mctオイルダイエットの食事メニューとやり方や痩せた口コミ!

mctオイルダイエットの食事メニューとやり方や痩せた口コミ!



mctオイルダイエット成功のオイルの選び方や効果!危険は?

mctオイルはダイエットに使えるという口コミがあちこちから上がっており、正しいやり方をすれば効果も出やすいと言われております。

しかし、食事メニューを間違ったりやり方を間違うと痩せたという成功体験もほとんどできず、むしろ危険な状態になる恐れも存在します。

今回はこのmctオイルを使ったダイエットについて詳しく解説いたします。




mctオイルダイエットって何?


mctオイルダイエットについて語る前に、まずはこのmctオイルとは何かを知る必要があります。

このmctとは「中鎖脂肪酸」という意味があり英語にすると「Medium Chain Triglyceride」となります。

つまりmctオイルとは中鎖脂肪酸油ということです。

mctオイルダイエットとはこの中鎖脂肪酸で作られているオイルを使ったダイエットとなります。

この中鎖脂肪酸で有名なのはココナッツオイルになりますが、このココナッツオイルも100%中鎖脂肪酸で作られているわけではないので、違いがあるのです。

確かに、mctオイルはココナッツ由来成分のオイルですが、栄養価などが異なっているので選び方には注意してください。

このmctオイルは無味無臭でココナッツオイルとは食感も異なりますので、使い方も変わってくるので注意してください。

mctオイルダイエットの効果


mctオイルダイエットの効果は中鎖脂肪酸による効果と考えられるでしょう。

この中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸の半分程度の長さで、体内で溶けやすく即エネルギーになるという性質があります。

即エネルギーになるという性質は吸収しやすいということなので、代謝が早く脂肪になりにくいという特性もあります。

吸収効率も高いので空腹感をごまかすのにも使えるでしょう。

また、蓄積された脂肪を分解して排出しやすくなるという作用や脂肪を燃焼させてケトン体を生成させるという作用もありますので、脂肪燃焼効率が高まるというメリットもあるのです。

ケトン体は体内のエネルギー源であるブドウ糖が不足しているタイミング、つまり飢餓状態になることで作られる非常用のエネルギーなのですが、ケトン体が作られる状態というのは脂肪が減少しやすい状況になりますので、痩せやすい状況とも言えるでしょう。

ケトン体は脂肪を燃焼させられる環境になると生成されるようになるので、ダイエット効果が出やすいという大きなメリットがあります。

ブドウ糖が無くなってからっぽの状態にならないと生成されないと痩せるのも辛いのですが、体力がある状態で脂肪も燃焼されるような状況になるのならば喜び勇んで使うという人も多くなっております。

長々と記載してしまいましたが、中鎖脂肪酸の大きな効果は「直ぐに吸収されるので空腹対策にもなり、脂肪が燃焼されやすい状況を作ってくれる効果がある」ということになります。

mctオイルダイエットのやり方


mctオイルダイエットのやり方はブラックコーヒーに混ぜて飲むとか日常の食事で効率よく摂取することにあります。

ただし、先に説明したように脂肪が燃焼しやすい環境を作ってくれるだけなので、脂肪が燃焼できるような行動をしないと効果は薄くなります。

つまり、食事に合わせてmctオイルを摂取して、あとは筋トレや有酸素運動をすることで体を引き締める必要があると言うことです。

確実に脂肪が燃焼しやすい状況は作ってくれるので、他の運動系のダイエットとセットにして効率よく痩せていくようにしましょう。

むしろ一切の運動をしない場合は効果が出ないケースも多いので、常日頃事務仕事で体を全く動かしていないような人が摂取しただけでは効果が出ない可能性があります。

ダイエット成功のためのmctオイルの選び方


mctオイルがダイエット効果が高いというお話はかなり多くの方々に伝わっているようで、結構な種類のmctオイルが売られるようになりました。




数が少なければ選ぶときにも困らないのですが、ここまでくるとある程度効果が高いものを選ばないともったいないという気持ちになってしまいます。

ここで値段のみで選んでしまうとmctオイルの効果が薄い物を買ってしまう恐れがあるので注意しましょう。

ポイントとなるのは「何の中鎖脂肪酸なのか」「使っているココナッツの産地はどこか」「そもそも中鎖脂肪酸100%なのか」の3点です。

まず、中鎖脂肪酸にはココナッツオイル以外に実はパーム油のパターンもあるので、このパーム油を使っている物はさけてください。

パーム油を使っている物は値段も安くお得と感じますが、体への負担という部分ではココナッツオイルよりも高いと言われているのではっきり言って推奨できません。

また、産地について推奨されているのは安全性が高いといわれているフィリピン産のココナッツです。

フィリピンは国がココナッツ庁を設置しているので他国のココナッツと比べると安全性では上に行っているという意見が集まっています。

また、中鎖脂肪酸が100%ではなく他のオイルを混ぜて量を増やしているパターンもありますので、必ず100%の物を探して選んでください。

mctオイルダイエットで痩せた口コミは?


SNSを探していくとmctオイルで痩せたという声はかなりたくさんありますが、使うmctオイルによって結果も異なってくるので、それらの口コミよりもそれぞれの商品の口コミの方に注目した方が良いでしょう。

たとえば、Amazonで売られている「仙台勝山館MCTオイル360g」の口コミを見てみると、なんと444件もあるのでかなり参考になります。

この中の口コミを見ると「自分には合わなかった」という意見ももちろんありますが「ダイエットに確実に使える」とか「便秘が解消されて痩せた」といった意見もありますので信頼度は高めでしょう。

Amazonは辛口レビューが多いのでその中でも5点満点で4.3点をキープしているのはかなりすごいことと言えます。

mctオイルダイエットの食事メニュー例


mctオイルは油分なので冷めると分離してしまうという欠点がありますが基本的にいろんな食べ物と混ぜることが可能となっているので使いどころは多いです。

たとえば、味噌汁にmctオイルを小さじ1杯入れるとか、ヨーグルトに小さじ1杯入れるとか、米一合あたりにmctおいうる小さじ2杯分を入れるとか、コーヒーに入れるとか、豆乳に入れるとかやり方は一杯あるのです。

ただし、インスリンを分泌させるのはさけた方が良いという意見もありますので、米やパンや麺類と一緒にmctオイルを摂取するのはやめた方が良いかもしれません。

基本的には味噌汁や豆乳やコーヒーといった飲み物に入れて摂取するのが良いでしょう。

もっとこだわりたいという人は豆乳にmctオイルと亜麻仁油を混ぜて摂取してください。

これでかなりの効果が上がった豆乳ができあがります。

理想は無調整豆乳ですが、味がキツイという方は別の方法を試しましょう。

mctオイルダイエットで危険はないの?


実はmctオイルは危険だからダイエットに使わない方が良いという意見もあります。

というのもココナッツオイルを使った動物実験で、猿は動脈に血栓ができて心臓病になったとか、ネズミでは脂肪肝が発生して肝機能障害になったとか、ダイオキシンに似た環境ホルモン作用があるという話もあるのです。

パーム油も動物実験で発がん物質を促進させたという方向もありますし、血糖値を下げるインスリンの働きを阻害するので糖尿病のリスクが高まるという報告もあるので危険という意見もわかります。

このような意見も少数ですが見られるので、危険という声もあるのです。

はっきり言ってなんとも言えませんので、飲んで体調不良になったら摂取するのをやめるしかないでしょう。

mctオイルダイエットの食事メニューとやり方や痩せた口コミ!のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はmctオイルダイエットについてまとめました。

このダイエットはある程度効果があるでしょうが、やはり有酸素運動をすることが前提なので、単体では挑まない方が良いでしょう。

また、mctオイルも色々と売られているので自分にとって相性の良い商品を見つけられるかどうかもポイントになってきます。