するめダイエットのやり方と効果!食べるタイミングはいつがいいの?

するめダイエットのやり方と効果!食べるタイミングはいつがいいの?



体臭や「におい」は大丈夫?するめダイエットの口コミは?

ダイエットで食事制限をしたり、運動でカロリーを消費すると、空腹を感じる時間が長くなりますよね。

体に必要なカロリーが足りていないため、ある意味でそれは当然なのですが、いくらダイエット中であっても空腹に耐えるのは思っている以上大変です。

ダイエットに失敗してしまう多くの方が、空腹に耐え切れず食べてしまったり、イライラしてダイエットを止めてしまうからと言われています。

つまり、ダイエットにおいて空腹をコントロールすることはとても大切なこと。

そこで最近注目されているのが、するめダイエットです。

しかし、するめと言えばおじさんがお酒のつまみに食べるイメージが強く、体臭やにおいが気になる人もいますよね。

それに、するめを食べてどうしてダイエットになるのか、不思議だと思いませんか?

そのような方のために、今回はするめダイエット効果やり方食べるタイミングなどをご紹介したいと思います。




するめダイエットとは?気になるカロリーは?


するめダイエットとは、するめを食べるダイエット方法になります。

とは言え、するめを食べるのは食事時ではありません。

するめダイエットでは、間食でするめを食べます。

普段、間食をしない方にとって、するめを食べる分摂取カロリーが増えてしまうため、意味がないと思うかも知れませんが、間食しない方でも間食にするめを食べた方がよいと言われています。

なぜなら、するめはよく噛んで食べるため、腹持ちがよく、食事の量を減らすことができるからです。

間食をしなくても、三食はキッチリ、たっぷり食べるという方の場合、するめを間食で食べることで食事の量を減らしてダイエットに役立つと考えられています。

ちなみに、するめのカロリーは100gで330㎉ほどと言われていますが、一度に100gも食べることはなく、せいぜい10切れ程度と言われています。

10切れなら60㎉ほどと言われているので、間食でするめを食べてもその分食事の量を減らすことができれば、ダイエットとして成立します。

 

するめダイエットの効果やメリット


食事をしたはずなのに、お腹が空いてイライラしてしまうのには、血糖値が関係しています。

私達が主食として食べているご飯やパンに含まれる糖質は、食後の血糖値を急激に上げやすいものです。

急上昇した血糖値は、その後急降下をするわけですが、この急降下時に体内の糖質が減っていると感じ、脳が食欲として「食べ物を摂るように」指示すると言われています。

しかし、この指令通りに間食として糖質を摂ってしまえば、当然ながら太りやすくなってしまいますよね。

そこで、するめを食べることで、余分な糖質を摂ることを防ぐことができるのです。

するめには糖質が含まれていませんが、よく噛んで食べることでそれが脳に伝わり、満腹中枢を刺激して空腹を緩和してくれます。

また、するめにはたんぱく質が多く含まれており、たんぱく質の摂取によって筋肉が維持されるため、基礎代謝が低下しにくくなると言われています。

近年、ダイエットには低カロリー高たんぱく質のものを摂るとよいと言われていますが、まさにするめは低カロリー高たんぱく質な食材と言えます。

するめダイエットのやり方


するめダイエットは、間食にするめを食べて行います。

また、間食のタイミングではなくても、お腹が空いておやつを食べてしまいそうな時にするめを食べるのも効果的です。

小腹が空くと、手軽に食べられるスナック菓子などについ手が伸びてしまいがちですが、スナック菓子は糖質が多く、カロリーが高いため、自分では少量のつもりでも思いのほかカロリーが高くなってしまう傾向にあります。




さらに、スナック菓子は一度食べ始めると、少しだけで止めることができません。

そのため、気が付いたら一袋完食してしまい、カロリーの摂り過ぎになってしまいます。

しかし、するめなら10切れ食べても60㎉、5切れならその半分のカロリーで済みます。

ダイエットにおすすめの「するめ」の種類は?


ダイエットとしてするめを食べる場合は、なるべく固めの物を選ぶのがよいでしょう。

理由は明確で、固い方が食べ応えがあり、必然的に咀嚼回数が増えるからです。

しっかり噛むことで唾液の分泌が促されると、人は満腹を感じやすくなると言われています。

するめと似たようなものに、同じイカから作られるさきイカがありますが、さきイカは食味がやわらかく、味付けも濃いため食が進みがちで、ダイエットに向きません。

このようなことから、するめダイエットをする時はしっかりと固い物を選ぶようにしましょう。

空腹時や夜食の間食やおやつにもOK?するめダイエットにおすすめの食べるタイミングは?


するめダイエットのやり方でもご紹介した通り、するめを食べるタイミングとしては、間食や空腹時になります。

夜、お腹が空いてどうしても眠れないという時も、2~3切れのするめならカロリーを気にする必要がないのでお勧めです。

ただし、消化が悪いと胃腸に負担を掛けて睡眠の質を下げてしまうので、夜食としてするめを食べる時にはいつも以上にしっかりと噛んで食べるようにしましょう。

また、間食の習慣がなく間食でするめを食べるのが難しいという方は、食事の前にするめを食べる方法もあります。

食事を始める20~30分前に、するめをよく噛んで食べることで満腹を感じやすくなり、その後の食事の量を自然に減らすことができます。

同様に、食後に「もう少し食べたい」と思った時に、数切れのするめを噛むことで食欲を抑えて、カロリーの摂り過ぎを防ぐことができます。

するめダイエットのデメリットは?体臭や「におい」は大丈夫?


するめは独特の味や香りがあるため、ダイエットとして毎日食べていると、体臭がきつくなったり口臭がするのでは?と気になる人もいるのではないでしょうか。

しかし、するめをよく噛んで食べることで唾液の分泌が促されると、口内が唾液によって殺菌されるので、口臭はむしろ軽減すると言われています。

特にドライマウスで悩んでいる方は、するめを噛むことで唾液が多くなり、ドライマウスを解消することができます。

ただし、するめ自体に匂いがあるので、人に会う約束がある場合はするめを食べた後は、歯磨きをした方がよいでしょう。

なお、するめダイエットを行うにあたり、注意したいことにするめの塩分があります。

するめはカロリーが低いため、多少食べ過ぎても摂取カロリーが大幅に増えることはありませんが、塩分の含有量は多いので塩分の過剰摂取は気になるところ。

そのため、するめダイエットを行う時は、量を食べるのではなく、よく噛んで食べることを意識するのがよいでしょう。

するめダイエットの口コミや評判!


・ダイエットとして意識していたわけではなく、するめが好きで毎日食べていたら、ある日周囲の人から「痩せた」といわれるようになりました。どうやら噛む習慣がついたことで、小顔効果があったみたいです。

・するめを噛んでいると、本当にお腹が満たされてくるので、食事制限系のダイエットを行う時はするめをよく使っています。

するめダイエットのやり方と効果!食べるタイミングはいつがいいの?のまとめ

するめダイエットは、間食や空腹時にするめを噛むことで、満腹感を得て余計な物を食べないようにするダイエット方法になります。

するめをよく噛むことで満腹中枢が刺激され、空腹を解消することができます。

また、食事をつい食べ過ぎてしまうという方は食事の前にするめを食べるのも効果的です。

自分に合ったやり方を選び、無理なく摂取カロリーを減らしましょう。