痩せ体質を作る方法はコレ!ストレッチや筋トレ・食べ物!

痩せ体質を作る方法はコレ!ストレッチや筋トレ・食べ物!



痩せやすい体質は生まれつきか!筋トレやサプリで改善できる?

まずダイエットを成功させるためには痩せ体質を作る方法を学ぶことが重要です。

ストレッチや筋トレも重要ですが、食べ物による栄養摂取も理解して状況次第ではサプリメントも使った方が良いでしょう。

生まれつきの体質として世の中には痩せやすい人と痩せにくい人がいますが、どうやったら痩せやすい側の人間になれるのでしょうか。




痩せ体質を作る方法【基本的な考え方】


痩せやすい人、太りやすい人、なかなか痩せにくい人など体質で片付けるには色々と突っ込みたい要素が人間には大量にあります。

どうすれば、痩せ体質になることができるのでしょうか。

この痩せ体質になりたいという方々にまずは考えてもらいたいことは、食生活に気をつけて摂取カロリーと糖質摂取量を意識しつつ栄養バランスを取ることと、カロリー代謝や脂肪燃焼効率が上がりやすい身体にすることです。

前者は、いわゆるこってりした食事ばかりをしている人とか甘い物ばかり食べて糖質摂取量がどう考えても基準値以上になってしまう人はアウトというものになります。

もちろん、料理をするのが面倒でひたすら同じ物を買い食いしているという人も栄養価が偏るので、便秘になりやすくなって肌荒れといったトラブルも発生し、筋肉もできにくくなり基礎代謝も低下しやすくなるでしょう。

毎日計測しろとは言いませんが、自分の糖質摂取量やカロリー摂取量がどうなっているのかを一度測ってみることが有効になります。

また、現代人は事務仕事などが非常に増えているので昔の人たちからすると運動量そのものが少なくカロリー摂取量もかなり少なくなっています。

なので、運動量が少ない生活をしている人は軽い筋トレでも良いので筋肉量を減らさないように意識してください。

筋肉量が低下するとそれだけで基礎代謝が低下するので太りやすくなります。

また、睡眠の質が低下すると寝ている時に出てくる成長ホルモンの量も激減してしまい、食欲が出やすくなる太りやすくなるホルモンが大量に出るようになってしまうのでより太りやすくなるでしょう。

つまり、栄養バランスを考えた食生活をしつつしっかりとした睡眠を確保して、運動を程なく実行するような「絵に描いたような健康的な生活」をすることが最大の痩せやすい体質の近道になります。

痩せやすい体質は生まれつきという話も?


この痩せやすいかどうかというのは生まれつきの体質という意見も非常に多いのです。

人間にはエネルギーを蓄える「白色脂肪細胞」と脂肪を分解して燃焼させる「褐色脂肪細胞」の2種類が存在しているのですが、この細胞の質と量は産まれたときから決まっているという意見があるのです。

人間には50種類以上の肥満遺伝子が存在していると言われており、この肥満遺伝子の働きによって褐色脂肪細胞の働きが決まるとすら言われています。

今の日本では4人に1人がこの肥満遺伝子によって褐色脂肪細胞が働きにくい状態になっているとのことで、その人は産まれながらの「痩せられない体質」になっていると言えるでしょう。

もちろん、後天的にこの褐色脂肪細胞を活性化させる方法もありますが、生まれ持った時点である程度差ができてしまうのは仕方が無いことと諦めるしかないでしょう。

痩せ体質を作る方法【おすすめのストレッチ】


痩せた異質にするためにはストレッチのような運動で普段使わない部位を有効的に刺激することで脂肪燃焼効率を上げることが重要です。

このストレッチの考え方は使わない筋肉を刺激することで痩せやすい状態にするのか、それとも骨盤矯正など体の歪みをとって血の巡りなどを改善して老廃物が除去しやすくて脂肪燃焼効率が高くなりやすい身体にするのかの2種類が大々的なものとなっています。

いわゆる前者は運動をする前に実行するようなストレッチが該当しますが、後者は「骨盤矯正ストレッチ」などが該当しますので、目的によって切り替えるのがベストでしょう。




女性の場合は骨盤矯正ストレッチだけでおもいっきり痩せた異質に体が変わってくれる人も多いので、意識して取り入れるとかなりスッキリした体になります。

また、ヨガのように本気で実行したらストレッチだけど汗が出るくらいキツイものもありますので、有酸素運動のように取り入れていくのも良いでしょう。

痩せ体質を作る方法【おすすめの筋トレ3選】

痩せた異質にするには、全身の筋肉量を増やす必要があります。

というのも、筋肉は存在しているだけで基礎代謝を向上させてくれるので、全身筋肉量が多い人というのはそれだけ太りにくいし痩せやすいのです。

つまり、痩せ体質になるには効率よく全身を鍛えられるような筋トレがよいということになります。

スクワット

全身を鍛えるトレーニングの中でも最も効率が良いのはやっぱりスクワットです。

とにかく下半身も上半身も鍛えられるので、何を実行したら良いのかわからないという人はスクワットを取り入れましょう。

ただし、正しいスクワットを実行しないと体を痛めるので注意してください。

ポイントは、息を止めないこと・膝を曲げるときに内側に入れないこと・膝を突き出してつま先よりも前に出さないこと・猫背にしないこと、以上になりますのでこれらを守ってください。

ランジ

人間の筋肉の7割は足に詰まっていると言われており、太ももやふくらはぎが衰えている人はそれだけで基礎代謝が大幅に低下します。

特に、ふくらはぎの筋肉量が低下している人はリンパの流れも圧倒的に悪くなるので足のむくみも多発するでしょう。

血液は心臓がポンプの役目を果たしているので、多少通りにくくても流れてくれますが、リンパ液はポンプの役目を果たしているのが筋肉なので筋肉が衰えている人は詰まってしまうのです。

パイクロールアウト

いわゆるバランスボールやローラーを用いて行う体幹トレーニングの一種で、このトレーニングはかなり効果が高いものとなっています。

動画だけではちょっと説明が不足しているのでやり方を説明すると、バランスボールの上に足を載せて腕立て伏せの体勢になり、お腹と腰を使ってお尻を持ち上げてボールにそって体を下げるという動作になります。

痩せ体質を作る方法【食べ物について】


食べ物の中には痩せ体質にしてくれる食べ物が存在するとネット上ではちょっとした話題になっています。

具体的には痩せるために役立つ良い腸内細菌を活発化させるか増やすという方法です。

世間で言うところの善玉菌をどれだけ増やせるのかなのでなんとなく想像がついている人も多いでしょう。

具体的にはオリゴ糖と水溶性食物繊維が豊富な食べ物が効果的なので、たまねぎ・ごぼう・きな粉・エンドウ豆・あずき・そらまめ・にんにく・さつまいも・ごま・納豆・なめこ・おくら・モロヘイヤがいいでしょう。

他にも発酵食品が良い腸内細菌を増やしてくれるので、納豆やキムチや漬け物を食べることも効果的です。

痩せ体質を作るサプリってあるの?


食べ物によって痩せ菌の効果を上昇させるサプリメントは確かに存在しているので、サプリ自体は存在していると言えます。

サプリメントにはオリゴ糖や食物繊維や脂肪の取り込みを抑制する短鎖脂肪酸が含まれている物もあるのでそれらを使えば多少はダイエットの役に立つと言えるでしょう。

ただし、脂肪を燃焼できる環境や筋肉をつけるトレーニングなどをしないと痩せやすい体質に大きく変わることはないので、サプリメントでは限界があるとお考えください。

痩せ体質を作る方法はコレ!ストレッチや筋トレ・食べ物!のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は痩せ体質を作るための方法について記載しました。

痩せ体質を作るためには健康的な生活をできるか切りすることが重要であり、とにかく消費カロリーや糖質摂取量を抑えつつ、栄養バランスの整った食事をして筋トレや有酸素運動を毎日こなすといった当たり前のことを実行し続ける必要があります。

この実行し続けるというのがなかなか難しく痩せ体質になりたくてもなれない人が多いのが現代なのです。