舞茸ダイエットの効果的なやり方!痩せない場合の対処法は?

舞茸ダイエットの効果的なやり方!痩せない場合の対処法は?



舞茸ダイエットの口コミやおすすめレシピも!

これからの季節、美味しくなるのがきのこ類です。

中でも天然の舞茸は、貴重価値が高い上、見つけた人が舞い踊ってしまうほど美味しいことから名づけられたというきのこ。

とは言え、天然物はほとんど出回っておらず、スーパーに並んでいるのは栽培物がほとんどです。

とは言え、栽培物の舞茸も侮ってはいけません。

最近はダイエットによいとしてとても注目されています。

そこで今回は、舞茸を使った舞茸ダイエットについて調べてみました。

舞茸ダイエットやり方効果、お勧めのレシピや気になる口コミはもちろんのこと、痩せない場合の対処法も合わせてご紹介したいと思います。




舞茸ダイエットとは?カロリーは?


舞茸ダイエットとは、舞茸を食べるダイエット方法になります。

舞茸のみを食べる、いわゆる置き換えダイエットではなく、毎日の食事に舞茸をプラスする形で行うため、食べ飽きしたり、量が足りずに空腹でつらい思いをする、と言ったダイエットならではの過酷さがありません。

食べる量も一日30~50gでOK。

30~50gがどれくらいかというと、通常スーパーなどで売られている一株分の舞茸の半分程度になります。

つまり、2日で1パックを消費する感じになります。

たったこれだけの量ですが、食事に加えることでダイエット効果が期待できるのが舞茸ダイエットになります。

なお、食事にプラスするとなるとカロリーが気になる人も多いと思いますが、舞茸のカロリーは100gあたりで16㎉ほど。

一日に摂取する量を50gとした場合でも、8㎉程度の増になるのでダイエットに差し支えることはありません。

 

舞茸ダイエットのメリットや効果!


舞茸ダイエットの最大のメリットは、舞茸にしか含まれていない特有の成分「MXフラクション」を摂取できることにあります。

このMXフラクションには、血中のコレステロールや中性脂肪を減らす効果があると言われています。

血液にコレステロールや中性脂肪の多いと、流れが悪くなり、新陳代謝が下がって太りやすい体質になると言われています。

また、舞茸にはMDフラクションと呼ばれる成分も含まれており、こちらには主に免疫力をアップさせる働きがあると言われています。

体調が優れず免疫力が下がってしまうと、細胞も元気がなくなり、エネルギーの消費が低下してしまいますが、MDフラクションによって体調を向上させることで、健康的な体を作ることができると言われています。

さらに、キノコ類に含まれるキノコキトサンには、食べた物に含まれる脂肪の排出作用や、すでに溜まっている脂肪(体脂肪)を吸着して排出する働きがあると言われています。

舞茸ダイエットの基本的なやり方


舞茸ダイエットは、一日30~50gの舞茸を食べるだけのダイエット方法になります。

摂り方については、特にこれといった決まりはなく、毎食舞茸を使った食事をしてもよいですし(その際は30~50gを3等分するとよい)、一食で30~50gの舞茸を摂っても構いません。

また、舞茸の調理方法についても「こうしなければいけない」といったルールはないため、基本的には好きなように食べてよいでしょう。

ただし、天ぷらが好きだからといって毎食舞茸のてんぷらを食べていれば、当然ながら油分のカロリーがプラスされてダイエットどころではなくなってしまいます。

とは言え、だからと言って炒め物にすると油が気になるからといって、毎回蒸すだけといったワンパターンな調理法ではすぐに飽きてしまいます。

舞茸自体のカロリーがとても低いので、調理の際に多少油を使う分にはそれほど気にしなくてもよいでしょう。

舞茸ダイエットの注意点とポイント


舞茸ダイエットを行う場合、最も重要なのがMXフラクションやMDフラクションをしっかりと摂取することです。




MXフラクションは熱に弱く、130度以上の加熱をすると大切な成分が舞茸から失われてしまいます。

また、どちらも水溶性の成分のため、調理前に水洗いをすると成分が溶け出してしまい、やはり効果が薄くなると考えられています。

そのため、舞茸を調理する時は使用する前に水洗いをせず、高温調理を行わないのがよいでしょう。

なお、スープや鍋などにして食べる時は、煮汁も摂ることで重要な成分を逃さす摂取することができます。

この他、舞茸には不溶性食物繊維も多く含まれています。

不溶性食物繊維は適量を摂取すると、腸壁を刺激してぜん動運動を活発にし、お通じの改善に役立つのですが、量を摂り過ぎると返って便を硬くしてしまい、便秘の原因になることがあります。

これには体質も関係していますので、舞茸ダイエットを始める時は摂取する舞茸の量は徐々に増やすようにするのがよいでしょう。

舞茸ダイエットの口コミ


・舞茸ダイエットを行いました。毎日舞茸を食べていただけなのに、結果的には1ヶ月で2kg痩せました。

・舞茸ダイエットの効果が凄すぎて驚いています。始めてまだ5日なのですが、2kg痩せました!お腹周りが明らかに変わっていて、見た目にもわかりやすいダイエットだと思います。

・舞茸ダイエットを始めて一週間で3kg落ちました。

・舞茸ダイエットを始めて一週間ですが、超便秘体質だったのが毎日ゴロゴロとお腹が鳴るように・・。お通じがあるのはいいけど、お腹が痛くなるのがちょっと・・・。

・舞茸の便秘解消効果は凄いと思います。私はお通じが毎日あるなくらいでしたが、友達はお腹を下してしまうようになったみたいです。

舞茸ダイエットにおすすめなレシピ3選!

舞茸ダイエットは、毎日舞茸を調理する手間が面倒という方も多いですよね。

そこでここでは、簡単調理で美味しく頂ける舞茸ダイエットにお勧めのレシピをご紹介したいと思います。

だしの素で!まいたけの炊き込みご飯


研いだお米としょうゆ、酒、和風だしの素を炊飯器に入れ、お米の量に合わせて水を目盛まで注ぎます。

まいたけを2㎝幅に切り、炊飯器に加えて混ぜ、炊飯したら完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/4681875

鍋キューブで♪簡単野菜たっぷりスープ


鍋に鍋キューブと水を入れ沸騰させたら、しょうが、キャベツ、長ねぎ、舞茸、もやしを入れて煮込み、食べる時に炒りごまとラー油をかけて完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/4311454

メンマと舞茸の常備菜


舞茸を手で適当に割き、メンマの水煮はさっと水洗いして水気を切っておきます。

フライパンに油を入れ、メンマと舞茸を炒め、さらに酒、創味シャンタンを加えてさらに炒め、最後に細かく切った長ねぎ、醤油を加えて完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/4203879

舞茸ダイエットで痩せない場合の原因と対処法!


舞茸ダイエットを行っても思うように痩せない場合、考えられる原因は主に次の2つになります。

①食べ過ぎている

舞茸にダイエット効果があるからと言って、いつも以上に食べ過ぎてはいないでしょうか。

食べ過ぎていては当然ながらカロリーの摂り過ぎになってしまい、痩せることはできません。

②脂肪燃焼が低い

舞茸には中性脂肪やコレステロールなどを排出する働きがありますが、脂肪を直接燃やすのは有酸素運動を行うことが効果的となります。

舞茸ダイエットでなかなか体重が落ちない場合は、軽い運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。

運動といってもハードに行う必要はなく、毎日自宅でストレッチをしたり、ウォーキングなどを行うだけでもOKです。

舞茸ダイエットの効果的なやり方!痩せない場合の対処法は?のまとめ

舞茸ダイエットは、食事を制限するダイエットではなく、舞茸を食べるだけなのでとても気軽に行えるダイエット方法と言えます。

ダイエット効果をより高めるためには、舞茸に含まれる成分によって代謝がよくなった体で、有酸素運動を行うのがよいでしょう。