押し麦ダイエットのコツと正しいやり方!効果や注意点は?

押し麦ダイエットのコツと正しいやり方!効果や注意点は?



押し麦ダイエットの成功する食べ方やおすすめレシピ!

ここ数年、健康のために主食の見直しをする方が増えていると言われています。

糖質制限もその一つですが、糖質は私達の体にとってなくてはならない栄養のため、全く食べないとなると返って健康を害する恐れがあると言われています。

そこで注目されているのが雑穀です。

今までは白米を炊いて、それだけをご飯(主食)として食べていたものを、雑穀を混ぜることで糖質を減らしたり、栄養を補うことができるため、健康のみならずダイエットのためにも食べ始めている方が多くなっています。

そこで今回は、雑穀の中でもダイエット効果が高いと言われている、押し麦を使った押し麦ダイエットについて調べてみました。

押し麦ダイエットやり方効果食べ方レシピなどをご紹介したいと思います。




押し麦ダイエットの効果やメリット


押し麦には不溶性・水溶性の両方の食物繊維が豊富に含まれていることから、腸内環境を整えてお通じの改善に役立つと言われています。

便秘になると、腸の動きが低下して血行不良となり、代謝が下がって太りやすくなると言われているため、便秘を解消することはダイエットによいと言われています。

また、押し麦に含まれる食物繊維にはβ₋グルカンという成分が含まれているのですが、このβ₋グルカンにはインスリンの過剰分泌を抑える働きがあると言われています。

インスリンは、食べ物を摂取した時、糖を運ぶ働きを行うホルモンですが、たくさん分泌されると余分に糖を溜め込んでしまい、脂肪がつきやすくなると言われています。

そのため、インスリンの分泌を抑えることで、食べた物を脂肪として溜め込みにくくなると言われています。

 

押し麦ダイエットのやり方!


押し麦ダイエットは、毎日の食事の主食を押し麦が入ったご飯(麦ご飯)に変えるダイエット方法になります。

食事を押し麦のみにする、いわゆる置き換えダイエットではありません。

あくまでも主食を押し麦入りのご飯に変えるだけなので、その他のおかずも食べることができますし、主食を押し麦にするのではなく、スープやサラダに押し麦を活用してもOKです。

また、押し麦自体のカロリーは白米とそれほど変わらないため、押し麦を食べて摂取カロリーを落とすダイエットではありません。

押し麦ダイエットのポイントやコツ!食べるタイミングや食べ方


押し麦ダイエットは、一日3食の主食を押し麦の入った麦ご飯に変えるダイエット方法になります。

そのため、食べるタイミングとしては食事時と言うことになります。

また、食べ方も基本的には主食を白米から麦ご飯にチェンジでOKですが、おかずによってはご飯を食べないこともありますよね。

そのような時は、スープやサラダなどに茹で押し麦をトッピングするのがお勧めです。

茹で押し麦は、押し麦を茹でただけのものですが、出来上がったスープやサラダに入れるだけで手軽に押し麦を摂ることができます。

もちろん、炊き上がった白米に混ぜ込んでも大丈夫です。

毎日麦ご飯を準備するのは面倒という方は、あらかじめ多めに茹で押し麦を作り置きしておき、食事の時に解凍して使うことで手間が省けて便利です。

押し麦ダイエットの注意点


押し麦ダイエットでは、押し麦の食べ過ぎに注意をする必要があります。

押し麦に含まれる食物繊維は、適量を摂る分には腸内環境を整えてくれる効果が期待できますが、過剰摂取をするとお腹が緩くなったり、逆に便秘になってしまったりと、腹痛などの原因になる恐れがあります。

また、食物繊維は消化されにくい性質のため、胃腸に負担が掛かりやすくなることから、いくらダイエットに効果があるからと言って、食べ過ぎるのは止めましょう。

食物繊維が多く含まれる食べ物は、よく噛んで、できるだけ消化の負担を減らすことも大切です。




ダイエットに効果的な「押し麦」の炊き方


押し麦には独特の香りや食感があるため、全てを押し麦にしてしまうととても食べづらいと思います。

そこで、最初は白米に少量の押し麦を足して炊飯する方法で行うのがよいでしょう。

押し麦は白米と一緒に炊飯器で手軽に炊くことができます。

なお、お勧めの炊き方としては、白米3合を炊飯器に入れて水を目盛り分セットしたら、そこに50g分の押し麦を入れ、押し麦の2倍量の水(この場合は50×2で100ml)の水を足して炊飯すると、押し麦が固くなりすぎず、香りや食感に苦手意識を持ちにくい炊き上がりとなります。

押し麦の量を変えたら、×2の水を足すと覚えておけば、自分の食べやすい量を試しやすいと思います。

押し麦ダイエットの口コミや体験談


・ダイエットのために押し麦を食べ始めたというよりは、食感が好きで食事に取り入れるようになったのですが、サラダやスープ、ご飯に押し麦を混ぜて食べていたところ、2ヵ月で3㎏ほど痩せました。運動や食事制限は行っていないので、押し麦のダイエット効果だと思っています。

・押し麦入りのご飯を食べるようになってから、全く便秘をしなくなりました。体重自体は減ってはいないのですが、それは毎日行っているウォーキングの距離が伸びてきたので、もしかしたら筋肉が付いたから?と思っています。周囲からは「痩せた?」と聞かれるようになったので、確実に体が引き締まってきていると思います。

・押し麦を始め、雑穀を混ぜたご飯が好きで白米だけのご飯は、ここ10年ほど食べていません。私自身は体重の変動はありませんが、夫が元々量を食べる人だったのが、押し麦入りのご飯に変えてからは食べる量が自然に減り、大幅に体重が減ってダイエットに成功しました。

押し麦ダイエットにおすすめのレシピ3選!

押し麦ダイエットは、麦ご飯を主食として食べる方法以外にも、押し麦を使った料理を摂ってもOKです。

そこでここでは、押し麦ダイエットにお勧めのレシピをご紹介したいと思います。

押し麦とアボカドとトマトのサラダ


押し麦を茹でて冷水にとり、水気を切っておきます。

トマトは半分~1/4の大きさに、アボカドは1㎝角に切ってレモン汁を掛けておきましょう。

ボールにアボカド、トマト、押し麦、オリーブオイル、酢、塩(天然塩)を入れて混ぜ、最後にブラックペッパーを振ったら器に盛って完成です。

冷蔵庫で冷やしてから食べて下さい。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/1795853

押し麦でお腹すっきり*白菜のミルクスープ


白菜とベーコンは1㎝幅、玉ねぎは薄切りにし、鍋にオリーブオイルを入れて白菜の白い部分、玉ねぎ、ベーコンを炒めたら、クレイジーソルトとすりおろしたにんにくを加えて味を調え、水、ブイヨンを注ぎます。

煮立ってきたら、水洗いして水切りした押し麦と白菜の青い部分を鍋に入れ煮込み、さらに牛乳を加えて煮込みます。

蓋をして5分ほど蒸らしたら完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/2681957

押し麦の豆乳リゾット豆腐入り


野菜は何でもOKなので、固いものはレンジでチンするか下茹でしておき、食べやすい大きさにカットします。

鍋に押し麦、豆腐、好きな野菜、千切り(もしくはみじん切り)のショウガ、豆乳を入れて沸騰しないように注意しながら加熱します。

一度火を止め、白味噌、めんつゆを入れたら、再び少し(5~10秒)煮込んで完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/1582923

押し麦ダイエットのコツと正しいやり方!効果や注意点は?のまとめ

押し麦ダイエットは、摂取カロリーを抑えるダイエット方法ではなく、食物繊維の力で腸の調子を整え、痩せやすい体質へと変えていくダイエット方法です。

そのため、始めてすぐに効果は表れにくいですが、こつこつと続けていくことで便秘解消や脂肪の蓄積を抑える働きによって、少しずつ太りにくい体質へと変化していくでしょう。

人の体は前に食べた物の影響を60日ほど受けると言われているので、まずは2ヵ月を目標に続けてみることが大切です。