散歩ダイエットの効果的なやり方!痩せない場合の対処法は?

散歩ダイエットの効果的なやり方!痩せない場合の対処法は?



散歩ダイエットが成功する距離や時間帯と口コミや体験談も!

脂肪燃焼に有酸素運動が効果があることは、もはや一般的に広く知れ渡っていることですよね。

つまり、痩せるためにはジョギングや水泳などを行うことは必須と言えますが、運動と聞いただけで拒否反応がでるくらい、運動はしたくない、苦手という人は世の中に結構います。

中には、運動するくらいなら食事を摂らない方がマシ!と言う人もいますが、食事は生きるためには必要不可欠なことですから、できれば体を動かすことでカロリーを消費したいもの。

そんな方にお勧めなのが散歩ダイエットです。

しかし、散歩くらいで本当にダイエットができるのか疑問ですよね。

そこで今回は、散歩ダイエットについて調べてみました。

散歩ダイエット効果やり方目安となる距離お勧めの時間帯、気になる口コミはもちろんのこと、痩せない場合の対処法も合わせてご紹介したいと思います。




散歩ダイエットとは?消費カロリーは?


散歩ダイエットとは、散歩をするダイエットです。

散歩とよく似たものにウォーキングがあります。

どちらも歩くという点では共通していますが、決定的に違うのはウォーキングは有酸素運動だということ。

ウォーキングはただ歩いていても意味がありません。

脂肪燃焼効果を上げるために、腕の振り方、足の上げ方、スピード、距離、呼吸などを意識して行うのが正しいやり方になります。

一方の散歩はそのようなことを意識する必要がありません。

「空が青いな」「空気が美味しいな」なんて、風景を楽しみながらのんびり気ままに歩くだけ。

運動をしているという意識は少しもないでしょう。

しかし、そんな感じで本当にダイエット効果があるのか疑問ですよね。

散歩による消費カロリーは一時間ほどで160㎉と言われており、思った以上に多いため、運動だと意識せずに行ってもしっかりとカロリーを消費することができます。

 

散歩ダイエットの効果やメリット


散歩ダイエットのメリットは、何と言っても運動をしているという意識がなく、カロリーを消費できるところにあるでしょう。

ある実験では、時計を見ずに30分ウォーキングをして下さいと言ったところ、多くの人が30分経たないうちに30分経過したと感じたのに対し、散歩をした人はほぼ30分以上散歩を行ったそうです。

また、散歩とは言え歩くことによって、下半身、特にふくらはぎの筋肉が鍛えられるため、血行が促進してむくみや冷えの解消に繋がります。

寒い中歩いていても、体がだんだんと温まっていくのは、血液の循環がよくなることで体が温められている証拠。

体温が上がると代謝がよくなり、痩せやすい体を作ることができます。

散歩ダイエットのやり方!距離はどれぐらいがベスト?


散歩ダイエットのやり方はとても簡単。

ただ、散歩をするだけでOKです。

ウォーキングやジョギングのように専用のシューズを用意する必要はありません。

ウェアもいりません。

いつもの服装で気軽に家を出て歩いてみましょう。

とは言え、ダイエット効果を期待するなら、どれくらいの距離を歩けばいいのか気になりますよね。

散歩ダイエットでは、距離も気にする必要はありません。

ただし、一応の目安として脂肪が燃えてカロリーが消費されやすくなるのが、歩き始めて20分以上経過してからと言われているので、距離ではなく時間を一つの目安にするのがよいでしょう。

散歩ダイエットのポイントとコツ!時間帯はいつがいいの?


散歩ダイエットのコツは、楽しんで行うこと。




楽しくなければ、何事も長続きはしませんよね。

散歩ダイエットは1~2回行ってすぐに効果が現れるわけではないので、中長期的に継続することが重要になるため、散歩を楽しんで行うことができるかどうかが、成功のカギと言えます。

写真を撮るのが好きな方は、カメラを片手に街を歩いてみるのもよいでしょう。

雑貨が好きな方なら、雑貨屋さん巡りを目的にしてみたらいかがでしょうか。

散歩の途中、立ち止まったり方向転換しても構いません。

そんな風に自由気ままにふらふらしていたら、あっという間に20~30分過ぎてしまいますが、そうなったらしめたもの。

楽しみながらカロリーを消費できて、まさに一石二鳥と言えます。

また、特に散歩に向いている時間帯などはありませんが、起床してすぐは体への負担が大きいためお勧めはできません。

加えて、真夏の暑い時期は熱中症にならないように気を付けましょう。

散歩ダイエットの注意点


散歩と言えども、水分補給は行うようにして下さい。

夏の暑い時期は誰でも意識して水分を摂りますが、秋や冬も思っている以上に汗をかいて水分が失われています。

散歩ダイエットの場合、特に運動をしている自覚なく気が付けば一時間くらい歩いていた、ということも案外ザラに起こりますが、そうなると心配なのが水分不足による脱水です。

散歩に慣れて長時間歩くのが苦痛に感じないという人は、必ず水分を持ち歩くようにしましょう。

散歩ダイエットの口コミや体験談


・散歩でダイエットなんてできるはずがない、という方もいると思いますが、私の場合ストレスによる暴飲暴食で8kgほど太ってしまった時、運動不足を解消するために散歩を始めて今に至っていますが、5年かけて10㎏の減量に成功しました。5年で10㎏ということは1年で2㎏ペースなのでかなり緩やかに痩せていますが、今のところリバウンドなしです。

・散歩だけではないのですが、間食を止めて散歩を毎日40分ほど行っていたら、3ヶ月ほどで7㎏の減量に成功しました。

・今までは暇な時間ができるとテレビを見ながら、つい間食をしてしまっていたのですが、暇になったら散歩に出るようにしてみたところ、間食がなくなった分減量しています。気分転換にもなるので今では暇じゃなくても散歩に出ることがあります。

・今まで色々なダイエットをしましたが、散歩ダイエットが一番長続きしています。結果がすぐに見えないのがもどかしいですが、毎日の地道な積み重ねが5年後10年後の自分に返ってくると信じています。

・一人だと散歩する気にならなかったのですが、犬を飼い始めたところ楽しくて毎日行っています。

散歩ダイエットで痩せない場合の原因と対処法!


散歩ダイエットで消費できるカロリーは、一時間歩いて160㎉ほど。

歩く時間が短ければ、当然消費カロリーも少なくなってしまう分、結果が出るまでにはかなり長い時間が必要となります。

そのため、散歩ダイエットは短期間で痩せたいという方には向きません。

また、毎日散歩をしても痩せないという方の中には、散歩でカロリーを消費している分、食べても大丈夫と過信している場合も多く見られます。

あくまでもダイエット中だということを忘れず、食事は栄養バランスを考えつつも、なるべく低カロリーのものを摂るようにするのがよいでしょう。

散歩ダイエットで、比較的短期間で結果が出ている方は、食事制限を合わせて行っている場合が多いようです。

このようなことを踏まえ、今一度、自分の食生活をよく見直してみることが大切です。

散歩ダイエットの効果的なやり方!痩せない場合の対処法は?のまとめ

散歩ダイエットは、とにかく運動が苦手という方でも気軽に取り組めるダイエット方法です。

毎日楽しんで散歩をするだけでカロリーを消費し、痩せやすい体を作ることができます。

気分転換にもなるので、他のダイエットを行っている場合もお勧めの方法と言えるでしょう。