食べるだけダイエットの効果や痩せる食べ物!食前に食べる?

食べるだけダイエットの効果や痩せる食べ物!食前に食べる?



食べるだけダイエットはテレビでも話題に?やり方や食べ物!

食事制限がダイエットの基本として広まっている中、食べるだけダイエットというものがテレビでも話題になっていると言われています。

痩せる効果があるとは思えないその方法は、どんな食べ物がいいのか、食前や食後になにかをしなければいけないのかなど大量の疑問点があり、そもそも痩せられるのかどうかも疑っていることでしょう。

そこで、今回はこの食べるだけダイエットとは一体何なのかを徹底的に調べていきます。




食べるだけダイエットって何?基本的なやり方は?


食べるだけダイエットとは特定の食材を中心に3食しっかりと食べるダイエットとなっております。

いわゆる低カロリーダイエットとか低糖質ダイエットみたいに食べるものをひたすら限定的にしていくのではなく、数ある食品の中からこの食べるだけダイエットに適合している物を食べ続けるダイエットになっております。

もちろん、お菓子といった高カロリー高糖質のものではなく、しっかりとダイエット向けで食べ続けるとメリットがある物を厳選する必要はありますが、我慢する必要性は低いのでやりやすいダイエットと言われているのです。

ポイントは、決まった食材を食べ続けることにありますので、何が食べられるのかをまずは覚える必要があるでしょう。

食前に食べるだけダイエットとは?


食べるだけダイエットの中には「食前にとある食べ物を必ず食べるダイエット」も存在しております。

その筆頭が脂肪を分解する特有の酵素が含まれているキュウリを食べたり、脂肪燃焼効率を高めるリンゴポリフェノールが含まれているリンゴを食べるダイエットになります。

これと似たようなダイエットに「食べる順番ダイエット」というものも存在しており、このダイエットの場合は汁物→食物繊維→タンパク質→炭水化物といった順番を守るダイエットとなるのです。

こうすることで糖質の吸収効率を下げて血糖値が上がらなくするダイエットとなります。

なので、考え方としては必ず食事のはじめに汁物を飲むというのも食べるだけダイエットに該当するのでしょう。

外食の場合でも定食を頼んで必ず先に汁物とサラダを食べるようにするとこのダイエットを継続できるようになるのです。

食べるだけダイエットで効果が出る理由は?


何を食べるのかで効果が違うのですべてに当てはめることはできませんが、このダイエットの共通しているメリットは食事をそこまで我慢する必要が無いことにあります。

ひたすらカロリーも糖質も削れば確かに痩せられますが、我慢し続けるとストレスが溜まりますし、高確率で筋肉が削れていって不健康な痩せ方をすることになりますので、リスクが少ないというメリットがあるのです。

ただし、食べるだけダイエットとして選ばれる食材には「結果的に脂肪燃焼効率が上がる」とか「空腹が紛れるようになる」とか「便秘が解消されるようになる」といったメリットがくっついているパターンが多いので、それらの効果によって痩せられるようになるのです。

先ほど記載したように我慢するタイプのダイエットではありませんので、短期間で一気に痩せることはないでしょう。

少しでも早く痩せたい人は消費カロリーと脂肪燃焼効果を高めるための運動を主体としたダイエットも実行してください。

食べるだけダイエットはテレビでも話題に?


食べるだけダイエットはかなり簡単なダイエットなので「楽に痩せることができる」とか「誰でもできる簡単ダイエット」といった形でテレビや雑誌で紹介さえることも多いのです。

実際に「○○を食べ続けるだけで××kgも痩せる!」みたいなうたい文句でテレビで紹介された物も大量にあります。

その中でも有名なのはテレビ番組の「得する人損する人」でも紹介された「食前にキュウリを食べるダイエット」でしょう。

いわゆるキュウリにはホスホリパーゼというダイエットに役立つ有効成分が含まれていることが話題になったので、これを食前に摂取することで食事で摂取された脂肪を分解できる状態にする狙いがあります。

体内の老廃物を除外する効果や脂肪を燃焼させてくれる効果もありますので、そちらも期待できるでしょう。

食べるだけダイエット向け痩せる食べ物10選

それでは具体的に食べるだけダイエットに使える食材を10個ほど紹介いたします。




食べる順番などはその食材によって変わってきますが、基本的には毎食食べるように意識してください。

きゅうり


こちらは話題にもなっている食材なので有名なチョイスになります。

今までは最も栄養がない野菜ということで有名でしたが、今ではダイエット向けの栄養素であるホスホリパーゼが含まれていることで話題になっています。

とりあえず食べるだけダイエットを始めたいという人はこのキュウリダイエットからスタートしてみましょう。

キムチ


とにかくカプサイシンや乳酸菌といったダイエットにプラスになる効果が強いので、食べて痩せられる食べ物としては有名でしょう。

腸内環境をスッキリする作用が強いので、便秘で悩まされている方にとっては強い味方となります。

納豆


ナットウキナーゼや良質なタンパク質などダイエットにおいてプラスになる成分が大量に含まれているのが納豆なので、毎食食べることで確実に良い作用が出ると言えるでしょう。

ただし、納豆そのものが苦手という方は諦めた方が良いです。

トマト


トマトにはリコピンが大量に含まれていますし、中性脂肪を下げる成分も含まれているのでダイエット向けの野菜として有名です。

豊富なビタミンや低カロリーというのもあわさって、ダイエット中の方からも好まれて食べられています。

ただし、苦手な人も多い野菜なので苦手な方は別の物を選びましょう。

玉ねぎ


玉ねぎは血糖値を下げる効果や血液をさらさらにしてくれる効果がありますし、脂肪吸収を抑える作用もありますので、肥満予防にも役立ちます。

いわゆる成人病に対して強い野菜なので、健康になりたい人は毎日玉ねぎを食べましょう。

緑茶コーヒー


緑茶とコーヒーを1:1で混ぜて飲む緑茶コーヒーもダイエットに役立つとして一時期有名になりました。

カフェインやクロロゲン酸やテアニンといった栄養素による効果が大きいのでしょう。

ただし、カフェインの摂取しすぎは睡眠妨害になるので注意してください。

アーモンド


アーモンドは必須脂肪酸による効果が強くビタミンEも豊富で抗酸化作用も期待できます。

良質な油に夜効果が何よりも強力なので、毎食アーモンドを食べると肌質などが一気に改善されていくでしょう。

ただし、カロリーが高めなので大量摂取は自重してください。

豆腐


豆腐も低カロリー低糖質な食材なので、毎食意識して食べるようにするだけでもダイエットに繋がるでしょう。

良質なタンパク質の摂取に繋がりますし、大豆イソフラボンの摂取によって女性ホルモンのバランス改善にも繋がる可能性が高いです。

リンゴ


リンゴポリフェノールにも脂肪燃焼効果が含まれているので、ダイエットには間違いなく役立ちます。

ただし、以前広まっていたリンゴのみを食べるダイエットを実行すると100%栄養不足になるので注意しましょう。


肉はダイエットの敵と思われがちですが、本当の敵は炭水化物なので肉は大敵ではないのです。

むしろ肉はL-カルニチンという成分に脂肪燃焼効果がある栄養素も含まれていますし、タンパク質補給にも繋がるので運動を主体としたダイエットとの相性が抜群に高くなっております。

食べるだけダイエットの効果や痩せる食べ物!食前に食べる?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は食べるだけダイエットについて紹介いたしました。

食べる種類によって大きく効果が変わってくるので、効果が高いかどうかはっきり言えない部分もありますが、やりやすい物も多いので気に入った物は実行してみると良いでしょう。

ただし、このタイプのダイエットは効果が出るまで時間がかかるので、気長に腰を据えて実行する必要はあります。