になります。

コーヒー好きで普段からよくコーヒーを飲んでいる、という方も多いと思いますが、もしかしたらそれは知らず知らずにうちにダイエットを行っていた可能性があります。

また、コーヒーはそれほど好きじゃないけど、ダイエット効果が期待できるならこれからは意識して飲んでみようかなと思う方もいるかも知れませんね。

コーヒーダイエットをより具体的に説明すると、コーヒーに含まれる成分にダイエット効果があります。

コーヒーに含まれる成分として有名なのは、カフェインですよね。

さらにこの他に、クロロゲン酸という成分もダイエットによいとしてよく知られているものですが、コーヒーにはそのどちらも含まれています。

 

コーヒーダイエットの効果やメリット


では、コーヒーを飲むだけでどうしてダイエットによいのでしょうか。

ここではその効果やメリットをご紹介したいと思います。

①脂肪を分解する

コーヒーに含まれるカフェインには、リパーゼという消化酵素の働きを活発にする作用があります。

リパーゼは脂肪の分解を行う酵素のため、摂ることで脂肪の分解が進み燃焼しやすい状態になると言われています。

また、クロロゲン酸はポリフェノールの一種ですが、こちらにも脂肪を分解して体脂肪として溜まるのを防ぐ働きがあります。

②血行を促進する

カフェインには血液の流れを促す働きもあるため、血行がよくなることで全身に酸素や栄養がいき渡りやすくなり、新陳代謝が活発になって痩せやすい体を作ることができると言われています。

③老廃物の排出を促す

カフェインには利尿作用があり、体の余分な水分や老廃物を排出することで、むくみを解消したり、老廃物と脂肪が結合してできるセルライトを予防することができると言われています。

④便秘解消

カフェインには腸のぜん動運動を活発にする働きもあり、腸に溜まった便が出やすくなる効果があると言われています。

⑤リラックス効果

コーヒーの香りを嗅ぐとよくリラックスすると言いますが、これは感覚的なことではなく、実際に脳からリラックスしている時に出やすいα-波が出ていることが研究でわかっています。

ダイエットはとかくストレスに晒されやすい状況になりますが、コーヒーダイエットではコーヒーの香りを嗅ぐこと自体が癒しとなり、ダイエット中に起こりがちなストレスによる暴飲暴食などを予防できると言われています。

コーヒーダイエットのやり方や飲み方


コーヒーダイエットは、とにかくコーヒーを飲めばいいと言うわけではありません。

ダイエットとして行うには、それなりのやり方や飲み方があります。

そこでここでは、コーヒーダイエットの詳しいやり方や飲み方についてご紹介します。

①80度のお湯で淹れるのがよい

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は熱いため、沸騰したお湯でコーヒーを作るとせっかくの成分を失うことになってしまいます。


Sponsored Link


そのため、コーヒーを淹れる際には80度くらいのお湯を使うようにしましょう。

②ホットコーヒーで飲みましょう

暑い夏などは特にアイスコーヒーが飲みたくなりますが、カフェインやクロロゲン酸の体内での吸収はホットの方が高くなります。

また、温かいものを飲んだ方が体が冷えずに代謝を上げることができます。

③できればブラックで飲みましょう

ダイエットなのでできれば糖質や脂質を摂るのは控えたいところ。

ブラックコーヒーであれば0㎉なので問題ありませんが、ミルクや砂糖を入れないと飲めないという方は量をできるだけ減らして飲むようにしましょう。

ダイエットに効果のあるコーヒーを飲むタイミング!食後でもOK?


コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸には、脂肪を分解したり、食べた物を脂肪になりにくくする効果があるため、摂取するタイミングとして最もよいのは食後と言われています。

また、運動を行う方は運動の30分前に飲むのもお勧めです。

なぜなら、コーヒーを飲んで脂肪が分解されやすい状態で運動を行うことで、脂肪の燃焼効率が上がるからです。

このようなことから、普段自宅でコーヒーを飲む時は食後、ジムやジョギングなどを行う時は運動前に飲むようにするとよいでしょう。

コーヒーダイエットの注意点


コーヒーは適度に飲むとダイエットに効果を発揮してくれますが、摂り過ぎると頭痛やイライラ、腹痛などを起こすことがあります。

カフェインの一日の摂取量は300~350mlが上限と言われており、これはコーヒー2~3杯程度になります。

そのため、いくらダイエットによいからといって、たくさん飲むのは止め、多くても3杯までに留めるようにして下さい。

また、コーヒーに含まれるクロロゲン酸には胃酸の分泌を活発にする働きがあることから、空腹時にコーヒーを飲むと胃に痛みを感じる場合があります。

コーヒーは胃に食べ物が入っている状態の時に飲むようにしましょう。

缶コーヒーやインスタントコーヒーでもダイエットはOK?


コーヒーダイエットを行う場合、最も効果が高いのはドリップコーヒーになります。

なぜなら、ドリップコーヒーには多くのカフェインとクロロゲン酸が含まれているからです。

しかし、コーヒーメーカーがない方や毎日ドリップする時間がないという方もいますよね。

そのような時はインスタントコーヒーを利用しても構いません。

ドリップコーヒーよりもカフェインやクロロゲン酸の量は少ないものの、インスタントコーヒーでもコーヒーダイエットを行うことはできます。

また、インスタントコーヒーよりもさらに手軽な缶コーヒーも、カフェインが含まれているのでコーヒーダイエットを行うことができます。

ただし、缶コーヒーには砂糖やミルクがあらかじめ含まれているものもあるため、できるだけブラックを選ぶようにしましょう。

コーヒーダイエットの口コミや体験談


・コーヒーダイエットで2ヶ月で4kgほど痩せました。コーヒーを飲んでから運動をしましたが、ハードな運動ではなく軽いものです。これなら気軽に続けられるなと思いました。

・毎日ウォーキングをする前にブラックコーヒーを飲んでいます。コーヒーを飲んでから歩くと凄く汗が出るからか、1ヶ月で5kg痩せました。

・今まで色々ダイエットをしてきましたが、これと言って効果がなく。なのでコーヒーダイエットも始める前はそれほど期待していなかったのですが、3週間で2kgも体重が減ったので驚いています。

コーヒーダイエットの効果のあるやり方と飲むタイミングや口コミ!のまとめ

コーヒーダイエットの成功のコツは、コーヒーを飲んで運動することと、食後にブラックコーヒーを飲むことです。

甘いコーヒーを飲んでもダイエットにならないので、コーヒーの種類や飲むタイミングに注意して行うようにしましょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)