烏龍茶ダイエットのやり方のポイント!効能・効果は?

烏龍茶ダイエットのやり方のポイント!効能・効果は?



烏龍茶の効能とダイエット効果や口コミ!

食事の時、水分補給に烏龍茶を選ぶ人は多いと思います。

緑茶、ほうじ茶、麦茶などお茶には色々ありますが、烏龍茶のさっぱり感は特に油っこい食事に合う!と感じている人もいるのではないでしょうか。

しかし、烏龍茶を単なる飲み物として摂っているのはもったいないこと。

なぜなら、烏龍茶は飲み方次第でダイエットに役立つと言われているからです。

そこで今回は、烏龍茶ダイエットについて調べてみました。

烏龍茶ダイエットやり方効能効果、気になる口コミなどをご紹介したいと思います。


Sponsored Link


なぜ烏龍茶でダイエットできるの?カロリーは?


烏龍茶は、中国茶の一つで日本でも一般的に飲まれているお茶です。

カメリアシネンシスというツバキ科の茶葉を、発酵途中で熱を加えて止める半発酵茶として知られています。

烏龍茶に含まれているウーロン茶重合ポリフェノールには、小腸にて食べ物から摂取した脂肪が吸収されるのを防ぐ働きがあると言われています。

さらに、この烏龍茶重合ポリフェノールには脂肪を燃焼させる効果もあると言われており、飲むことでダイエットに役立と考えられています。

なお、烏龍茶のカロリーは0㎉となっており、食事の時に飲んでもカロリーの摂り過ぎを心配する必要はありません。

 

烏龍茶ダイエットの効果やメリット


烏龍茶はカロリーが0㎉というだけではなく、飲むとカロリーを減らす効果があると言われています。

具体的には、コップ一杯程度を飲むことで40㎉を消費できると言われています。

40㎉は、早歩きのウォーキングを7分続けて消費されるカロリー。

つまり烏龍茶を飲むだけで、わざわざ靴をはいて外に行かなくても、同等カロリーを消費することができるのです。

また、烏龍茶にはカフェインも含まれています。

カフェインはコーヒーなどにも含まれていますが、近年の研究で脂肪燃焼効果があることがわかっています。

さらに、烏龍茶に含まれるテアニンという成分にはリラックスを促す効果もあると言われています。

これにより、ダイエット中のストレスを軽減することができると言われています。

烏龍茶ダイエットのやり方!飲むタイミングは?


烏龍茶ダイエットは、食事中、もしくは食後30分以内に烏龍茶を飲むダイエット方法になります。

それ以外のタイミングで烏龍茶を摂取しても、食事によって摂り込まれた脂肪の排出作用は期待できません。

特に、中華料理は油分が多く使われることから、烏龍茶を摂りながら食事をすることがお勧めです。

また、食事以外では運動の前に烏龍茶を飲むと、脂肪の燃焼効果がアップすると言われています。

これは、烏龍茶に脂肪の分解を促進する働きがあるからで、運動前に烏龍茶を飲んで脂肪の分解を行っておくことで、続けて有酸素運動を行った時に効率よく燃焼作用が働き、脂肪を代謝することができると言われています。

烏龍茶ダイエットのポイントやコツ


日本人はペットボトルに入った冷たいお茶を好んで飲むと言われていますが、一方のお茶の本場である中国では冷たいお茶はほとんど飲まないそうです。

烏龍茶にしても、自宅でもお店でも基本的には温かいものしか出てきません。

そして、ダイエット効果を得るためには温かい状態で飲むのがお勧めです。

冷たい飲み物はどうしても体を冷やしてしまい、代謝を下げてしまいます。

そのため、烏龍茶ダイエットを行う時は必ず温かい烏龍茶を飲むようにしましょう。


Sponsored Link


烏龍茶ダイエットの注意点


烏龍茶に含まれるカフェインは、空腹時に飲むと胃を荒らす恐れがあります。

また、ダイエット効果を高めようと、烏龍茶を大量に飲む人がいますが、たくさん飲み過ぎると利尿作用が働いてトイレが近くなることがあるので注意しましょう。

一日で飲む量はコップ3~4杯程度が適量と言われているので、過剰摂取にならないようにしましょう。

さらに、烏龍茶に含まれるタンニンは、鉄分の吸収を阻害する働きがあり、飲み過ぎると貧血を起こす場合があります。

日ごろから貧血気味という方は、烏龍茶の摂取にはくれぐれも気を付けるようにして下さい。

烏龍茶ダイエットの口コミ


・烏龍茶の味が好きで、特に脂っこい物を食べる時は口がさっぱりする気がしたので、食事の時は烏龍茶を飲むようにしていました。そうしたら10か月後には体重が7㎏減っていました。

・冬はいつも運動不足や食べ過ぎから太ってしまうのですが、食事の時やのどが渇いた時などに温かい烏龍茶を飲むようにしていたら、今年は太るどころか1ヶ月で1㎏痩せていてびっくりしました。

・コーヒーが大好きでいつも飲んでいたのですが、ある日からコーヒーを半分の量にしてその分、烏龍茶を飲むようにしたところ、2年で10㎏ほど痩せました。

・烏龍茶を飲むと痩せると聞いて、半年以上飲み続けてみましたが、結果的には私は痩せることはできませんでした。でも口コミなどを見ると体重が落ちている人もいるので、体質などもあるのかも知れませんね。

ダイエット以外の烏龍茶の効能・効果


烏龍茶の効果にはダイエット以外にも、様々なものがあると言われています。

そこでここでは、ダイエット以外の烏龍茶の効能や効果についてご紹介したいと思います。

生活習慣病の予防

烏龍茶には、脂肪の吸収を抑えたり、血液中のコレステロールを排出する作用があると言われています。

これらは体内で増えすぎると肥満だけでなく、動脈硬化や高脂血症、高血圧と言った生活習慣病の原因となるものです。

そのため、烏龍茶を飲むことで、生活習慣病の予防効果が期待できると言われています。

アンチエイジング効果

烏龍茶に含まれるカテキンは、ポリフェノールの一種で強い抗酸化作用があると言われています。

抗酸化作用とは、簡単に言うと老化の原因となる活性酸素を除去する働きのあるもの。

活性酸素を減らすことで細胞が活性化するので、肌の老化を予防することができると言われています。

また、烏龍茶に含まれるタンニンには肌の収れん作用があるため、化粧水などにも採用されています。

眠気を覚ます・集中力を高める

烏龍茶に含まれるカフェインには、覚醒作用があり、眠気覚ましに効果があると言われています。

また、テアニンには集中力を高める作用があると言われているので、仕事や勉強に集中できない時に烏龍茶を飲むと作業が捗ると言われています。

口腔内の細菌を減らす

近年の研究によって、カフェインが含まれる温かい飲み物で口をゆすぐと、口腔内の細菌を減らす効果があることがわかっています。

これは冷たい飲み物では意味がないようなので、温かい烏龍茶で口をゆすぐことで、歯周病予防にも役立つと考えられています。

血圧の上昇を抑える

烏龍茶に含まれるテアニンには、副交感神経を優位にしてリラックスを促す効果があると言われています。

これにより、体の緊張が緩んで、血圧の上昇を抑えることができる(血圧を下げる)効果があると言われています。

烏龍茶ダイエットのやり方のポイント!効能・効果は?のまとめ

烏龍茶ダイエットは、温かい烏龍茶を食事中に摂るようにするのがポイントです。

また、一日で飲む量はコップ3~4杯が適量です。

ダイエット効果を高めたいからと言って、たくさん飲んでしまうと返って体に害が及ぶ可能性があるので注意しましょう。

また、烏龍茶を飲んでから有酸素運動を行うと、脂肪の燃焼効率がよくなると言われているので、食事中の他には運動前に飲むのがお勧めです。


Sponsored Link