納豆ダイエットの成功するやり方【オリーブオイルやキムチで相乗効果も】


Sponsored Link


納豆ダイエットの痩せたやり方とレシピや口コミ!

日本が誇るスーパーフード「納豆」。

健康や美容に敏感な海外セレブ達も、納豆好きという人が多いですよね。

最近は納豆特有のにおいを抑えたものも出ていることから、今後ますます納豆の消費は増えていくのではないでしょうか。

そんな納豆は、実はダイエットにもよい食べ物。

納豆ダイエットは納豆好きな方ならぜひ試して頂きたい、お勧めのダイエット方法になります。

でも、納豆を食べてどうしてダイエットできるのか、ちょっと不思議ですよね。

そこで今回は納豆ダイエットについて調べてみました。

成功するやり方やレシピ、気になる口コミなどをご紹介したいと思います。


Sponsored Link


納豆ダイエットとは?カロリーは?


納豆ダイエットとは、一日一パックの納豆を食べるだけの簡単なダイエット方法になります。

納豆を食事に置き換えるのではなく、いつもの食事に納豆をプラスする方法になるため、お腹が空いてイライラしたり体調不良を起こす心配がありません。

納豆好きな方なら「毎日欠かさず朝食で納豆を食べている」という場合もあると思いますが、その時点ですでに納豆ダイエットを行っていたことになりますね。

つまり、納豆ダイエットは、ダイエットと聞いてイメージするようなつらさや苦しさのないダイエット方法と言えます。

基本的には、納豆を一パック食べるだけでよいので摂るタイミングなどは気にする必要はありませんが、納豆は通常の四角のタイプで一パック100㎉ほどあります。

いくらダイエットによいからと言ってたくさん食べると、その分摂取カロリーが多くなるのでその点は注意しましょう。

 

納豆ダイエットの効果やメリット


納豆の原料の大豆には、脂肪の燃焼を促進する効果のあるアディネポネクチンという成分を体内で増やす作用があることから、納豆を食べることで脂肪が燃えやすい体を作ることができると言われています。

また、大豆には良質なたんぱく質が多く含まれており、たんぱく質は筋肉の元となって基礎代謝をアップするのに役立ちます。

さらに、大豆には大豆サポニンという成分が含まれていますが、この大豆サポニンには小腸からの脂肪の吸収を抑える働きがあると言われています。

そして、納豆と聞いて忘れてはいけなのが、納豆特有の成分である「ナットウキナーゼ」です。

ナットウキナーゼには血栓を溶かし、血行を促進する効果があるため、新陳代謝を活発にして痩せやすい体を作ることができると言われています。

このようなことから、納豆はダイエットに効果的と言われています。

納豆ダイエットのやり方!食べるタイミングは夜が良いの?


納豆ダイエットは、基本的には一日一パックの納豆を好きなタイミングで食べてOKとなっています。

食事に取り入れて納豆ごはんや納豆スパゲティーなどにしてもよいですし、おやつ代わりに納豆を食べるのもよいでしょう。

でも、どうせダイエットをするなら少しでも効果的な方法で行いたいものですよね。

そのような時は、夕食の30分前に食べるのが最もよいと言われています。

その理由は主に2つあります。

1つは、食事の前に納豆だけ先に食べることで、食事を摂る時には適度にお腹が満たされているので、食事の量を自然と抑えることができるから。

そしてもう1つは、夕食後は寝るだけなのでエネルギーの消費がされにくく、食べたものが脂肪になりやすいのですが、納豆を食べる分他のカロリーの高いおかずの食べる量が減ることで、摂取カロリーを抑えることができるからです。

このようなことから、納豆を食べるなら夕食の30分前がベストと言われています。

オリーブオイル納豆ダイエットのやり方


オリーブオイル納豆ダイエットとは、納豆にスプーン一杯程度のオリーブオイルを混ぜたものを食べるだけのダイエット方法です。


Sponsored Link


やり方は納豆ダイエットと変わりませんが、オリーブオイルをプラスすることで整腸作用が期待できるので、便秘に悩んでいる方にはとてもお勧めのダイエット方法と言えます。

また、納豆のにおいがちょっと苦手という方でも、オリーブオイルを混ぜることでにおいが気にならなくなって食べやすくなります。

キムチ納豆ダイエットのやり方


キムチ納豆ダイエットとは、その名の通りキムチと納豆を混ぜたものを食べるダイエット方法になります。

納豆ダイエットやオリーブオイル納豆ダイエットと同様のやり方となりますが、納豆と同じ発酵食品であるキムチには乳酸菌が多く含まれており、腸の調子を整える働きが期待できます。

また、キムチ含まれるトウガラシにはカプサイシンという成分が含まれており、脂肪燃焼効果があると言われています。

納豆ダイエットにおすすめなレシピ3選!

納豆は付属のたれを混ぜてそのまま食べても十分においしいですが、ちょっとアレンジを加えることでより食べやすく、しかもダイエット効果をアップさせることもできます。

そこでここでは、納豆ダイエットにお勧めのレシピをご紹介したいと思います。

キャベツと納豆のダイエットサラダ


千切りにしたキャベツと、卵、納豆、めんつゆ、ごま油、黒こしょうを混ぜたものを合わせ、よくかきまぜたら完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/4600762

ダイエット!生オクラ納豆+大麦


下処理して小口切りにしたオクラ、茹でて水気を切った大麦、納豆(付属のたれも)、減塩醤油、しょうが(チューブ)、からし(チューブ)を混ぜ合わせて完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/4557624

ダイエットに!ヘルシー納豆チーズ焼き


耐熱皿に千切りしたキャベツを乗せ温め、水気を拭いたらそこにキムチ、納豆、チーズを乗せてトースターで焼いて完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/4436824

納豆の効能・効果


納豆はダイエット以外にも様々な効能や効果が知られており、健康や美容によいとして日本にのみならず海外でも人気となっています。

では、納豆にはどのような効能や効果が期待できるのでしょうか。

美肌効果

納豆には、肌の調子を整えるためには欠かせないビタミン類が多く含まれています。

また、納豆の原料である大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすることが知られており、肌の潤いを保つと言われています。

生理痛や更年期障害の緩和

大豆イソフラボンのエストロゲン様効果により、生理痛や更年期障害の症状を緩和、改善する効果があると言われています。

ただし、摂り過ぎると症状が悪化することがあるので注意しましょう。

骨や歯を丈夫にする

納豆に含まれるビタミンKには、カルシウムの骨や歯への吸着を促す働きがあることから、骨や歯を丈夫にし、骨粗しょう症の予防に役立つと言われています。

高血圧の予防や改善

納豆特有の成分であるナットウキナーゼの血栓溶解作用により、血行が促進されることで高血圧の予防や改善に効果があると言われています。

コレステロールを低下させる

ナットウキナーゼには、血中の悪玉コレステロールを排出する働きがあることから、コレステロール値が高めの方が納豆を食べることでコレステロールを低下させる効果が期待できると言われています。

納豆ダイエットの成功するやり方【オリーブやキムチで相乗効果も】のまとめ

納豆ダイエットは食事を制限するダイエットではないので、納豆さえあれば誰でも今日から手軽に行うことができます。

また、食べるタイミングを工夫することでダイエット効果を高めることができるので、よりダイエットに励みたい人は夕食の30分前に食べるようにするのがよいでしょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)