つま先立ちダイエットで引き締まった美しい脚に!そのやり方は?

つま先立ちダイエットで引き締まった美しい脚に!そのやり方は?



つま先立ちダイエットの効果的なやり方と口コミ!

食事制限のダイエットをしても、体重は減るけど足が細くならない・・。

こんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

足を細くするには運動がよいと言いますが、ジムに通ったり筋トレをする時間がないという人もいますよね。

そのような場合に知っておくと使えるのが、つま先立ちダイエットです。

わざわざジムに通ったり筋トレをしなくても、つま先立ちならどこでも気軽に行うことができるので、思い立ったらすぐにダイエットを行うことが可能です。

でも、つま先立ちをするだけで、本当にダイエット効果が得られるのでしょうか。

そこで今回は、つま先立ちダイエットやり方消費カロリー、気になる口コミなどをご紹介したいと思います。


Sponsored Link


つま先立ちダイエットとは?消費カロリーは?


つま先立ちダイエットとは、その名の通りつま先立ちをするダイエット方法になります。

つま先立ちと聞いて思い浮かぶのは、バレリーナや新体操の選手だと思いますが、皆さん一様に程よく筋肉の付いた綺麗な足をしていますよね。

また、モデルも美しいウォーキングを見に付けるために、つま先立ちをして歩く練習すると言います。

つまり、美脚を手に入れるためにはつま先立ちはとても効果的な運動方法と言えるのです。

なお、消費カロリーについては、つま先を付けて歩いてもつま先立ちで歩いても、2.7㎉ほどとなっており、つま先立ち自体で消費カロリーが上がることはありません。

しかし、つま先立ちを繰り返して行うことで筋肉量が増えると、つま先立ちをしている時に消費されるカロリーはもちろんのこと、何もしていない時のカロリー消費(基礎代謝)もアップしますので、結果的にはただ歩くよりも消費カロリーを上げることができます。

 

つま先立ちダイエットの5つの効果とメリット


つま先立ちダイエットのメリットは、時間や場所を選ばずに気軽に行えるところです。

ダイエットをしたい気持ちはあるのに、時間に都合をつけられず断念している人は以外と多いものですが、つま先立ちダイエットではそのような心配はいりません。

つま先立ちダイエットでは、主にふくらはぎの筋肉を鍛えることができますが、ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるほど重要な意味を持つ部位です。

心臓から全身に送り出された血液、末端を通って再び心臓へと戻りますが、重力の影響を受けやすい足(下半身)は血液やリンパ液が滞りやすく、血行不良が原因で代謝が落ちやすいと言われています。

しかし、ふくらはぎに適度の筋肉があると、筋肉がポンプ代わりとなって血液を心臓へと送り返すため、

・血行不良が改善し、代謝が上がる

・むくみが解消する

・冷えが解消する

・体の隅々にまで血液によって酸素や栄養が届くため、肌の調子がよくなったり便秘解消が期待できる

などの効果があると言われています。

また、つま先立ちを維持するためには上半身がフラフラしないようにバランスを保つ必要があるため、姿勢がよくなると言った効果も期待できると言われています。

つま先立ちダイエットの正しいやり方(基本)


つま先立ちダイエットは、美脚を作るだけではなく全身の血行を促して代謝を上げる効果があるものですが、間違ったやり方で行うとダイエットどころか逆に足を太くしてしまう恐れがあります。

正しいつま先立ちとは、足に力を入れるのではなくお腹をお尻に力を入れるもの。

「でもそれではふくらはぎの引き締めに効果がないのでは?」と思うかも知れませんが、つま先立ちの状態でふくらはぎに力を入れようとすると外側に力が入りやすくなり、足が太くなる原因となってしまいます。


Sponsored Link


つま先立ちをする時は足の親指で床や地面を抑えるようにし、お腹とお尻に力を入れることで均等のとれたふくらはぎを作ることができます。

更に効果を高める3つのつま先立ちダイエットのやり方

つま先立ちするだけでもダイエット効果が期待できますが、ここではさらに効果を高めてくれるつま先立ちダイエットの方法をご紹介したいと思います。

つま先立ち筋トレ

①台に上って、壁に手をつきます。

②台に上った時、片足は台に半分乗せて、もう一方の足は少し浮かしましょう。

③台に乗せた方の足でつま先立ちをします。

④ゆっくりと足を下ろします。

⑤この動作を20回繰り返します。

⑥反対側の足も同様に行いましょう。

電車の中でできるつま先立ち

①椅子に浅めに腰を掛けます。

②かかとの上げ下げを行います。

③次に両ひざとくるぶしをぴったりと揃えて両足で押し合います。

④次に、お腹に力を入れ、両足を揃えて軽く浮かせて10秒キープします。

つま先立ちスクワット

①足を開き、両手を腰に当てて立ちます。

②膝を曲げて腰を下ろし、スクワットを行います。

③膝を伸ばして元の体勢に戻ったら、お尻を引き締めてつま先立ちになります。

④そのまま3回つま先立ちを行い、再びスクワットを行います。

⑤①~④を繰り返します。

つま先立ちダイエットのポイント!


つま先立ちダイエットは、自宅以外にも様々な場所で行うことができます。

例えば、信号待ちをしている時や、通勤・通学中のバスや電車の中、仕事中・授業中に座っている時など、気が向いた時に気軽に行うことができます。

椅子に座っている時は、膝を直角にして足を下ろし、つま先立ちになります。

一日に10~20回ほど(もしくは30秒)つま先立ちを行うことで、ダイエット効果が期待できると言われているので、時間を有効活用してみてはいかがでしょうか。

つま先立ちダイエットの注意点


つま先立ちを行う時は、いきなりめいっぱいつま先立ちをするのではなく、徐々に慣らすことが大切です。

つま先立ちに慣れていない状態で、かかとを床から遠く離してしまうと、体がふらついて転倒など怪我の原因になることがあります。

無理をせず、自分のできる範囲からゆっくりと始めるようにして下さい。

また、ダイエット効果を高めるためにつま先立ちの回数を増やしたり、長時間つま先立ちを行うと、疲労が溜まって血行不良やむくみなどの原因になることがあります。

つま先立ちダイエットを行った後は、必ずマッサージをして足の疲労を解消するようにしましょう。

つま先立ちダイエットの口コミや体験談


・毎日忙しく、なかなかダイエットをする時間が取れないという人でも、つま先立ちならいつでもできるので取り入れやすいのではないでしょうか。私自身も忙しい身で腰を据えて行うダイエットはできない状態なのですが、つま先立ちダイエットを行うようになってから、足がほっそりとして引き締まってきたような気がします。

・つま先立ちダイエットは特別な道具もいらず、どこでも気が向いた時に行える手軽さがいいですよね。私も行っていますが通常の生活をしているだけではなかなか使わない筋肉を使っているようで、たるんだ体がだんだんと引き締まってきたように思えます。

つま先立ちダイエットで引き締まった美しい脚に!そのやり方は?のまとめ

つま先立ちダイエットは誰でも簡単に行うことができるダイエットです。

ただし、正しいやり方で行わないと、返って足が太くなってしまうので注意が必要です。

また、つま先立ちダイエットだけでは思うような効果が得られないという場合は、カロリーを抑えた食生活を行うのもよいでしょう。

とは言え、無理な食事制限は筋肉量を減らすことになるため、栄養バランスのとれた食事を行うようにして下さい。


Sponsored Link