おでんダイエットで失敗しないやり方や具材は?コンビニでもOK?


Sponsored Link


おでんダイエットの効果とおすすめのレシピや痩せた口コミ!

寒くなると食べたくなるおでん。

最近はコンビニのおでんがおいしいと人気なこともあり、つい寄って買ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

おでんの鍋を見ると「どれを食べようかな」と目移りしてしまいますが、実はおでんはダイエットにも使える優秀食材。

選ぶ具材などを工夫するだけで、ダイエットができてしまいます。

そこで今回は、おでんダイエットについて調べてみました。

おでんダイエットやり方効果、気になる口コミ、お勧めのレシピなどをご紹介したいと思います。


Sponsored Link


おでんダイエットとは?


おでんダイエットとは、食事の代わりにおでんを食べる、いわゆる置き換えダイエットになります。

おでんと言えば寒い冬の定番料理ですが、具材さえ揃えられれば、年間を通じていつでも食べることができます。

そのため、自分でおでんを用意できる人であれば、いつでもすぐにおでんダイエットを始めることができます。

また、自炊は苦手と言う人ならコンビニを利用する方法があります。

コンビニのおでんは冬季限定となってしまいますが、肌の露出が多くなる春までに痩せたいという方は、冬の間にコンビニのおでんを利用して手軽にダイエットを行うことができます。

 

おでんダイエットの効果やメリット


置き換えダイエットの中には、単一の食材のみを食べる方法もありますが、それだと味に飽きてしまうなどのデメリットも多く考えられます。

実際、置き換えダイエットの経験者には「同じものをずっと食べ続けるのが苦痛だった」として、ダイエットに失敗している例も少なくありません。

しかし、おでんは具材が豊富にあり、選べる楽しみが存在します。

これはダイエットにおいて大きなメリットと言えるでしょう。

また、おでんは選ぶ具材によっては、お腹いっぱい食べてもカロリーを抑えることができますが、実はこれこそがおでんダイエットの最も大きな効果。

しっかり満足するまで食べても、摂取カロリーが少ないため、無理なく痩せることができるというわけです。

おでんダイエットのやり方!


おでんダイエットのやり方はとても簡単で、一日一食をおでんに変えるだけでOKです。

置き換えダイエットなので、基本的にはおでんのみを食べますが、低カロリーの食材を選んで一食分の摂取カロリーを抑えることができればご飯を食べても構いません。

また、おでんを食べる前にサラダを食べるのもお勧めです。

おでんダイエットでは、食べる品数などは特に決まっていないので、カロリーを考えらながら好きな物を食べることができます。

おでんダイエットのポイントや注意点!どのような具材が良いの?


おでんダイエットを行う上で重要なのが、低カロリーの具材を選ぶこと。

当然ながら揚げ物や練り物はカロリーが高くなってしまうので、いくらおでんだからと言ってそのような具材ばかりを食べてしまっては意味がありません。

おでんダイエットでお勧めなのは、野菜や海藻を使った具材です。

ただし、毎回カロリーのことばかりを気にして食事をしても、つまらないですよね。

そのため、選ぶ具材の一つくらいはカロリーに関係なく、好きな物を選んでもよいでしょう。

その方が食事自体が楽しくなり、ダイエットを続けるモチベーションになります。

なお、塩分の摂り過ぎになるため、おつゆは飲まないようにしましょう。

おでんダイエットで痩せた口コミは?


・食べることが大好きなので食べる量をあまり変えず、満足感のあるダイエット方法を探している時におでんダイエットを知りました。私はカロリーの低い具材だけではなく、毎回ごほうびとしてカロリーの高い餅入り巾着なんかも食べていましたが、夕食をおでんに置き換えて3ヶ月で7㎏痩せることができました。

・コンビニのおでんなら仕事帰りにも買って帰ることができるし、働いている人にとってはとても気軽にできるダイエットだと思います。私は夕食をおでんにしましたが、9日間で4.5㎏も体重が落ちました。

・毎日継続しているダイエットではなく、ちょっと食べ過ぎたかなとか太った時に、調整としておでんを食べています。主食を食べなくてもお腹がいっぱいになるし、値段も安いのでお勧めです。

コンビニで買えるダイエットにおすすめの具材7選!

おでんを作るのがちょっと面倒という人は、冬の時期限定ですがコンビニのおでんを利用するのもよいですよね。

コンビニ各社で味が違うので、食べ飽きしにくいのも魅力です。


Sponsored Link


そこででは、コンビニで買えるおでんの中で、ダイエットにお勧めの具材をご紹介したいと思います。

昆布


画像はおせちの昆布巻きになっていますが、おでんの昆布は昆布のみを巻いたものなのでとてもヘルシーです。

カロリーは4㎉ほどしかなく、しっかり噛んで食べることで満足感がアップします。

白滝


食物繊維が豊富な白滝は、腸内環境を整えてお通じの改善効果が期待できるだけではなく、カロリーが5㎉ほどととても低いためダイエットに役立ちます。

こんにゃく


白滝とこんにゃくは名前こそ違いますが、使われている材料が同じため、白滝と同様の効果を得ることができます。

カロリーも8㎉ほどと白滝に匹敵するほど低いですが、それだけではなく白滝のように細くないのでしっかり噛む必要があるので、食べ過ぎを防ぐことができます。

大根


大根には食物繊維が多く含まれているだけではなく、体を温かくする作用もあるので、冷えを解消して新陳代謝を活発にする働きが期待できます。

カロリーも11㎉ほどなのでとてもヘルシーです。

牛すじ


噛み応えがあり、お肉を食べている充実感を味わえる牛すじは、おでんダイエット中でもお勧めのメニューと言えます。

カロリーは30㎉で、低カロリーながらダイエット中は不足しがちなたんぱく質を補うことができます。

はんぺん


ふわふわとした食感と、だしを沁み込みやすいためにおでんの具材の中でも人気のはんぺんですが、カロリーも37㎉ほどとそれほど高くありません。

ただし、食べやすいためついたくさん食べてしまいがちなので、その点は注意しましょう。

ロールキャベツ


ロールキャベツのカロリーは50㎉ほどあるため、数をたくさん食べることはお勧めできませんが、キャベツに含まれる食物繊維とお肉のたんぱく質が同時に摂れるため、ダイエットに適した食材と言えます。

おでんダイエットにおすすめのレシピ3選!

おでんダイエットを始めるなら、やっぱり自分で作った物が安心で食べられるという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでここでは、自宅で簡単に作れるおでんのレシピをご紹介したいと思います。

プロの味~おでん・だし(つゆ)


鍋に水を入れて沸いてきたら、そこにオイスターソースと塩、本だしを入れます。

後は沸騰しないように気を付けながら、お好みの具材を入れて煮込めば完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/198480

やさしくコトコト【牛すじ・塩おでん】


面取りした大根、皮を剥いた里芋を鍋で茹で、そのまま冷まします。

アク抜きした牛すじと大根、里芋を煮て、そこに醤油と塩を入れて味を調え、大根に味が沁み込んだら完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/985953

おでんの具にもスープにも♪白菜ロール


電子レンジで加熱した白菜に薄切り肉を乗せて巻き、先をつまようじで止めておでんやスープに入れ、煮込んだら完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/2070801

おでんダイエットで失敗しないやり方や具材は?コンビニでもOK?のまとめ

おでんダイエットは、低カロリーの具材を中心に置き換えをすることで、摂取カロリーを抑えるダイエット方法になります。

具材を選べる楽しみやごほうびがOKなので、無理なく続けられるダイエットでしょう。

ただし、三食全てをおでんにしてしまうと栄養に偏りが生じてしまうので、置き換えは一日一食とし、他の二食で足りない栄養を補うようにして下さい。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)