酒粕ダイエットのやり方と痩せた口コミやおすすめレシピ!

酒粕ダイエットのやり方と痩せた口コミやおすすめレシピ!



酒粕ダイエットの効果や気になるカロリーは?

お酒は好きでも酒粕が好き、という人はあまりいないかも知れません。

しかし、スーパーの陳列棚に酒粕が並び始めると「甘酒や粕汁でも作ろうかな」と思う人もいるかも知れませんね。

このように、普段の生活で関わりの薄い酒粕がダイエットによいとして、注目を集めています。

とは言え、どうして酒粕がダイエットによいのか不思議ですよね。

お酒には太りやすいイメージを持っている人も多いことから、敢えて避けていた方も多いはずです。

そこで今回は、酒粕ダイエットについて調べてみました。

酒粕ダイエットやり方効果、気になるカロリー口コミ、お勧めのレシピなどをご紹介したいと思います。




酒粕ダイエットとは?気になるカロリーは?


酒粕ダイエットとは、酒粕を食べるダイエットになります。

酒粕と言えば、甘酒や粕汁の材料として使われるのが一般的ですが、それ以外の料理ってちょっと思いつきませんよね。

そのような場合は、酒粕をそのまま食べてもOKです。

「え?酒粕ってあのまま食べられるの?」と思った方もいるかも知れませんが、そのまま食べても問題はありません。

ちなみに、酒粕のカロリーは100gで227㎉程度となっています。

決して低カロリーというわけではないのですが、酒粕にはダイエットによい成分が多く含まれているので、カロリーを抑えてダイエットをするというよりは、有効成分を積極的に摂取してダイエットを行う方法になります。

 

酒粕ダイエットの効果やメリット!


酒粕がダイエットによいと言われているのは、ダイエットに有効な成分が含まれているからと言われています。

それでは、酒粕には含まれている成分によって、どのような効果が期待できるのでしょうか。

①便秘解消

酒粕には、原料となるお米の5~10倍の食物繊維が含まれています。

また、それ以外にもたんぱく質の一種であるレジスタントプロテインが含まれており、こちらも食物繊維と同様に消化しにくい性質のため、腸まで届いてお通じを改善する働きがあると言われています。

②脂肪の蓄積を防ぐ

酒粕には、脂質や糖質の代謝を促進するビタミンB群が含まれていることから、食べた物が脂肪として溜まるのを防ぐ働きがあると言われています。

③コレステロールを低下させる

レジスタントプロテインには、血中の悪玉コレステロールを排出する働きがあるため、コレステロールを低下させる効果も期待できます。

なお、コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールがありますが、善玉コレステロールは体にとってよい働きをするもの。

一方の悪玉コレステロールは、値が高いと生活習慣病の原因になることがありますが、レジスタントプロテインは悪玉コレステロールのみを低下させると言われています。

酒粕ダイエットのやり方


酒粕ダイエットは、毎日50gの酒粕を摂って行います。

50gは一日の摂取量となるので、一度で摂ってもよいですし3回(朝食、昼食、夕食)に分けて摂ってもよいでしょう。

また、摂り方にも特に決まりがあるわけではないので、調理が面倒であればそのまま食べても構いません。

酒粕ダイエットは、短期間で効果が現れるダイエット方法ではないので、中長期的に続ける必要がありますが、そのためには食べ飽きしないことが大切と言えます。

調理を工夫することはもちろんですが、酒粕は材料が同じでも酒蔵によって味や香りが微妙に異なります。

そのため、自分のお気に入りの酒粕を探してみるのも楽しいでしょう。

酒粕ダイエットのポイントや注意点!


酒粕ダイエットを行うにあたり、注意したいことがあります。

それは、酒粕にはアルコールが含まれているため、摂取した後に車を運転すると、飲酒運転で検挙されてしまいます。




そのため、仕事などで車の運転をする場合は、酒粕は摂取しないようにして下さい。

酒粕ダイエットは、一日50gを摂取すればよいので、そのような時は食後に車の運転が必要ない夕食後に摂るようにするとよいでしょう。

また、酒粕ダイエットを行うにあたり、甘酒として酒粕を摂取するのはお手軽ですが、甘酒は飲みやすくするために砂糖をたくさん使います。

酒粕自体もカロリーがある上、砂糖を足してしまうことでさらに摂取カロリーが増えてしまうことから、酒粕ダイエットで甘酒を利用するのは控えた方がよいでしょう。

酒粕ダイエットで痩せた口コミは?


・毎年冬になると甘酒を作るために酒粕を買っていたのですが、その酒粕がダイエットによいとのことだったので、今年は味噌汁に入れたり白和えにしたりして、食事のレシピとしても活用してみました。すると、お通じがよくなってウエストが2㎝ほど減りました。それでも最初は便秘が解消された分お腹が減ったのかなと思う程度でしたが、そのまま続けていると体重が3㎏ほど減っていて、これは酒粕のダイエット効果だと確信しました。酒粕ダイエットは食事制限がないので無理なく続けることができます。

・酒粕ダイエットを始める前は、酒粕を摂るだけで本当に痩せるの?と半信半疑でしたが、毎日酒粕を使ったレシピを摂り入れた食事を行っていたところ、お通じがよくなって体重が2㎏ほど痩せました。

・テレビ番組で見たのを切っ掛けに、酒粕ダイエットを行っています。私の場合は酒粕ダイエットのみではなく、エクササイズも行っていますが、今までに5㎏痩せました。無理なく続けられるので、自分にはとても合っている方法だと思います。

酒粕ダイエットにおすすめのレシピ3選!

酒粕ダイエットを成功させるコツは、酒粕に食べ飽きしないことが重要。

そこでここでは、酒粕を使ったダイエットにお勧めのレシピをご紹介したいと思います

乳製品不使用*酒粕入りクラムチャウダー


ベーコン、たまねぎ、じゃがいも、にんじん、インゲンを1㎝に切り、油をひいた鍋にあさりと一緒に炒めます。

豆乳を入れて煮た後、酒粕と白味噌を加え、塩で味を調整して完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/4870947

酒粕みそ和え(アボカド)


アボカドを角切りにし、酒粕と白味噌をボールで混ぜた後に入れ、和えて完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/4763902

和風酒粕グラタン


油をひいたフライパンに酒で下味をつけた鮭を焼き、そこに1㎝ほどの角切りにした白菜の芯、白ねぎを入れて炒め、さらに葉も入れて炒めた後、小麦粉がダマにならないよう注意しながら炒めます。

豆乳を入れてとろみをつけ、酒粕と白味噌を入れて、黒コショウで味を調えたら耐熱皿に移し、パン粉をかけてオーブンで焼いて完成です。

参考URL: https://cookpad.com/recipe/3614647

酒粕の賞味期限や保存方法!


酒粕には発酵のための微生物が含まれているため、常温に置いておくと熟成しすぎて色や味が変化してしまいます。

そのため、保存をする場合は冷蔵もしくは冷凍保存を行うのが一般的です。

冷蔵保存では、例え開封してしまったとしても、3~6か月ほど保存をすることができます。

とは言え、冷蔵保存でも熟成は進んでしまうので、できるだけ早めに食べるようにしましょう。

冷凍保存では、熟成が止まるため冷蔵保存より長く保存が可能になります。

期間は1年ほどですが、1年を過ぎると水分やアルコールが飛んでしまい、酒粕本来の風味が損なわれたり、パサついてしまうので注意が必要です。

酒粕ダイエットのやり方と痩せた口コミやおすすめレシピ!のまとめ

酒粕ダイエットは、一日50gの酒粕を摂取するダイエット方法になります。

酒粕はそのまま食べてもよいですし、調理に使ってもよいでしょう。

ただし、酒粕にはアルコールが入っているので、車の運転を行う時は事前に食べないようにして下さい。