エリンギダイエットのカロリーと効果!方法やレシピは?

エリンギダイエットのカロリーと効果!方法やレシピは?



エリンギダイエットの注意点と正しいやり方!口コミは?

エリンギは低カロリー低糖質でダイエットにも有効活用できる食品です。

今回はこのエリンギにより注目して、カロリーや糖質量、ダイエット効果や具体的な活用方法及びレシピについて記載して参ります。

なんとなくダイエットには使えるという紹介のされ方は多いのですが、具体的にエリンギにはどのようなダイエット向けのプラス効果があるのでしょうか。




エリンギダイエットとは?


エリンギダイエットとは置き換え系のダイエットではなく、食事の中にエリンギを取り入れるタイプのダイエットです。

つまり、毎日何らかの方法でエリンギを食べ続けるスタイルが重要になります。

エリンギは独特な味や匂いがないので非常に食べやすく、子供でも比較的食べられるキノコ類なのでダイエットを特別に意識していない母親の方々も良く用いている食べ物と言えるでしょう。

しかし、毎日の食卓で登場するかと言われるとそこまで頻繁に登場することは少ないので、ある程度は意識して摂取する必要があります。

エリンギは1990年代から栽培されたかなり新しいキノコ類ですが、食べやすいと言うことが評判となっており、生産量がジワジワと国内でも増えているので購入しやすくなっています。

ダイエットのしやすさはダイエットに使う物が調達しやすいかどうかも関わってくるので、使いやすい部類に入るエリンギはダイエット向きと言えるでしょう。

後は後述する効果がどの程度の物なのかを見極める必要があります。

エリンギダイエットの効果【カロリーは?】


エリンギのカロリーや糖質は100gで考えると、約24kcalと3gとなります。

基本的にキノコ類はカロリーも糖質も少なめなので、この値は納得でしょう。

ちなみに、椎茸やシメジのカロリーは18kcal程度で、糖質は1.4gと1.1gとなっています。

舞茸は実は糖質0gとのことなので、キノコ類というくくりで考えるとカロリーも糖質も多いという扱いになりますが、食べ物全体で考えると十分に低いです。

ダイエット効果は「キノコキトサン」と「カリウム」と「食物繊維」によるところが大きいでしょう。

キノコキトサンは脂肪吸収抑制作用脂肪分解作用がありますので、キノコ類はダイエットの時に役立つというのはこの成分からきています。

とくに、エリンギはキノコキトサンを含んでいる量が多いキノコと言われておりますので、ダイエットに推奨されることが多いのです。

カリウムは余分な水分は排出を促す作用がありますし、食物繊維はお腹の中で膨らむ作用と整腸作用がありますので、食い過ぎ防止と便秘解消作用があると言われております。

エリンギダイエットの方法


エリンギダイエットのやり方は1日で三本分、およそ120g摂取するというものです。

食べ方の指定はありませんが、可能ならば素焼きや網焼きの方が良いでしょう。

味がないと感じて様々な調理法を試した結果、高カロリー高糖質になってしまうというパターンも多いので、可能であれば素焼きや網焼きのエリンギを食べてください。

おかずにする場合は醤油や少量の香辛料を使って食べると良いでしょう。

油を必要としない調理法でシンプルに焼いてしまう方が低カロリー低糖質になりますので、あくまでもダイエット目的で食べていると言うことを忘れないでください。

他には、お肉と一緒に炒めるというやり方もあります。

お肉とエリンギを一緒に炒めると、お肉を柔らかくする成分の「エンドペプチターゼ」が作用するようになって、お肉が非常に柔らかく、美味しく仕上がります。

ダイエット目的ならば、お肉の量を減らすためにもエリンギたっぷりの調理が推奨されます。

これだけでは摂取カロリーも糖質摂取量も制限とはなりませんので、できる限り効率的に痩せたいという人は消費カロリーや脂肪燃焼を促すために運動をすると良いでしょう。

脂肪燃焼効率が上昇しても、脂肪燃焼されるような状況がないと効果がほとんど発揮されません。




エリンギダイエットの口コミはある?


エリンギダイエットの口コミはそんなにありませんが、似たようなダイエットである「キノコダイエット」の口コミならばいくつかあります。

こちらもいつもお世話になっている「FIT Search(https://fitsearch.jp/dietmethod/0409010063/comment)」によるもので、そこにある口コミを覗いてみましょう。

ダイエットに成功した方々の口コミを見てみると「便秘が解消されてお腹周りがスッキリした」といった内容があります。

やはり便秘解消効果は強烈のようで、お腹周りで苦労している女性にとっては非常に役立つ方法となっているのでしょう。

ただし、調理法で四苦八苦している人もチラホラいるので、ダイエット向きの飽きないキノコ料理方法を知っているかどうかが成功するかどうかのかぎとなっているようです。

エリンギダイエットの注意点は?


エリンギダイエットの注意点はやはり食べ過ぎによるちょっとした副作用でしょう。

たとえば、食物繊維がかなり多く含まれているのがエリンギなので大量に摂取すると、食物繊維の大量摂取によってむしろ便秘になるパターンもあります。

もとからの摂取量が少ない人ならば食物繊維はプラスに働きますが、摂取量が多すぎると高確率で便秘になってしまうのです。

エリンギは100g換算での栄養素を見てみると、食物繊維が4.3gとなりますが、そのうちの4.0gが不溶性食物繊維と言われているので、摂取しすぎると食物繊維のバランスが崩れます。

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維がありますが、このバランスは「不溶性2:水溶性1」が理想と言われており、エリンギダイエットでエリンギばかりを食べると崩れる可能性が大です。

同じキノコ類だと椎茸やなめこは水溶性食物繊維が多い部類になります。

他にはニンニク・納豆・キンカン・ごぼう・百合ね・アボカド・オクラ・インゲン豆・海藻類に含まれているので、逆に便秘になってしまった方はこれらを食べて食物繊維のバランスを調整しましょう。

エリンギダイエットのレシピ3選

それでは具体的に役立つエリンギダイエット向けのレシピを三つほど紹介いたします。

味噌汁のようなスープで使われることも多いのですが、それ以外の調理法は何があるのでしょうか。

いかとエリンギの大葉レモンソテー


いかとエリンギを使っている非常に美味しく仕上がったレシピの一つです。

風変わりなレシピですが、非常に好評でレシピブログでも人気のあるレシピとなっています。

ダイエット向けと考えるとバターのカロリーがちょっと気になる部分なので、低カロリー低糖質のバターを使うと良いでしょう。

参考URL:http://www.recipe-blog.jp/profile/17561/recipe/122604

和風 豆腐煮込みハンバーグ


いわゆるダイエット向けの作られているヘルシーなハンバーグです。

和風豆腐ハンバーグなので、ダイエッターの方はお世話になった人も多いでしょう。

ごぼうやエリンギといった食物繊維が多いものが入っているので、ハンバーグの中でもかなりダイエット思考の強いレシピとなっています。

参考URL:http://www.recipe-blog.jp/profile/129042/recipe/928953

竹輪とキノコのバターソテー


こちらはおかずにも使えるキノコと竹輪のバターソテーです。

材料費は100円程度なので、非常にシンプルに作れるお手軽価格のソテーとなっています。

参考URL:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1650006730/

エリンギダイエットのカロリーと効果!方法やレシピは?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はエリンギダイエットについて記載しました。

エリンギなどのキノコ類はかなりダイエットについてプラスになる作用が大きいので、糖質制限ダイエットを実行している人でもかなりお世話になります。

ただし、調理法次第で高カロリー高糖質になってしまいますので、必ず糖質量もカロリーも計算してから調理してください。