大麦ダイエットの効果的なやり方と口コミやレシピ!

大麦ダイエットの効果的なやり方と口コミやレシピ!



大麦の効能やダイエットのやり方と効果!

炭水化物はダイエットの敵というイメージが、ここ数年の炭水化物(糖質)制限ダイエットブームによって、すっかり定着した感があります。

しかし、炭水化物は人に不可欠の栄養素のため、不足してしまうと様々な弊害が及ぶ可能性もあります。

とは言え、ご飯やパンを食べることに抵抗がある・・という人も多いですよね。

そのような中で注目されているのが大麦です。

大麦と言えばビールの原料として認識している人もいますが、実はダイエットに優れた食品。

そこで今回は、大麦ダイエットについて調べてみました。

大麦ダイエットやり方や、効果効能、気になる口コミはもちろんのこと、ダイエットにお勧めのレシピなどもご紹介したいと思います。


Sponsored Link


大麦ダイエットとは?気になるカロリーは?


大麦ダイエットとは、大麦を摂取するダイエット方法になります。

大麦だけを摂取する、いわゆる置き換えダイエットではなく、毎日の食事に大麦を取り入れるだけでOKなので、大麦ばかりを食べて飽きてしまうということや、空腹に耐えられずストレスやイライラが募る心配はありません。

また、大麦のカロリーはお茶椀一杯分(150g換算)で200㎉ほど

これが白米だと250㎉になるため、ご飯を白米100%から大麦を入れたものに変えるだけで、カロリーダウンが期待できます。

 

大麦ダイエットの効果やメリット


食事制限によって摂取カロリーを極端に減らすダイエット方法は、短期間で効果が現れやすい反面、ストレスが溜まったり体調不良に陥りやすく、ダイエットの失敗に繋がってしまいます。

また、運動も同様でハードな筋トレや有酸素運動などは消費カロリーを上げてくれるものの、続けるのは難しいと感じる方も多いでしょう。

実はダイエットに失敗してしまう多くの原因は、このような無理な方法を選ぶことにあります。

大麦ダイエットは、食事の置き換えではなく、あくまでも大麦を摂取するだけのダイエット方法なので無理はありませんし、運動が苦手の方でも取り組めるダイエット方法になっています。

効果はすぐに現れないかも知れませんが、継続はしやすいダイエット方法と言えるでしょう。

なお、大麦ダイエットの主な効果は食物繊維によるもの。

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類がありますが、大麦には日本人女性に不足しがちな水溶性食物繊維が多く含まれています。

水溶性食物繊維は腸内環境を整え、お通じの改善効果が期待できる他に、血糖値の急上昇を防いで食べた物が脂肪として蓄積するのを防いだり、デトックス作用があると言われています。

大麦ダイエットのやり方


大麦ダイエットは、毎日の食事で大麦を摂取するダイエット方法になります。

最も手軽な大麦の取り方としては、白米に混ぜて炊飯器で炊き、主食として食べるのがよいでしょう。

麦ご飯と言うと、食感がボサボサしていて美味しくないというイメージを持っている人も多いと思いますが、白米との割合を調整することで味に対する不安を取り除くことができます。

具体的には、白米7:大麦3くらいの割合で炊飯すると、大麦の味が気にならずに通常のご飯と同じように美味しく頂けるそうです。

また、大麦は茹でて、スープやサラダに入れるなどして摂取しても構いません。

なお、大麦を摂るのにお勧めなのは朝食です。

朝食時に大麦を摂ると、大麦に含まれる食物繊維による血糖値の上昇を防ぐ効果が持続し、昼食や夕食でもその恩恵を受けることができると言われているからです。

そのため、なるべく朝食で大麦を摂取するようにすると、ダイエットをより効率的に行うことができます。

大麦ダイエットの注意点やポイント


大麦に含まれている食物繊維は、適量を摂取する分にはダイエットに役立つものですが、大量に摂取してしまうとむしろ体調不良を引き起こす原因となってしまいます。

そのため、いくらダイエットによいからと言って、大麦をたくさん食べるのは止めましょう。


Sponsored Link


また、大麦ダイエットでは摂取カロリーの大幅なダウンは見込めません。

より積極的にダイエットを成功させたいという場合は、適度の食事制限や運動が必要となります。

とは言え、ストレスに感じるくらいまで行うことはなく、食事なら腹7~8分目に抑えるとか、通勤・通学の時に一駅分歩くなど、自分のできる範囲で摂取カロリーを抑えたり、消費カロリーをアップさせてみましょう。

小さいことと思うかも知れませんが、大麦の持つダイエット効果と合わせることで、さらにダイエットに成功しやすくなります。

大麦ダイエットで痩せた口コミや体験談


・麦ご飯には味がいまいちというイメージがあったのですが、白米と一緒に炊くことで味は全然気になりませんでした。いつもの食事をしている感覚でダイエットができるのが嬉しいです。大麦を加えた効果かどうかわかりませんが、白米だけのご飯よりお腹がいっぱいになりやすく、腹持ちがよい気がします。

・大麦を入れたご飯を食べるようになってから、お通じが良くなったという便の量が増えた気がします。少しずつですが体重も減って来ています。

・大麦を入れると白米だけよりも歯応えがよくなるので、しっかりとよく噛むようになります。お米好きな方なら主食を禁止することなくダイエットができるので、ストレスがなくてお勧めです。

大麦ダイエットにおすすめのレシピ3選!

大麦は白米と混ぜて炊飯器で炊飯し、ご飯として食べるのが最も簡単な方法ですが、美味しく食べながらダイエットもしたい!という方のために、ダイエットにお勧めのレシピをご紹介したいと思います。

もち麦(大麦)と水菜とベーコンのスープ


沸騰したお湯に刻んだベーコン、茹でたもち麦、コンソメを加えます。

再沸騰したら切った水菜を入れ、塩で味を調え、最後に黒こしょうを振って完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/3977625

大麦とひじきのヘルシーサラダ


熱湯をかけた後カリッとするまでフライパンで焼いた油揚げを短冊切りにし、茹でて斜め切りにしたいんげん、すり下ろした人参、水で戻してさっと湯がいたひじきをボールに入れ、オリーブオイル、薄口しょうゆ、レモン汁、塩コショウと、茹でた大麦を入れて合わせ、最後に油揚げをトッピングして完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/2411496

大麦スムージー


茹でた大麦、バナナ、りんご、小松菜、牛乳をミキサーに入れ、攪拌したら完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/3493469

ダイエット以外にもある大麦の効能・効果


大麦には、ダイエット以外に様々な健康効果があると言われています。

そこでここでは、ダイエット以外の大麦の効果や効能についてご紹介したいと思います。

高血圧の予防や改善

大麦には、体内の余分な水分を排出するカリウムが含まれているため、血圧を下げる効果があると言われています。

むくみの改善

カリウムによる水分の排出作用では、むくみの解消効果も期待できます。

コレステロールの低下

大麦に含まれる食物繊維には、血中の悪玉コレステロールの排出を促す働きがあることから、コレステロールの上昇を抑えたり、低下させる効果が期待できると言われています。

内臓脂肪を減らす

大麦にはβ-グルカンと呼ばれる食物繊維の一種が含まれています。

β-グルカンには内臓脂肪を減らす働きがあることから、メタボリックシンドロームの予防や改善にも効果が期待できます。

糖尿病の予防

大麦に含まれる食物繊維には、食後の血糖値の上昇を防ぐ働きがあると言われています。

これは、膵臓から糖の分解や運搬に大量のインスリンが分泌されるのを防ぐことができるからです。

インスリンの大量分泌が続くと、糖尿病発症の原因になってしまうことから、大麦には糖尿病の予防効果も期待できます。

大麦ダイエットの効果的なやり方と口コミやレシピ!のまとめ

大麦ダイエットは、主食を大麦入りのご飯に変えることで、摂取カロリーを減らしたり、ダイエット効果の高い成分を摂取する方法になります。

短期間で体重が落ちるわけではありませんが、食物繊維の効果によって便秘が解消したり、食後の血糖値の上昇を防ぐことができます。


Sponsored Link